VIP御用達!世界で活躍する防弾性能が高い防弾仕様車・装甲仕様車 8選

 
世界で活躍する防弾仕様車・装甲仕様車を厳選してご紹介!世間的に馴染みのない防弾性能が高い防弾仕様車・装甲仕様車ですが、世界各国のVIPの中では身を守るために重要な役割を担っています。今回は、そんな特別な車たちをピックアップしました。

あらゆる攻撃を防ぐ世界の防弾仕様車・装甲車

防弾車

画像出典:flickr

相次ぐテロ事件を筆頭に、いつどこで何が起きるかわからない緊迫したムードが続く世界情勢。そのため、世界各国の政府要人や国を動かす権力者たちは、車の移動中に命を狙わることを想定し、一般的な車両とは異なる防弾仕様車や装甲仕様車といった特殊な車を使用することがあります。つまり、マシンガンや手りゅう弾、毒ガスといった攻撃にも耐えうる車ですが、今回は強靭なボディを持つ防弾仕様車と装甲車両車を厳選してご紹介しましょう。

コンクエスト・ビクール「ナイト XV」

ナイト XV

画像出典:conquestvehicles

カナダのコンクエスト・ビクール社が製造した装甲仕様の「ナイト XV」。フォード「F550」をベースにしており、戦車のような重厚感を持つゴツゴツしたボディスタイルが特徴的です。具体的には全体を防弾鋼板で覆う他、防弾ガラスも採用。床下の装甲はオプションにより強化することが可能であり、インテリアでは本革シート、最高級素材となるウィルトンウール製のカーペットも導入しています。全長6m、車両重量は約6tからなる「ナイト XV」は、防御性能だけでなく攻撃の機能も搭載していることから、元ウクライナの大統領も所有しているそうです。販売価格は約4800万円となります。

参考動画

画像出典:youtube

ダーツ「プロンブロン」

プロンブロン

画像出典:flickr

ラトビアのダーツ社によって開発された装甲SUV「プロンブロン」は、世界一高いSUVとして有名なモデル。手りゅう弾や地雷といった攻撃にも耐えることが可能であり、なんと放射能も微動だにしないとか…。また、中国の富裕層向けに開発した特別仕様車「ブラック・ドラゴン」は、6億4000万円という破格の値段がつけられていますが、実際のところどれほどの耐久性があるのでしょうか。

参考動画

画像出典:youtube

メルセデス・ベンツ「G-Wagon LAPV 6.X」

Gワゴン

画像出典:uncrate

オーストラリアのマグナ・シュタイアー社と共同で開発されたコンセプトモデル「G-Wagon LAPV 6.X」。かつて、アメリカを中心とする軍事同盟「NATO」でも使用されていた「Gクラス」に装甲を施した一台となりますが、こちらも地雷や弾丸を防ぐことができるように強化されています。軍用車両としての役目を持つため、車内には電波妨害装置といった軍用の通信機器が装備されています。データの記録だけでなく、通信妨害も行えるそうですが、IT系の方にはオススメかもしれません。

参考動画

画像出典:youtube

インカス「ヒューロン APC」

APC

画像出典:flickr

カナダのインカス社が開発した装甲兵員輸送車「ヒューロン APC」。高い脅威レベルにおいて兵員を護送する目的で製造されており、最大出力305psを発揮する8.3Lディーゼルエンジンを搭載しています。防弾性能はもちろん、走破性にも優れているため、道という道がない悪路でも力強い走りを実現します。マシンガンも装備されている「ヒューロン APC」の販売価格は、約7000万円に設定されています。

参考動画

画像出典:youtube

ダーツ「コンバット T-98」

コンバット

画像出典:flickr

ダーツ社の「ブロンブロン」に次ぐ防弾性能を持つとされている装甲車「コンバット T-98」。7cmからなる分厚い防弾ガラスを採用しており、ロケットランチャーといった攻撃も難なく跳ね除けることが可能であるそうです。また、内装シートにはクジラの皮が採用されるなど、威圧感ある見た目だけでなく高級感あふれる室内も見所です。アラブ系のVIP達が初秋していることが多い「コンバット T-98」の販売価格は、1億5000万円に設定されています。

参考動画

画像出典:youtube

レズヴァニ・モータース「タンク」

レズヴァニ タンク

画像出典:flickr

どんな過酷な状況でも耐えることができるレズヴァニ・モータースの新型SUV「タンク」。ジープ「ラングラーJK」をベースにしており、防弾ガラスやランフラットタイヤといった軍用車両さながらのアイテムを装着。また、サーマルカメラやナイトビジョンシステムも導入しているので、暗闇でも難なく走行が可能。無骨なデザインでありながらどこか高級感のある見た目をしているので、オフロードだけでなく街乗りにも向いてるかもしれません。

参考動画

画像出典:youtube

アウディ「A8L セキュリティ」

A8

画像出典:flickr

アウディのロングホイールベース仕様「A8 L」をベースに製造された「アウディA8Lセキュリティ」。通常の高級車と変わらない見た目をしていますが、実は防弾防爆を目的とした一台であり、手りゅう弾といった攻撃にも耐える性能を持ち合わせています。また、細菌兵器から身を守る専用スイッチを室内に配置。その他、煙探知機や自動消火システムをオプションで装備することも可能であるため、まさに万能型の高級セダンといってもいいでしょう。

参考動画

画像出典:youtube

キャデラック・ワン「ビースト」

ビースト

画像出典:flickr

メリカ大統領ドナルド・トランプ氏が大統領専用車として使用している「ビースト」。ボディには、鋼鉄やアルミニウム、チタン、セラミックといった素材を採用しており、貫通弾や44フィートマグナム、ミサイルといった攻撃にも微動だにしない防弾性能を持ち合わせています。また、約20センチからなる分厚いドアを導入しているため、毒ガスなどの化学兵器も遮断することが可能。また、万が一のことを想定し、ショットガン、酸素タンク、大統領輸血用の血液などが積まれており、最高レベルの防弾仕様車と言ってもいいでしょう。また、オバマ前大統領も使用していた「ビースト」ですが、新型モデルを現在開発中。「ビースト2.0」という名でデビューするそうですが、どんな一台になるのか今から楽しみなところです。

参考動画

画像出典:youtube

まとめ

今回は、防弾仕様車や装甲車といった特殊なモデルをご紹介しましたが、この他にも防弾性能が高い車は多くあります。その多くは、危険な状況から身を守るために開発されていますが、優越感を味わえるVIP仕様の室内も魅力的です。防弾仕様車をレンタルする場合は、1日約40万円の料金が掛かるそうですが、一度でいいので乗車してみたいところですね。

買取より高く売りたいなら個人売買

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする