メーカーを変更して車を買い替える時の注意点とは?メリット・デメリットもご紹介

 
車を違うメーカーに買い替えることのメリット・デメリットをご紹介!違うメーカーに買い替える際の注意点などあるのでしょうか?生活環境や好みの変化で、車を違うメーカーに買い替えたいタイミングがあると思いますが、そんな時に参考にしてみるといいでしょう。

メーカーを変更して車を買い替えたい!

車買い替え

車をずっと同じメーカーで買い替えている方も少なくないかと思います。同じメーカーで買い替えていると、担当ディーラーとの付き合いも長くなり、親身に対応してもらえたり安心感がありますよね。同じメーカーで気に入った車があれば良いのですが、例えば「家族が増えて、同じメーカーではピッタリの車が見つからない」など、時間が経てば環境にも変化があるでしょう。単純な好みの変化だけでなく、違うメーカーへの買い替えを検討せざるを得ないタイミングがあるかもしれません。
そんな時に気になるのは、車を違うメーカーに買い替えるメリット・デメリットではないでしょうか。今回は、車を違うメーカーに買い替える際のメリット・デメリットに加えて、注意点などもご説明していきます。車を買い替える際の参考にしてみてくださいね。

メーカーを変更して車を買い替えるメリット

車 買い替え

画像出典:gahag

メーカーを変更して車を買い替えるメリットは、車種の選択肢が広がるということが挙げられます。同じメーカーで買い替える場合、どうしても車種の選択肢が限られてしまうため、違うメーカーへの買い替えを視野に入れることで、より自分に適した車に巡り合える可能性があります。

メーカーを変更して車を買い替えるデメリット

メーカーを変更して車を買い替える際には主に2つのデメリットが挙げられます。

下取り価格が安くなる?

メーカーを変更して車を買い替える際にも、今乗っているメーカーのディーラーにて下取りが可能です。違うメーカーのディーラーだと下取り価格が安くなるとも言われていますが、違うメーカーの車をあえて安く下取りしているというよりは、自社メーカーの車を優遇して下取査定を行っているため、“自社メーカーの車をなるべく高く下取りする”傾向にあるようです。メーカーを変更して車を買い替える際には、ディーラーでの下取りだけでなく、中古車販売店での買取査定・ネットの一括査定など、なるべく多くのところで見積りを取るとよいでしょう。

メーカーが変われば、車の操作性も変わる!

メーカーを変更するデメリット、と言うのは大げさかもしれませんが、メーカーが替わればもちろん車の操作性も違うでしょう。ハンドルの重さであったり、走行する上で重要なブレーキのかかり具合なども今までとは異なります。違うメーカーへの買い替えの際には、必ず試乗を行い、実際の操作性は念入りに確認するようにしてくださいね。車の買い替え後、操作性に慣れるまで不便に感じることも多いのでデメリットとして挙げてみました。(慣れてしまえば問題なしです!)

車を違うメーカーに買い替える際の注意点

車 買い替え

画像出典:gahag

自動車保険の加入

車を買い替えた場合、自動車保険は買っ際には自動車保険も手続きが必要になります。自動車保険を今の担当ディーラーで任せていて、とくに対応も不満がなく、補償内容に変更が必要ない場合には、保険はそのまま継続してお願いすることも可能です。今の担当ディーラーと、今後の担当ディーラー(販売店)の両者に相談してみましょう。

納車時期

車を買い替える際、次の車が納車されるまで長らく待たされるケースもあるようです。メーカーによって納車時期に差がありますので、だいたいの納車時期は確認しておくことをオススメします。

購入後の自動車整備

車を購入する際は、当然メンテナンスのことも考えなければいけません。購入後のアフターサポートはどんな体制となるのか、営業担当の方にしっかり確認するように心がけましょう。

まとめ

メーカーを変更して車を買い替える際のメリット・デメリットをご紹介しました。メーカーを変更することに大きなデメリットはありませんが、慣れないメーカー車種を選ぶ際には試乗を行い、操作性をしっかり確認することを心がけてください。また、自動車保険の契約についても、担当ディーラーに相談してみてくださいね。

車の買い替え、中古車売買は「CARNNYマーケット」もオススメ
ほしい車をカンタン検索!車を買いたい人と売りたい人のコミュニケーションの場を提供しています。
不明点があれば、すぐに担当者とチャットで相談できて安心、そして便利です。

CARNNYマーケット

中古車購入に役立つ記事

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする