ヴィーズマン復活!BMW製V8エンジン搭載の新型モデル開発を発表!

 
ドイツのスポーツカーメーカーである「ヴィーズマン」が、BMW製V8エンジンを搭載した新型モデルを、2018年内に投入することを発表しました。加えて、BMWと技術契約を結んだことも明かしました。実に4年振りの市場復活となります。

ヴィーズマン復活!BMW製V8エンジン搭載の新型モデル開発を発表!

2017年10月16日

ヴィーズマン

画像出典:autocar

ドイツのスポーツカーメーカーである「ヴィーズマン」が、BMW製V8エンジンを搭載した新型モデルを、2018年内に投入することを発表しました。加えて、BMWと技術契約を結んだことも明かしました。

「ヴィーズマン」は1988年に創業し、ハンドメイドのスポーツカーメーカーとして人気を集めたものの、経営悪化により2013年に経営破綻しました。今回の復活は、実に4年振りになります。「ヴィーズマン」は1993年からBMWとパートナーシップ契約を結んでいたこともあり、今回の新型モデル開発にあたってBMWも非常に協力的な姿勢であるとのことです。

今年初めにCEOに就任したマリオ・スピツナー氏は、新型モデル開発について「0から作っていくため、あらゆる面において予想を超えるモデルとなるだろう」と語っているとのことです。

関連記事

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする