メルセデス・ベンツ 新型「Bクラス」生産継続か?次期モデルの姿をキャッチ!

 
2006年1月から日本で発売されているメルセデス・ベンツ「Bクラス」。生産終了と言われていましたが、なんと次期型「Bクラス」のプロトタイプの姿をカメラがキャッチ!3代目「Bクラス」はどのような進化を遂げるのでしょうか。最新情報をお届けします。

ニュース

メルセデス・ベンツ 新型「Bクラス」生産継続か?次期モデルの姿をキャッチ!

2017年10月18日

現行モデルを最後に生産終了すると言われていたメルセデス・ベンツ「Bクラス」ですが、今回は次期モデルと思われるプロトタイプの姿が目撃されました。

ベンツ Bクラス 01

画像出典:paultan

継続して販売する形となった次期「Bクラス」の様子を伺うと、スポーティーな流線形ヘッドライトを確認することが可能。また、Aピラーは寝かせた状態となっている他、テールライトには新たなデザインが施されています。丸みを持たせたルーフエンドにより、従来よりもシャープなボディスタイルとなった次期「Bクラス」ですが、プラットフォームには「MFA」が採用され、若干のボディ拡大と軽量化が図られると予想されています。パワートレインは、1.6リッター直列4気筒エンジン、新開発の2.0リッターターボディーゼルエンジンに加え、遅れる形でプラグインハイブリッドとEVがラインナップされる模様。ワールドプレミアは、早ければ2018年秋から2019年始め頃と言われていますが、その乗り心地はどんなものか気になるところです。

記事出典:paultan

概要

コンパクトカーを少し大きく

2006年1月に発売されたベンツ「Bクラス」は、ミニバンとコンパクトカーの中間的なサイズを持つ小型車であり、良く言えばベンツ「Aクラス」よりサイズが大きく利便性が向上されているが、悪く言えば、あともう少しで3列目も搭載できるベンツ「Rクラス」より劣ったモデルでもあった。サイズ上は欧州Cセグメントに属しており、ベンツ「Aクラス」と同じプラットフォームを共有する姉妹車でもあります。ホイールベースはベンツ「Aクラス」よりも拡大され、前輪駆動になっています。

ベンツ Bクラス 01

画像出典:mercedes-benz

スペック

メルセデス・ベンツ「Bクラス」のスペックとライバル車種比較

メルセデス・ベンツ「Bクラス」

エンジン DOHC 直列4気筒ターボチャージャー付
総排気量 1,595cc
最高出力 90kW/122ps/5,000rpm
最大トルク 200Nm/20.4kgm/1,250~4,000rpm
ボディサイズ(全長×全幅×全高) 4400mm×1785mm×1545mm
車両重量 1,480kg

ライバル車:「2シリーズ アクティブツアラー/グランツアラー」※218i

エンジン 直列3気筒DOHCガソリン
総排気量 1,498cc
最高出力 100kW/136ps/4,400rpm
最大トルク 220Nm/22.4kgfm/1,250-4,300rpm
ボディサイズ(全長×全幅×全高) 4350mm×1800mm×1550㎜
車両重量 1,460kg
出典:bmw

インテリア

大きなくつろぎに包まれる、ゆとりの空間

後席にはバックレストを2:1の比率で前方に倒せる分割可シートを採用し、ラゲッジルームは通常時の488リッターから2人乗車時には1,547リッター(VDA方式)まで変化する大容量を誇り、たくさんの荷物を積むことが可能です。大きく開くテールゲートやホイールハウスの張り出しの少ないフラットなラゲッジスペースなので、乗員数や荷物の形・大きさなどに合わせて幅広く使い分けられ、積み下ろしが楽にできます。

ベンツ Bクラス 02

画像出典:mercedes-benz
記事出典:mercedes-benz

エクステリア

美しく駆け抜けるデザイン

街中にいても、その存在感が常に目を引きます。流れるような流線型のボディは、日本車のコンパクトカーより少し大きく、走りもベンツだけあり、とても力強い走りを見せてくれます。

ベンツ Bクラス 03

画像出典:best-choice-b

販売価格

ベンツ「Bクラス」の価格とライバル車比較

ベンツ「Bクラス」

B 180 3,600,000円(消費税込)

ライバル車:「2シリーズ アクティブツアラー/グランツアラー」※218i

アクティブツアラー 3,630,000円(消費税込)
グランツアラー 3,930,000円(消費税込)
出典:bmw

販売時期

現在、全国のディーラー等で販売展開しています。

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする