【日産】NISMOヘリテージ活動を開始、製造廃止部品を再供給へ

 
日産・NISMO・オーテックの3社は、過去に販売したパフォーマンスカーを乗り続けられるように「NISMOヘリテージパーツ」として製造廃止部品の再供給をする事を明らかにしました。第一弾は「スカイラインGT-R(R32)」で、今後拡大していく予定です。

NISMOから「ヘリテージパーツ」を発売

2017年11月24日

日産とNISMO及びオーテックの3社とサプライヤーが共同で、製造廃止となっていた部品を2017年12月1日より再供給することが明らかになりました。

この活動は、日産の車を少しでも長く乗り続けられるようにサポートをしていく活動です。第一弾として「スカイラインGT-R」“R32型”からパーツの再供給を行い「NISMOヘリテージパーツ」として発売します。

まずは、走行や車検に必要不可欠な部品からの再供給が行われ、ハーネス、ホース、チューブ、エンブレム、外装部品など、約80のパーツを販売していきます。また、当時と同じ状態の生産が出来ないパーツもあるため、そのパーツに関しては、代替、リプレイス、リビルトやオーバーホール、NISMOチューニングパーツでの対応を検討しているとの事です。発売パーツも順次拡大していき“R33型”や“R34型”「GT-R」も展開していく予定です。

日産 R32 01

画像出典:newsroom.nissan-global
記事出典:newsroom.nissan-global

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする