車中泊用ベッドは自作できる?車中泊用ベッドの自作マニュアル徹底解説

 
万が一のトラブルに備えて、車中泊用ベッドの作り方について知っておきましょう。ベッドキットのような便利グッズなどもありますが、段ボールやすのこ等でも車中泊用ベッドを作ることはできます。今回は車中泊用ベッドの作り方について徹底解説します。寒さ対策や暑さ対策も忘れずに行い、快適な車中泊を!

車中泊用ベッドは自作できる?

車中泊

画像出典:flickr

万が一のトラブルに備えて、車中泊用ベッドの作り方について知っておきましょう。ベッドキットのような便利グッズなどもありますが、段ボールやすのこ等でも車中泊用ベッドを作ることはできます。今回は車中泊用ベッドの作り方について徹底解説します。

車中泊用ベッドの作り方

車中泊用ベッドを作る際には「いかに平らな状態を作ることができるか」という点がポイントとなります。

車中泊用ベッド1:段ボール

この方法が最も手っ取り早いでしょう。まず段ボールを何枚か潰して平らにし、ガムテープ等で固定して1mほどの大きさに整えます。そしてカバーを掛けることで車中泊用ベッドが完成します。ただクッション性は悪いため、上にマットレスや布団などを敷くと良いでしょう。最も安価な車中泊用ベッドです。

車中泊用ベッド2:ベニヤ板(コンパネ)

ベニヤ板(コンパネ)も車中泊用ベッドとして活用することができます。ベニヤ板はホームセンターやネット通販等で購入でき、段ボール同様に入手しやすいという点がメリットです。ベニヤ板を車中泊用ベッドとして使う際には、あらかじめ室内サイズを採寸しておきましょう。また注意点としてベニヤ板をそのまま敷くとシートが傷つくため、毛布やシートなどでカバーしましょう。

画像出典:youtube

車中泊用ベッド3:すのこ

すのこはベニヤ板よりも厚みがあるため、よりしっかりとした寝心地を求める方にはおすすめです。ベッド用すのこもありますが大型サイズかつ重いものがほとんどです。一般的なすのこを選ぶと良いでしょう。またすのこは通気性があるため、夏場の使用には非常に適しています。

画像出典:youtube

車中泊用ベッド4:ウレタンマット

室内・キャンプ用ウレタンマットは車中泊用ベッドとしても使用可能です。車中泊用ウレタンマットもありますが値が張るため、一般的なウレタンマットで良いでしょう。ベニヤ板やすのこよりも高価になるぶん、収納性やクッション性は非常に優れています。またウレタンマット1枚で寝心地が悪い場合には、複数枚重ねて調整することもできます。

画像出典:youtube

車中泊用ベッド5:エアマット

さらに寝心地を追求したいという方には、エアマットを使った車中泊用ベッドがおすすめです。エアマットはある程度厚みがあるため多少のシート段差も気になりません。シングルサイズやダブルサイズなども展開されており、どの車体サイズにも対応している点は嬉しいところです。また空気を抜くとコンパクトになるため、ウレタンマット同様に収納性も優れています。

画像出典:youtube

車中泊用ベッド6:ベッドキット

自宅同様に最高の寝心地を求める方には、ベッドキットの購入を検討しても良いかもしれません。ベッドキットは車種毎に販売展開されており、組み立て器具やポンプなどもセットになっています。他の方法よりも少々大掛かりではありますが、寝心地の良さはトップクラスです。

画像出典:youtube

【番外編】車中泊用便利グッズ紹介

車用カーテン

「車中泊の際にはプライバシーも保護したい」という方には車用カーテンがおすすめです。この商品は前席用と後席用に分かれているため、用途に応じて選択可能です。付属フックに掛けるだけで設置完了という手軽さも魅力的です。

ウインドーネット

「開けっ放しにするのは嫌だけど自然の風も通したい」という方には車用網戸がおすすめです。この商品は取り付けも簡単で、虫よけ・紫外線カットなど便利機能も搭載されています。また使わない時にはコンパクトに収納可能で、利便性抜群の商品です。

断熱材

車中泊において欠かせないのは、何と言っても寒さ対策。ベッドを自作しても車自体が寒いと意味がありません。そこでホームセンターでも購入できる断熱材を窓ガラスに施工してみましょう。断熱材は、梱包材のエアキャップやキャンプでお馴染みの銀マットなどが存在しますが、これを施工するだけで暖かさが大きく変わるのでオススメです。

また、ルーフ部分を改造して住宅用グラスウール断熱材を埋め込む方法もありますが、車を売却する際は査定額が落ちることもあるのでむやみに行う必要はないかもしれません。

画像出典:youtube

車中泊用ベッドについての口コミ情報

まとめ

車中泊をする際にはベッド以外にも様々なものが必要になるため、できるだけコストは抑えたいものです。特にベッドについては自作することでコストを大きく抑えることができます。また車中泊をする際にはマナーを守ることも大切です。駐車エリア等は宿泊施設ではないため、他の方々の迷惑にならないよう注意しましょう。

画像出典:youtube

関連記事

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする