煽り運転(あおり運転)の対策・対処法とは?ヘリコプターを利用した取り締まりが開始

 
全国各地で発生する煽り(あおり)運転。危険極まりない行為で、煽り運転による死亡事故なども多々発生しています。いつどこで被害に遭うか分からないぶん、こちらである程度の対策をとっておく必要があります。今回は煽り運転の正しい対策・対処法について解説します。遂に上空からお煽り(あおり)運転を監視するヘリコプターも導入へ!

煽り運転は全国各地で発生

煽り運転

画像出典:flickr

煽り運転は全国各地で発生しています。煽り運転は危険極まりない行為で、煽り運転による死亡事件も起きています。2017年6月に東名高速で起きた痛ましい事件を覚えている方も多いのではないでしょうか。この事件で逮捕された容疑者は、PAの駐車エリア外に車を停車していたことを注意され、怒りの感情そのままに危険運転を行なったとのこと。あまりにも軽率かつ異常な行動ですが、私たちも他人事ではありません。

車を運転している方であれば、煽り運転による事故や事件に巻き込まれる可能性はゼロではありません。今回は煽り運転に関する情報についてまとめていきます。

煽り運転ってどんな行為?

煽り運転

画像出典:flickr

煽り運転(あおり運転)は、いわゆる後方からの嫌がらせ行為です。衝突するギリギリまで車間距離を詰めて走行し、ハイビームやパッシング、クラクションを鳴らす等といった威嚇行為を繰り返します。極めて危険性の高い運転で、もちろん交通違反に当たります。

煽り運転の罰則

道路交通法第26条では、急停止した場合でも追突しないよう”必要な車間距離”を保つことが義務付けられています。”必要な車間距離”とは空走距離と制動距離を合わせた停止距離で、時速30kmの場合は14m程度(時速60kmは44m、時速100kmは112m)です。たとえブレーキ性能に優れた車であっても、車間距離は十分取るよう心がけておきましょう。道路交通法第26条に違反した場合は、以下のような罰則が科せられます。

高速道路上での交通違反 ①3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金
②反則金9000円※普通車
③違反点数2点
一般道での交通違反 ①5万円以下の罰金
②反則金6000円※普通車
③違反点数1点

これに加え、煽り運転によって相手を死傷させた場合は”危険運転致死傷罪”が適用されます。

負傷事故の場合 最長15年以下の懲役
死亡事故の場合 最長20年以下の懲役
違反点数 45~62点(免許取り消し)

煽り運転の参考動画

出典:youtube
出典:youtube

煽り運転の対策・対処法

煽り運転

画像出典PhotoAC

煽り運転をする危険ドライバーの心理状態としては、「制限速度以下で走る車にもっと速く走るように促す」「目的地に早く着きたい」「とにかく自分のペースで走らないと気が済まない」などがあるようです。中には割り込まれたことにイライラし、煽り運転をするケースもあるようです。

こうした煽り運転に遭遇してしまった場合は、相手にせずに道を譲って気にしないことが1番の対処法です。それでも煽り運転をやめないしつこいケースもあるかと思いますが、そのような時は以下のような対策・対処法を取ると良いかもしれません。

ドライブレコーダーやスマホなどで動画を撮る

煽り運転

画像出典:amazon

万が一を想定し、ドライブレコーダーやスマホなどで煽り運転の状況を記録すると良いでしょう。記録しておくことで、後々重要な物的証拠となります。さらにリア部分に「ドライブレコーダーで撮影中」「法定速度で運転中」等のステッカーを貼っておくと効果的です。実際ドライブレコーダーで撮影していなくても、ステッカーがあるだけで危険ドライバーの意識改革に繋がります。

危険ドライバーは高級車に弱い?

煽り運転をするドライバーの大半は、相手の車種を見て判断することが多いようです。高級車や大型車は”危険”という頭が働き、例えイライラしても煽るような行為はしないと言われています。そのため未然に防ぐ方法として、思い切って高級車を購入しても良いかもしれません。また、黒塗りの車なども効果があるようです。車選びの際には、煽り運転対策についても考えてみてはいかがでしょうか。

急ブレーキはダメ!

煽り運転に対して「急ブレーキを踏めば良いのでは?」と思う方もいるかもしれません。しかしこれは道路交通法第26条の違反行為に当たり、過失が生じてしまいます。また危険性も非常に高いため、絶対に行わないようにしましょう。煽り運転をされた時は冷静さを保ち、なるべく相手にしないことが1番です。

もし隣の車線に移ることが可能であれば、さっさと移動して追い抜いていくのを待ちましょう。また安全に停車できる場所があれば、ハザードを点けて先に行ってもらって車間距離を空けても良いかもしれません。決してアクセル全開で戦闘態勢はとらず、どんな状況であれ安全運転を心がけるようにしましょう。

煽り運転に遭遇したら通報!

煽り運転に遭遇した際の対処法として、相手にしないでドアロックをし、警察に通報するという手段も有効です。同じような被害に遭う方を今後増やさないためにも、危険だと感じた場合にはすかさず通報しても良いでしょう。

死亡事故にも繋がりかねない煽り運転などの危険運転が社会問題化したことで、現在は交通違反点数の蓄積がなくても、煽り運転をした時点で180日間の免許停止の行政処分を課すことができるようになりました。ドライブレコーダーなどの記録もあれば一発免停になることもあります。

煽り運転に関する最新情報

煽り運転に暴行罪が適用

警察

画像出典:japantimes

2018年1月には、煽り運転に「危険運転致死傷罪(妨害目的運転)」や「暴行罪」が適用されるよう体制が変更されました。体制変更まもなくして、2月には煽り運転をしたドライバーが暴行容疑で逮捕されました。今後もさらに取り締まりは強化されていくことでしょう。

煽り運転を抑止出来るか?!ヘリコプターでの取り締まり始まる

煽り(あおり)運転の取り締まりを強化するため、静岡県警が上空から監視可能なヘリコプターを新たに導入しました。

これは新東名高速(新静岡IC―森掛川IC)で行われている新たな取り締まり方法。具体的には、上空から車両の車間距離を確認し、地上(パーキングエリアなど)で待機するパトカーと無線で連絡を取り合い、煽り運転の疑いがある車両に指導や検挙を行うというものです。

危険運転を抑止するために導入されたヘリでの取り締まりですが、速度超過などの検挙にも役立っているとのこと。また、常に行われているわけでは無く、GWなどの行楽シーズンで実施されることが多くなるようです。ちなみに、ヘリの利用料は1分1万円とも言われており、低予算で収まるAIやドローンではダメなのか?という声もネット上で上がっています。

画像出典:youtube

刺青デザインのアームカバーで威嚇?ネットで話題

日焼け防止アイテムとして販売されているアームカバーには刺青のデザインが施されたものも存在するようです。ネットではこれが煽り運転対策の一つとして話題ですが、果たして効果は…。

煽り運転についてのクチコミ情報

煽り運転には冷静な対応を

煽り運転

画像出典:flickr

煽り運転による被害を最小限に抑えるためにも、ドライブレコーダーをつけたりドアロックをしたりなどの対策をしておきましょう。そしてもし煽り運転に遭遇した際には、冷静にドライブレコーダーを起動させて相手にしないことが1番です。ドライブレコーダーがついていることに気付いた時点で止めるケースもあるようですが、「煽り運転を見つけたらすぐに通報する」くらいの気持ちで臨んでも良いかもしれません。

関連記事

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする