EV利用範囲の拡大を目指す実証事業が、米国カリフォルニア州で本格的に始動

 
NEDO・日産自動車・兼松は、EV利用範囲の拡大を目指す実証事業を、米国カリフォルニア州で本格的に始動。大規模な急速充電ステーションネットワークを設置し、EV向けスマホアプリ「DRIVEtheARC」と日産の「NissanConnect」を連携させた実証事業です。

EV利用範囲の拡大を目指す実証事業が、米国カリフォルニア州で本格的に始動

NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)・日産自動車・兼松は、EV利用範囲の拡大を目指す実証事業を、米国カリフォルニア州で本格的に始動させました。米国カリフォルニア州内の海沿いのモントレーから山間部のレイクタホまでの区間25カ所に、大規模な急速充電ステーションネットワークを55基設置。それらの充電ステーションの情報やEVの航続距離から最適なナビゲートをしてくれる、EVドライバー向けのスマホアプリサービス「DRIVEtheARC」と日産の自動車情報サービス「NissanConnect」のデータを連携させて、従来の機能をバージョンアップさせました。
EV利用

画像引用:日産

米国は、早くからEVに関する様々な取り組みを実施しており、特にカリフォルニア州は、2025年までに150万台のZEV(Zero Emission Vehicle)普及を掲げています。同州は自動車販売メーカーに対して、EVやプラグインハイブリッド車などの一定比率の販売を義務付け(ZEV規制)たり、EV購入者に優先レーンの通行許可与えるなどの優遇措置を設けたりの施策を行い、米国で自家用EVの販売台数が最も多い州となりました。しかし、EVは充電インフラが整備された都市内での近距離移動の使用に収まっていると言われています。そこで、EVの普及と利用拡大のために、この実証事業が始動しました。

実証事業の展望

これから約2年間の実証期間を通じて、利用者の充電行動や急速充電ステーションの適切な設置箇所など、EVに関する様々な行動パターンデータを集積・分析し、EV利用距離延伸の可能性なども評価分析します。日産自動車は、急速充電器の設置・運用やEVの行動変化分析を行い、兼松は、サービスの提供やEVのリアルタイムデータやビッグデータビジネスの検討を進めていきます。それにより、今後EVドライバー向けスマホアプリサービス「DRIVEtheARC」において、データ集積・分析による充電ステーションの混雑予想情報、EVドライバー運転行動統計情報、全体最適案内などの機能バージョンアップを予定。

画像引用:日産

日産は、NissanConnectグローバルデータセンター(GDC)に集積された、世界各国のEV走行データを基に、EVユーザーの更なる利便性の向上を目指して、様々な運転・充電行動を検証しています。兼松は、M2M(Machine to Machine)・IoT分野や車載デバイス分野において、先進的な企業との協業により自動車のM2M・IoTビジネス開発を推進しています。2社は協力してEVのさらなる普及拡大を目指し、より高機能なコネクテッド・カーシステムやサービスなどの提案をし、EVドライバー向け情報サービスや企業向けデータビジネスなど新たなビジネスモデルの構築や事業化を検討しています。

買取より高く売りたいなら個人売買

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする