マイナスドライバー所持は取り締まり対象?意外と知らない車に積んではいけないもの

 
車に積んではいけないものをピックアップ!普段何気なく使用しているマイナスドライバーなどの工具。実は、車に積んでおくと逮捕される可能性があることをご存知でしょうか?今回は、車に積んでおいてはいけない工具をご紹介します。

知って損はない!車に積んではいけないもの

工具 車に積んではいけない

画像出典:flickr

車を所有していれば、緊急時のトラブルに備えて防災グッズや便利グッズを積んでいる方も多くいるかと思います。中でも、何かと便利な工具を備えておけばどんなシーンでも活躍しますよね。ですが、実はこの工具を車に積んでおくと場合によって取り締まりの対象となってしまうことがあります。今回は、車に積んではいけないアイテムをいくつかご紹介します。

マイナスドライバーを車に積むと違反?

工具 車に積んではいけない

画像出典:flickr

部品を修理するためにマイナスドライバーを使用し、何も気にせず車に積んでいるという方もいるかもしれません。ですが、マイナスドライバーを所持していた場合、正当な理由がないと「指定侵入工具」扱いとなります。実は、軽犯罪法違反及び特殊開錠用具所持の禁止(ピッキング防止法)を違反することになり、逮捕される可能性があるとされています。ここで言う「指定侵入工具」とは、建物の侵入や車の盗難を行う際にドアや窓を壊すために用いる可能性が高いものを指しており、長さ15cm以上、先端幅0.5cm以上ある場合が対象となっています。つまり、この指定のサイズとなるマイナスドライバーを車に積んでおくと、職務質問などで大きな疑いを持たれる可能性が高くなってしまうのです。

正当な理由があれば問題なし

とはいえ、マイナスドライバーは犯罪に使用するために作られた工具ではありません。「指定侵入工具」に扱われるケースは、業務や正当な理由がなくマイナスドライバー単体で”隠し持っていた”時のみです。そのため、以下の場合は正当な理由と判断されています。

正当な理由の例

正当な理由と判断されるケース ・大工作業があるため工具箱に入れて持ち歩く時
・車の修理のために工具箱に入れて運転する時
・引っ越しに必要な時

また、ホームセンターなどの工具店で購入した直後はどうなるのか気になるところですが、こちらも所持する正当な理由として判断されます。ただ、これは現場の状況によるため、工具箱に入れずに単体で車の中に置いてしまうと大きなトラブルに繋がってしまうかもしれないので注意が必要です。ちなみに、プラスドライバーは対象となっていません。

その他に車に積んでおいてはいけないもの

大型のバール

工具 車に積んではいけない

画像出典:wikipedia

マイナスドライバー以外には、大型のバールもピッキング防止法(特殊開錠用具所持の禁止等に関する法律)により違反する可能性があります。特にバールは、犯罪に使われることが多いため、正当な理由があっても疑われてしまうかもしれません。

カッターナイフやハサミなど鋭利なもの

工具 車に積んではいけない

画像出典:flickr

銃刀法(第22条)により、刃体の長さ6cm以上の刃物を携帯することは禁止されています。ご存知の方も多くいるかもしれませんが、カッターナイフ、十徳ナイフ(アーミーナイフ)、ハサミといったものは取り締まりの対象となります。また、6cm以下であっても”軽犯罪法 第1条”に違反(2年以下の懲役または30万円以下の罰金)となり、逮捕されるケースもあるようです。特に身近な存在であるハサミは、カバンの中に閉まっている方もいるかもしれませんが、これも対象となってしまうので注意しましょう。なお、木刀やエアガンも車に積むと軽犯罪法違反となります。

懐中電灯

工具 車に積んではいけない

画像出典:flickr

懐中電灯(ペンライト含む)は、アウトドアなどで暗闇を照らす便利なグッズの一つですが、ごく稀に”建物に侵入するための器具”として扱われ、所持しているだけで逮捕されるケースがあります。車に積んではいけない訳ではありませんが、状況次第では注意が必要となります。

ニッパーなど車に関連する工具

工具 車に積んではいけない

画像出典:flickr

その他にニッパーや油圧ジャッキのハンドル、十字レンチ、ホイールレンチ、レスキューハンマーといった車のトラブルには欠かせないアイテムも取り締まりの対象となってしまうようです。

クチコミ情報

「特殊開錠用具」に扱われる線引きは難しい

工具 車に積んではいけない

画像出典:flickr

こういった工具は、基本的に工具箱に閉まっておけば問題ないかもしれませんが、車に積んでおくことで厄介なことになってしまいます。「特殊開錠用具」に扱われるケースとしては、”隠して所持”した場合に適用されるそうですが、実際にどんな線引きをしているのか曖昧なところです。法律違反とは知らなかった…では済まされない場合もあるので、車に積む際は気をつけておきましょう。

関連記事

Amazonギフト券3000円プレゼント

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする
売買成立30000円プレゼント