【東京モーターショー2017】新型「308 Allure」日本初公開!プジョーの出展車両まとめ

東京モーターショー2017 プジョーの出展車両まとめ

プジョーは東京モーターショー2017で、新型「308 Allure」を日本プレミア! 9月末に販売開始した「5008」や上級グレード「Allure」など、プジョーのSUVラインナップも勢揃いし、見どころ満載の出展となっています。そんなプジョーの出展車両をご紹介します!
peugeot

画像引用:Peugeot

新型「308 Allure BlueHDi」

精悍な顔つきで、ダイナミックにスポーティに生まれ変わった新型「308 Allure BlueHDi」。先進のセーフティ・システムやドライビングアシスト機能なども充実しており、外観だけでなくドライビングパフォーマンスもアグレッシブになりました。最大出力270psの1.6Lスインスクロールターボデザインを搭載した、ハイパフォーマンスなハッチバックモデル「308 Allure BlueHDi」の日本初お披露目をぜひ見届けましょう!
308

画像引用:Peugeot

「208 Allure」

アグレッシブなフロントフェイスに、風が流れるようなエクステリアのデザインで、無駄の削がれたアスリートのようなスポーティさを感じさせる1台です。コンパクト化されたボディは、今にも走り出して新しい世界を見せてくれそうです。テールライトはライオンの爪痕を意識した新デザインで、個性的で鮮烈な輝きが感じられ、 「208」の上級グレードとしてプジョーのスポーツコンパクトを先導しているようです。
208

画像引用:Peugeot

「2008 CROSSCITY」

コンパクトSUVとして展開している「2008」の特別仕様車、「2008 クロスシティ」は機能と装備に改良が加えられ、オンロードもオフロードもどちらも難なく走行できる1台となりました。1.2L3気筒ターボエンジンを搭載し、精悍に道なき道へ進む勇気を与えてくれそうな走りを見せてくれるでしょう。まさに「特別な1台」の名が相応しいモデルです。
2008

画像引用:Peugeot

「3008 GT Line」

エンブレムにもなっているライオンを意識したようなモデルです。「i-Cocpit」を搭載しており、高級感のあるSUVですが、リアライトはライオンの爪痕をイメージしているなど遊び心も感じられます。1.6Lターボエンジンを搭載し、見た目同様のがつがつとした走りを見せてくれそうな1台に注目です。

画像引用:Peugeot

「5008 GT BlueHDi」

今年の9月25日に発売されたばかりの新型SUV「5008」も、東京モーターショーに登場しています。車内には3列シート7人乗りと、ゆとりある室内空間が広がっています。路面状況に合わせて最適な走りを実現する「アドバンストグリップコントロール」が採用され、安全性能も最新技術を標準装備しています。2.0L直4ディーゼルターボエンジンの「5008 GT BlueHDi」は、優れた走破性で力強い走りを見せてくれることでしょう。
5008

画像引用:Peugeot

特別試乗会も開催!

10月28(土),29(日)、11月3(祝金),4(土),5(日)の5日間限定で、東京モーターショーの会場近くのTFT特設会場で特別試乗会も開催しています。試乗方法は専用試乗予約フォームにて事前予約が必要となります。以下の車種が特別試乗できる車種です。
・308 GT
・308 SW GT
・3008 Allure LED Package
・3008 GT
・5008 Allure
・5008 GT

来場プレゼント

プジョーは、ブースにてTポイントカードを持ってきた全ての方に、Tポイント5ポイント分をプレゼントしています。また、プジョーオーナーの方は、ブースにて車のキーを見せるとプジョーオリジナルグッズのプレゼントを受け取ることができます。

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする