BMW「7シリーズ」ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデルが登場!

 
BMWの『7シリーズ』が一部改良され、セグメント初のディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル『740d xDrive』『740d xDrive』が新登場しました。8月30日より全国にあるBMW正規ディーラーでの販売を開始し、納車は9月中旬より順次行う予定であることを発表しています。

BMW『7シリーズ』ディーゼルエンジン搭載の4WDモデルが登場!

BMW『7シリーズ』が一部改良となり、セグメント初のハイブリッドではないディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル『740d xDrive』『740d xDrive』が新たに登場しました。8月30日より全国にあるBMW正規ディーラーでの販売を開始し、納車は9月中旬より順次行う予定であることを発表しています。

BMW7

画像引用:CARSCOOPS

初となるモデルのスペックについて

xDriveを搭載することで、セグメント初となるディーゼルエンジンと4WDを搭載したモデルとなり、走行性能を追究し実現したものとなっています。さらに、BMWレーザー・ライトやリモート・パーキングを新たな標準装備とし、より上質なモデルへと進化しました。スペックは以下のようになり、どのようなモデルとなっているのか気になるところです。

エンジン 3.0L 直列6気筒 DOHC
ツインパワーターボディーゼルエンジン
最高出力 235kW(320ps)/4,400rpm
最大トルク 680Nm/1,750-2,250rpm

ラインナップも変更に

同時に、7シリーズのラインナップも変更されました。オプション限定だったプラス・パッケージを標準装備した「Executive」を、『740d xDrive』『740Ld xDrive』『740e iPerforamnce』に設定。デザイン・ピュア・エクセレンス・パッケージを標準装備した「Excellence」を、『M760Li』 以外のすべての『7シリーズ』に設定。装備を厳選したエントリーモデルを、『740e iPerforamnce』に設定。今回のラインナップの変更で、スポーティなモデルからラグジュアリーモデルまで幅広くニーズに応えるものとなりました。なお、『7シリーズ』の価格は1066万〜2471万円となっています。

関連記事

ライバル車種比較

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする