車一括査定より個人売買が愛車を高く売却できる理由とは?

 
愛車を所有している人であれば必ず訪れる車を手放す(乗り換える)タイミング。その時みなさんはどこで売り・どこで買っていますか?これまであまり明かされることが無かった中古車市場の裏側を読み解きます。

車を売るときも・買うときも勿体ないことをしています

現状当たり前にとっている行動って、どなたにもあると思います。
その行動、本当に最適な行動ですか?見つめ返してみると、意外と無駄をしていたなんてこともあるのではないでしょうか。その当たり前の行動は自動車の売買においても然りで、皆さん気づかない内に勿体ないをしてしまっているのです。

愛車を売る時の一般的な行動

車を乗り換える(売ろう)と思うと、多くの人が以下の行動をとると思います。

1.販売ディーラーに持っていき「下取り」してもらう

2.買取専門店ないしは中古車業者に「買取」してもらう

 
なぜこの手段を選びましたか?
その答えとして多いのは、「高く売れるから!」「この他に売る方法あるの?」などで、正に該当したという人もいるでしょう。しかし、この2択以外にも愛車を『高く売る方法は存在します』
今回はその方法と高く売れる理由を整理していきます。
これまで高く売りたいという理由で、一括買取査定などを利用したことがある人にとっては利用時の労力(営業電話の量)と買取金額どちらも最適で無かったと後悔してしまうことでしょう。

中古車市場のカラクリ

高く売れる方法を解説する前に、まずは中古車市場の一般的な市場構成をみていきましょう。

中古車市場の構成

中古車市場の一般的な構成

上記の図は、1台の中古車が買取~次に中古車販売されるまでの一連の流れを記した一例です。
内訳は以下の通り。

・中古車を売る時の価格は80万円

・中古車を買う時の価格は138万円

 
違和感を覚えませんか?
全く同じ自動車であるにも関わらず、売る時と買う時にはなんと58万円もの差があります。
そうなんです、本来の車両価値以外に多くの金額が発生してしまっているのが現在の中古車市場の実態なのです。では、この58万円もの差がなぜ生じているのか?それが気になるところだと思います。
早速説明をしていきましょう。

買取時と中古車販売時に価格差が大きい理由

上記の図にて、黒文字のものと赤文字ものの2種類があるかと思います。それぞれが何を表すかというと、黒文字は「元の価値と購入した金額」で、赤文字はその内訳となる「手数料と消費税」です。
まず中古車市場の問題となるのが、3回も取引がある点。そして、それに伴い都度「手数料・消費税」が積み重なってしまっていることです。それが、買取時と販売時に大きな差を生んでしまう正体なのです。

一般的な中古車の取引は3回

一般的な中古車の流れは大きく3つの取引を踏んでいることがほとんどです。

1.買取・下取り 【売却者(個人)→買取業者(法人)】

2.オートオークション(業者限定市場)【買取業者(法人)→販売業者(法人)】

3.中古車販売【販売業者(法人)→購入者(個人)】

 
1~3までどの工程にも(法人)が絡んでいます。

法人が複数介入することで手数料上積み

これが何を意味するかというと、業者(法人)は組織である場合がほとんどで、当然ながらその組織を維持していかなければなりません。そのため、当たり前ですが取引ごとに売上を生み出さなければならず手数料を計上します。その業者(法人)が3取引とも介しているのであれば単純に3業者分の利益が上積みされていくということになります。

法人が自動車を販売すれば消費税(8%)が発生

もう一つ法人を介す取引で大きなコストとして挙げられるのは、消費税です。この消費税については法律で定められてるものなのでどうすることもできませんが、現在であれば消費税8%が取引毎に必ずかかってきます。

その積み重ねが58万円もの大きな差額に膨らんでしまっているというのが現在の一般的な中古車市場なのです。
今回の例では金額差は58万円ですが、車種によってはこの金額差が100万円以上になってしまうということも多く存在します。

新しい売買の選択肢『個人売買』が拡大

 
ここまで説明すると、中古車買い取り・下取りの利用に対して「無駄だ」という声も聞こえてきそうですが、その通り。現在の中古車市場は決して健全とは言えず、売却者に取っても購入者に取っても最適ではなくメリットが少ない市場となってしまっています。そこで注目を集めているのが売却者(個人)と購入者(個人)が直接マッチングをする個人売買です。

個人売買の市場構成

中古車個人売買の市場構成

これまで説明をしてきた現状の中古車市場構成と比べると非常にシンプルになります。

・売買は「購入者と売却者」個人同士の1回のみ

・個人同士なので消費税8%は不要

・赤文字は陸送費・名義変更などの諸経費のみ。仲介サービスを使うなら手数料は1回

取引回数も減り手数料もグンと削減できるため買いと売りの金額差はなくすことが可能になり、よりモノの現在の市場価格より柔軟に金額を設定できるようになります。その結果、先ほど買取80万円・買取138万円だった金額が以下のようになります。

・中古車を売る時の価格は100万円(20万円UP)

・中古車を買う時の価格は110万円(28万円DOWN)

浮いたコストを「売却者と購入者双方に分け合う」ことができ、売却者は『中古車買取より高く売れる』購入者は『中古車販売店より安く買う』ことが実現しています。
 

より安心できる個人売買『CARNNYマーケット』

 
中古車個人売買CARNNYマーケット
これまで業者(法人)の手数料・消費税となっていた費用を、購入者・売却者双方に分け合うより健全な市場が「中古車個人売買」であるのは理解いただけたと思います。
しかし、実際個人売買のイメージはどうでしょうか?

・ちゃんとした自動車なのか分からないから不安

・お金のやり取りを個人でやるのは怖い

・手間がかかりそう

・詐欺に遭いそう

など
このような意見を持っている人が大勢いるのではないでしょうか。
そうなんです、金額面では健全になるのは分かっていても、どうしても個人売買と聞くとネガティブなイメージが先行してしまう。そのため、実際に行動を起こすという人が現状はごく僅かなのです。

そんな状況を少しでも改善したい立ち上がったのが、我々【CARNNYマーケット】です!

CARNNYマーケットの特徴

CARNNYマーケット
これまで個人売買というと、売却者(個人)と購入者(個人)がダイレクトにやり取りができる反面、本当に場所を提供するのみで保証も手間も全てを個人同士が請け負う掲示板サイトに近いものばかりが目立っていました。しかし、CARNNYマーケットでは前述でピックアップしたネガティブなイメージを一新したく、掲載~納車まで一貫してサポートを行いより安心できるサービス提供を特徴としています。

◆掲載車両の多くは車両状態検査を行った認定車両。中古車店と変わらない品質を実現。
◆認定車両は7日間無条件返品保証付きだから、安心。
◆購入者と顔を合わさずに売却も可能。匿名でOK!
◆名義変更手続きは全て代行!必要書類を用意するだけなので、簡単!
◆受け渡しの手間も一切なし!車両は指定場所(自宅)まで取りに伺います。
◆金銭のやり取りは全て仲介。個人情報を渡す必要はありません。(未入金の心配は一切なし!購入者の入金確認後車両輸送)
◆お客様ごとに専属サポート担当を用意。はじめての個人売買も完全サポート。

今なら登録キャンペーン中

 
今なら、オープンキャンペーンとして、車両登録・状態検査を実施していただいたユーザー先着300名にAmazonギフト券3000円分をプレゼントしています。この機会に是非個人売買を始めてみてはいかがでしょうか?

キャンペーンページURL

車両プロ査定で3000円

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする