【マツダ】広島東洋カープ 37年ぶりのセ・リーグ連覇なるか!意外と知らないマツダとカープの関係性

 
37年ぶりのセ・リーグ連覇を狙うプロ野球・広島東洋カープ。優勝まで目前に迫った今回は、広島東洋カープとスタジアム命名権を持つマツダ自動車との深い関係性をご紹介!広島東洋カープに纏わる車事情を知りながら、優勝の瞬間を味わってみましょう!

37年ぶりのセ・リーグ連覇前!カープとマツダの関係を知ろう!

広島カープ 優勝 マツダ

画像出典:flickr

優勝マジックを「1」とし、37年ぶりのセ・リーグ連覇を目前にしているプロ野球チーム「広島東洋カープ」。本拠地である”マツダスタジアム”では試合の観戦チケットがプレミア化され、同球場で優勝の瞬間を観れないファンが殺到するなど、注目度が日に日に増している状況が続いています。そんな今回は、スタジアムの命名権を持つ”マツダ”と”カープ”の意外と知らない関係についてまとめてみました。

なぜ球団名に”マツダ”の社名がないの?

広島カープ 優勝 マツダ

画像出典:flickr

広島を本拠地とする日本が世界に誇る企業「マツダ自動車」。そんなマツダは昔から変わらぬ地元密着型の”市民球団”というイメージが強い”広島東洋カープ”のスタジアム命名権(スタジアム名:マツダ・ZoomZoomスタジアム)を持っています。また、球団のヘルメット(通称:赤ヘル)にも2013年からマツダを象徴するカラー「ソウルレッドプレミアムメタリック」が採用されるなど、両者の間には切っても切れない関係がたくさんあります。ですが、実は球団名に”マツダ”の社名がついていません。それはなぜなのか?その理由は、マツダの前身「東洋工業」に秘密が隠されています。

マツダと広島東洋カープの経営は別

現在、マツダは球団運営会社「株式会社広島東洋カープ」の株を全体の3分の1所有していますが、会社としては非連結子会社という形をとっています。つまり、マツダは球団に関する運営に直接関わっていないため、運営費などお金に関するやり取りは全て球団側で行なっています。なぜこのような形をとっているのかというと、マツダを創業した松田家が個人名義での株を3分の1以上保有していることがあるからです。また、1967(昭和42)年、マツダの前身「東洋工業」は松田恒次氏が社長になったことを皮切りに球団の筆頭株主となり、この時期から球団名を「広島東洋カープ」に変更。本来ならば、オーナー企業として経営を担うのが一般的ですが、「東洋工業」はオーナー企業としての位置付けをしていません。このことから、マツダの前身「東洋工業」の名を今でもあえて残してはいるものの、企業としては独立して運営しているということに繋がります。

「ソウルレッドプレミアムメタリック」カラーの赤ヘル事情

広島カープ 優勝 マツダ

画像出典:flickr

2013年から広島東洋カープの赤ヘルには、マツダ「アテンザ」に用いられている「ソウルレッドプレミアムメタリック」が採用されています。その理由は意外とシンプルなもので、球団のオーナーである松田オーナーが同モデルのカラーリングに興味を示したからとされています。これをきっかけに、ヘルメットに鮮やかな「ソウルレッドプレミアムメタリック」が施されることになりましたが、車とは全く異なる材質や形状を持つヘルメットの塗装には少し苦労したようです。具体的には、グラウンドの環境に適合するように色の配合、塗装の塗り方を一から見直して再開発。最終的には車とヘルメットでは形状が異なるため、「ソウルレッドプレミアムメタリック」よりもやや少し明るいカラーリングとなってしまいましたが、マツダのエンジニアたちによる技術とクオリティーの高さはお見事の一言です。

選手たちのマツダ所有率0説

広島カープ 優勝 マツダ

画像出典:flickr

ファンの皆様なら、カープ選手の愛車が気になるところですよね。「広島東洋カープ」の契約選手ならマツダの車を所有していると思っている方も多くいるかと思いますが、なんと0人という説があります。嘘か本当か不明なところですが、育成選手でさえマツダ車を所有していないという情報もあり、少し衝撃的です。ちなみに、多くの選手はメルセデス・ベンツを所有しており、中にはライバル社であるトヨタの車も愛車にしているとのことです。

優勝すれば屋根のない「アテンザ」や「RX-8」が見れるかも!

広島カープ 優勝 マツダ

画像出典:flickr

昨年、25年ぶり7度目となるリーグ優勝を果たした「広島東洋カープ」。広島市で優勝パレードを行った際は、マツダの代表モデル「アテンザ」や「RX-8」をオープンカー仕様(パレードカー)にして登場したことも話題となりました。オープンカー仕様モデルは現行モデルには存在しないため、非常にレアな一台ですが、今年も優勝することになればもう一度見ることができるかもしれませんね。なお、このオープンカー仕様(パレードカー)は、サッカーJリーグのサンフレッチェ広島が過去に優勝した際にも採用されていました。

クチコミ情報

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする