図柄入りナンバープレートのデザインが続々決定!熊本は大人気キャラ”くまモン”を採用へ

 
地方版の図柄入りナンバープレートが全国41の地域で導入されることになり、各地域のナンバープレートのデザインが続々と決定しています。ふるさと納税につづく新たな地域支援の形として期待されているプロジェクトの最新情報をお届けします。

図柄入りナンバープレートのデザインが続々決定!

2018年01月11日

2018年10月に交付を予定している地方版図柄入りナンバープレート。各自治体ごとに、そのデザインを募集していましたが、早くも決定した地域があるようですので、さっそくご紹介していきましょう!

投票により決定したナンバープレートのデザイン

熊本

熊本のナンバープレートには、日本だけでなく世界でも人気のご当地キャラクター「くまモン」のデザインが採用されました。ナンバープレートの片隅にさり気なくいる「くまモン」が可愛いです。

仙台

伊達政宗の「騎馬像」、「七夕飾り」のデザイン。

新潟・長岡

新潟のナンバープレートには、「朱鷺」と「万代橋」。長岡のナンバープレートには「花火」がデザインされました。

福山

福山のナンバープレートは、2017年セ・リーグ優勝の「広島東洋カープ」仕様になりました。

岩手と盛岡

岩手のナンバープレートは「銀河鉄道の夜」をイメージ、盛岡のナンバープレートは盛岡の歴史と景観が詰まったデザインに仕上がっています。

前橋

前橋のナンバープレートは、群馬の中央に位置する雄大な「赤城山」がデザインされました。

滋賀

滋賀のナンバープレートは、滋賀を代表する「琵琶湖」をデザインに採用。淡い色合いで表現されており、右端には”マザーレイク”のシンボルが配置されています。

どのナンバープレートも、地元の魅力あふれる素敵なデザインが選ばれました。2017年12月中にすべての地域でデザインが発表され、2018年秋頃に交付予定。来年の今頃には各地域の図柄入りナンバープレートを街中で見かける機会がありそうですね。

買取より高く売りたいなら個人売買

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする