ルノー「エスパス」2017年モデルを販売開始!「アルピーヌ」用エンジンが搭載

 
ルノーが誇る人気モデル「エスパス」。ヨーロッパ初のミニバンとして長らく活躍してきましたが、現行モデルでクロスオーバーSUVに変更され、独自のポディションを確立しています。先日改良が施された2017年モデルが発売され、随所に変更が加えられています。

ニュース

ルノーが最上級SUV「エスパス」の2017年モデルを発売

2017年7月14日

ルノーが「エスパス」の2017年モデルを発売しました。

ルノーが誇る大型ミニバン「エスパス」の第1号モデルは1984年に登場。以来長きにわたって人気ミニバンとしての地位を確立してきましたが、2014年現行5代目の登場時にクロスオーバーSUVへと大きく路線変更。大径タイヤの採用や、最低地上高の引き上げなどが施されアクティブなスタイリングに生まれ変わりました。ただし圧倒的な居住スペースなどミニバンとしての要素は色濃く残っており、SUVスタイルのミニバンというのが最も適切な表現といえるでしょう。ちなみに現行「エスパス」はルノーの新世代モジュールプラットフォーム「CMF」が最初に採用されたモデルでもあります。

エスパス

画像出典:autonocion

新開発「TCe 225」エンジン搭載モデルを設定

今回発売された2017年モデルでは、ルノースポール開発の「TCe 225」エンジンを搭載したトップグレード車を設定。こちらのエンジンは既に日本への導入も決定している新型「アルピーヌ・A110」用に開発されたユニットにデチューンを施したものですが、最高出力は225hp、最大トルクは32.6kgmとラグジュアリースポーツに引けを取らないスペックを獲得しています。ちなみに0-100km加速は7.6秒で最高速度は224km/h。トランスミッションは7速デュアルクラッチEDCが組み合わせられます。

エスパス

画像出典:autonocion

上質さを増した室内

インテリアは新色の革張りダッシュボードやダークブラウンのステッチ採用で上質さが向上。ステアリングホイールのロゴがとても印象的で、新たなイルミネーションシステムが優雅な雰囲気を引き立てています。さらにダッシュボード中央に配置されたディスプレイを中心としたインフォテインメントシステム「Rーリンク2プロトコル」はApple carplayやAndoroid Autoにも対応し、機能の充実がはかられています。そのほかにもヘッドレストにはモニター、室内にはBOSE製のサウンドシステムなどを備え贅沢な室内空間を実現。5つの走行モードを使い分けるMULTISENSEも搭載し、最上級ミニバンにふさわしい仕上がりとなっています。

なお、現在のところ日本への導入は発表されていません。

エスパス

画像出典:autonocion

概要

ルノー「エスパス」ってどんな車?

「エスパス」はヨーロッパ初のミニバン(MPV)として発売されたモデル。発売当初から高い人気を獲得し、今もなお販売が継続されているロングセラーモデルとなっています。4代目までは純粋なミニバンとして発売されていましたが、2014年発売の現行5代目からクロスオーバーSUVへとコンセプトを変更。高い居住空間は保ちながらもよりアクティブなスタイルへと生まれ変わっています。最新モデルの日本導入は未定ですが、世界的に知名度の高いルノーを代表する一台です。

エスパス

画像出典:renault

スペック

ルノー「エスパス」スペックとライバル車比較

ルノー「エスパス」スペック

エンジン ①DCI 130
②DCI 160 EDC
③TCe 225 EDC
最高出力 ①130ps
②160ps
③228ps
最大トルク ①320Nm
②380Nm
③300Nm
トランスミッション ①6速AT
②6速デュアルクラッチEDC
③7速デュアルクラッチEDC
最高速度 ①191km/h
②202km/h
③224km/h
出典:renault

ライバル車:シトロエン「DS5」スペック

モデル ①シック
②シックレザーパッケージ
③シック BlueHDi レザー パッケージ
エンジン ①②ターボチャージャー付直列 4 気筒 DOHC
③ターボチャージャー付直列 4 気筒 DOHC(ディーゼル)
総排気量 ①②1598cc
③1997cc
最高出力 ①②165ps
③180ps
最大トルク ①②240Nm
③400Nm
トランスミッション ①②③6速AT
出典:dsautomobiles

燃費性能

ルノー「エスパス」燃費性能とライバル車比較

ルノー「エスパス」燃費性能

エンジン ①DCI 130
②DCI 160 EDC
③TCE 225 EDC
燃費 ①約14km/L
②約21km/L
③約22km/L
出典:renault

シトロエン「DS5」燃費性能

モデル ①シック
②シックレザーパッケージ
③シック BlueHDi レザー パッケージ
燃費 ①②15km/L
③17.3km/L
出典:dsautomobiles

インテリア

近未来的なラグジュアリー空間

インテリアではダッシュボード中央に配置されたインフォテインメントシステムが印象的。無駄を省いたデザインは近未来的を思わせ、その機能性で快適な車内空間を実現しています。室内には3列のシートが配置され、SUVに生まれ変わったと言えども居住性は十分。そのほかにもヘッドアップディスプレイやBOSE製のサラウンドシステム等充実の装備を備え、ファミリーユースにもアクティブユースにも満足な快適空間となっています。

エスパス

画像出典:renault

エクステリア

ミニバンにSUVスタイルが融合

クロスオーバーSUVへと生まれ変わった現行モデルは流線型のシルエットが特徴。ミニバンとしての面影を残しながらもSUV的なデザインを取り入れ、先進的なスタイリングに仕上がっています。歴代と比べると全高は低くなったものの、最低地上高は上昇。タイヤも大型化し、アクティブな印象を高めています。

画像出典:renault

販売価格

ルノー「エスパス」販売価格とライバル車比較

ルノー「エスパス」販売価格

モデル ①ESPACE Life
②ESPACE Zen
③ESPACE Intens
④ESPACE Initiale Paris
価格 ①約4,680,000円
②約5,278,000円
③約5,772,000円
④約6,2920,00円 ※1ユーロ=130円換算
出典:renault

シトロエン「DS5」販売価格

モデル ①シック
②シックレザーパッケージ
③シック BlueHDi レザー パッケージ
価格 ①4,090,000円
②4,090,000円
③4,090,000円
出典:dsautomobiles

販売時期

2017年7月8日に5代目改良版が登場。日本導入は未定です。

関連記事

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする