【東京モーターショー2017】次世代の”ワーゲンバス”も登場!VWの出展車両をご紹介

 
10月25日に開幕した東京・モーターショー2017。フォルクスワーゲンは、次世代の"ワーゲンバス"とも呼ばれる「I.D. BUZZ コンセプト」の他、9台のモデルを出展!ゴルフシリーズが人気のフォルクスワーゲン出展車両を見ていきましょう。

「I.D. BUZZ コンセプト」

次世代の”ワーゲンバス”とも呼ばれる「I.D. BUZZ コンセプト」は、自動運転機能搭載のEVモデル。前後にモーターを搭載しており、最大出力374ps、0~100km/h加速5秒、最高速度160km/h(リミッター作動)と独特の大きなボディを持ち合わせながら走行性にも優れた内容となっています。また、バッテリー容量は111kWhとなり、航続可能距離430kmを実現。自動運転”レベル3″も導入されるとのことですが、市販モデルとしてデビューすることになれば大きな話題を呼ぶことは間違いなさそうです。

フォルクスワーゲン I.D. BUZZ 東京・モーターショー2017

「アルテオン」

フォルクスワーゲン”CC”の後継モデルとなる新型「アルテオン」。立体的かつダイナミックなボディスタイルが印象的な一台は、インテリアにブラックカラー仕立てのR-Lineデザインを取り入れています。また、ナパレザーのシートトリムやアルミ製デコラティブパネル、ピアノブラックカラーのセンターパネルなどを採用し、上品さが溢れる室内が広がります。その他、最先端のインフォテイメントシステムや部分自動運転機能を搭載し、利便性と安全性にも配慮。販売価格は549万円(税込)〜となっています。

フォルクスワーゲン アルテオン 東京・モーターショー2017

「ポロ」

新たなプラットフォーム「MQB」を採用した新型「ポロ」も登場しています。ヘッドライトには、デイタイムランニングライトを導入し、従来よりもシャープな顔つきへと変化。世界販売台数累計1400万台以上という大ヒットモデルですが、この新型「ポロ」も日本で人気を博すことでしょう。

ポロ

画像出典:flickr

「e-ゴルフ」

「ゴルフGTE」、「パサートGTE」、「パサートGTE ヴァリアント」に次ぐEVモデルとして日本に初めて導入される「e-ゴルフ」。駆動用バッテリーは35.8kWhとなり、一回の充電で航続距離301kmを実現しています。また、200Vの普通充電(3kW/6kW)と急速充電規格”CHAdeMO”にも対応。最大出力は136psと申し分のない走りを実現しています。購入する際は、インターネット専用サイトでの申し込みが必要です(12月25日まで)。

eゴルフ

画像出典:flickr

「パサート 2.0T TDI」

2018年に国内販売を開始するターボディーゼル仕様の「パサート 2.0T TDI」。ディーゼル車は、CO2排出量の少なさや力強い走りが日本でも評価を得ていますが、フォルクスワーゲンも日本市場の需要拡大を見据えてようやくディーゼル車を投入した形です。

パサート

画像出典:flickr

「up!GTI」

スポーティーなコンパクトハッチ「up!GTI」は、標準モデルにはない赤のラインがフロントマスクに施されています。また、インテリアでも”GTI”を象徴するチェック柄を随所に導入。販売時期は2018年初頭とのことです。

up!GTI

画像出典:standard

「ゴルフ GTE」

PHEV仕様の「ゴルフGTE」は、1.4リッター直噴ターボエンジンに電気モーターを組み合わせたPHEVシステムを搭載。走行モードは”ハイブリッド”を含む5種類が設定され、EV走行時は1回の満充電時で航続距離45kmを可能とします。オンライン充電ステーションの検索や、空調のリモート機能などを取り入れた「e-Remote」も利用できる点も魅力の一つです。

ゴルフ GTE

画像出典:flickr

「ゴルフR パフォーマンス」

力強い走りを実現する「ゴルフR パフォーマンス」は、”ドライビングプロファイル機能”と連動する専用のチタンエキゾーストシステムを採用したことで、ベースモデルにない独特のエキゾーストサウンドを楽しむことが可能。エクステリアでは、カーボン製のドアミラーや19インチアルミホイールを装着。インテリアでもカーボン仕立てのナパレザーシートを採用し、よりスポーティーな室内空間が演出されています。

ゴルフR 東京・モーターショー

画像出典:volkswagen

「パサートGTE アドヴァンス」

PHEV「パサートGTE」のアップグレード仕様となる「アドヴァンス」も展示しています。この「パサートGTE アドバンス」は、フルデジタルメーターを装備したアクティブインフォディスプレイや、ヘッドアップディスプレイ、ナパレザー仕上げのパワーシートなどを採用。ベースモデルよりも室内空間を充実させたい方にはオススメのモデルです。

パサートGTE  東京・モーターショー

画像出典:volkswagen

フォルクスワーゲン展示ブースの様子

充電スペースもある

展示ブースには、スマホやPCを充電するスペースも設置しています。

フォルクスワーゲン 充電スペース 東京・モーターショー

実在しないコンセプトモデルがVRで!

体験コーナーでは、VRでしか観ることのできないコンセプトモデル「I.D. CROZZ」の内外装を独り占めできます。休憩がてら”VRの世界”を楽しんでみるのもいいかもしれません。

https://twitter.com/K16Kozue/status/923351865210716160

東京・モーターショーの見どころまとめ

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする