元F1ドライバー佐藤琢磨 世界三大レース「インディ500」日本人初優勝を達成!

 
佐藤琢磨選手が5月28日に行われた「インディ500」決勝レースを制し日本人初優勝を果たしました。最後までデッドヒートが繰り広げられ、緊迫の展開となった今回のレース。自身8度目の挑戦で悲願を達成した佐藤選手はウイニングランで喜びを爆発させていました。

佐藤琢磨選手が歴史的偉業を達成

5月28日に行われた世界三大自動車レースの一つ「インディ500」にて佐藤琢磨選手が優勝を果たし、日本人として初の偉業を成し遂げました。

佐藤琢磨

画像出典:latimes

予選から好調を維持し2列目からスタート

予選で4番手となった佐藤選手は2列目からのスタートポジションを獲得。F1モナコGPを蹴って緊急参戦したフェルナンド・アロンソの隣からのスタートとなりました。

佐藤琢磨
▲2列目からスタートした佐藤選手

画像出典:latimes

2位ととわずか0.2011秒差でゴール

レース序盤は2013年優勝のトニー・カナーンやエド・カーペンターらがトップを争う展開に。トップ集団が入れ替わる中、36周目にアロンソがトップに立つと、佐藤選手は44周目に3位に浮上しました。
中盤にはクラッシュでレースが一時中断となったり、180週目にはアロンソがエンジントラブルでリタイアするなど荒れたレース展開となりましたが、そんな中でも落ついていた佐藤選手は195周目にトップを走っていたエレオ・カストロベネスを抜き去り残り5周にして首位に浮上。そのまま逃げ切ってトップチェッカーし、初優勝を果たしました。
最後まで激しい争いを繰り広げた2位カストロベネスの差はわずか0.2011秒で、最後まで緊迫したレース展開となりました。

佐藤琢磨
▲ジェイ・ハワード選手とディクソン選手のクラッシュ

画像出典:latimes

自身2勝目は歴史的1勝に

挑戦8年目での悲願達成となった佐藤選手はウイニングランでチームメイト一人一人の名前を呼んで周り、感謝を表現。泣き叫ぶような声をあげ、喜びを爆発させていました。佐藤選手にとって2013年以来となるインディカー・シリーズ2勝目は、モータースポーツの史に名を残す歴史的な勝利となりました。

佐藤琢磨

画像出典:latimes
記事出典:latimes

インディ500レース動画

画像出典:youtube

関連記事

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする