立体駐車場に駐車可能なクロスオーバーSUV!全10モデルをピックアップ

 
今や自動車メーカーのほとんどで開発されているSUV。特にクロスオーバーSUVの人気は高く、日本人気も右肩上がりの状態です。ただし「立体駐車場に駐車できるサイズ」か気になっている、という方は多いでしょう。今回は立体駐車場に駐車可能なクロスオーバーSUVをピックアップ!

クロスオーバーSUVとは

立体駐車場 SUV

画像出典:flickr

クロスオーバーSUVとは、乗用車ベースのプラットフォーム・サスペンションに、車高を上げてオフロードタイプの外観に仕立てた車です。ボディサイズはベース車両によって様々。特に最近では車高が低めのクロスオーバーSUVが人気のようです。

立体駐車場に入るサイズ

立体駐車場 SUV

画像出典:frickr

高さ制限

立体駐車場は自走式駐車場と機械式駐車場の2タイプに分かれます。駐車可能サイズの統一基準は無いため、駐車場によって異なります。自走式駐車場については高さ制限が2,000mm~2,200m程度というところが多いようで、クロスオーバーSUVの大半は駐車可能です。

一方の機械式駐車場については高さ制限が1,550mm程度というところが多いようで、安心して駐車できるタイプはセダンやクーペくらいです。最近ではハイルーフでも駐車可能な機械式駐車場が台数限定で増えているようですが、それでも注意が必要です。

車幅制限

特に機械式駐車場ではエレベーターに乗せて車を移動させるため、エレベーターに乗せられる車幅であることが条件です。車幅制限については1,850mm~1,950mm程度というところが多いため、コンパクトなクロスオーバーSUVでも注意が必要です。

全長制限

全長制限については5,000mm~5,300mm程度というところが多いようです。全長についてはあまり心配する必要は無いでしょう。

以上の点から、今回は全長5,000×全幅1,850mm×全高1,550mm以内のボディサイズを持つクロスオーバーSUVについてご紹介します。

立体駐車場に駐車可能なクロスオーバーSUV

トヨタ「C-HR※S(ハイブリッド2WD)」

C-HR

画像出典:toyota

「C-HR」はトヨタ最小クラスのクロスオーバーSUVで、新型「プリウス」がベースとなっている大ヒット車種です。人気を集める理由の一つとしては、ワイルドな外観でありながらコンパクトで都会の街乗りにも向いているという点が挙げられます。機械式駐車場にも余裕をもって入るサイズに収めている点は流石の一言です。ただそのぶん室内は若干狭いため、大人数よりは一人乗りに適しているでしょう。なお、4WDモデルはFFモデルよりも車高が15mm高くなるためご注意ください。

車両型式 DAA-ZYX10-AHXNB
ボディサイズ 全長4,360mm×全幅1,795mm×全高1,550mm
最低地上高 140mm
販売価格(税込) 2,646,000円

参考動画

画像出典:youtube

トヨタ「アクア クロスオーバー」

アクア クロスオーバー

画像出典:toyota

「アクア クロスオーバー」は、人気のコンパクトカー「アクア」をベースにし、最低地上高を30mm上げてクロスオーバーSUVに仕立てた車です。FFモデルのみの設定で、走行性能よりは燃費性能がクローズアップされる車種と言えるでしょう。ちなみに専用パーツを装着すると車幅がやや広くなりますが、コンパクトカーベースであるぶん余裕を持って駐車場にも入ります。特にハイブリッドモデルを希望する方にはオススメの車です。

車両型式 DAA-NHP10H-AHXXB
ボディサイズ 全長4,060mm×全幅1,715mm×全高1,500mm
最低地上高 170mm
販売価格(税込) 2,062,800円〜

参考動画

画像出典:youtube

スバル「XV※1.6i アイサイト」

スバル XV

画像出典:subaru

スバル「XV」は、ハッチバック「インプレッサスポーツ」をベースにアレンジされた車です。「インプレッサ」と同じ新開発のSGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)が使用されている点が特徴的です。ほとんどの機械式駐車場に入るサイズです。ちなみに新型モデルは先代よりも車幅が20mm広く、最小回転半径が0.1mほど大きくなっています。

車両型式 スバル・DBA-GT3
ボディサイズ 全長4,465mm×全幅1,800mm×全高1,550mm
最低地上高 200mm
販売価格(税込) 2,138,400円〜

参考動画

画像出典:youtube

マツダ「CX-3※20S」

マツダ CX-3

画像出典:mazda

「CX-3」は、「SKYACTIV テクノロジー」と「魂動(こどう)デザイン」をコンセプトに生まれた、マツダ最小のクロスオーバーSUVです。プラットフォームにはコンパクトカー「デミオ」が採用され、見た目も非常にコンパクトに仕上がっています。クリーンディーゼルエンジンを搭載し走行性能に優れており、2017年7月にはガソリン仕様モデルも追加されました。

車両型式 6BA-DKEFW
ボディサイズ 全長4,275mm×全幅1,765mm×全高1,550mm
最低地上高 160mm
販売価格(税込) 2,106,000円

参考動画

画像出典:youtube

メルセデス・ベンツ「GLAクラス※AMG 45 4MATIC」

メルセデス・ベンツ GLA

画像出典:yanase

メルセデス・ベンツ「GLAクラス」は、「Aクラス」をベースにしたクロスオーバーSUV。「GLAクラス」は、あえてコンパクトサイズのメルセデス・ベンツ車が欲しいという方に好まれているモデルです。メルセデス・ベンツの持ち味ともいえるワイドなボディは日本ではやや不便なため、「利便性にも優れたメルセデス・ベンツ車が欲しい」という方にはオススメです。「GLAクラス」であれば4WDモデル、FFモデルともに全高が低く全幅も小さいため、機械式駐車場にも十分対応しています。

車両型式 CBA-156952型
ボディサイズ 全長4,455mm×全幅1,805mm×全高1,495mm
最低地上高 140mm
販売価格(税込) 8,080,000円

参考動画

画像出典:youtube

アウディ「A4 オールロードクワトロ」

アウディ A4 01

画像出典:Audi

「A4 オールロードクワトロ」は、A4のステーションワゴンタイプ「A4アバント」がベースです。専用パーツでスタイリッシュにアレンジされており、駆動方式にはアウディのフルタイム4WD「クワトロ」が採用。加速性能、走行安定性に優れた本格派SUVに仕上がっています。ただし全高は非常に低いものの、全幅が1840mmとややギリギリという点に注意。数値的には問題ありませんが、入庫の際には気をつけて駐車しましょう。

車両型式 ABA-8WCYRA
ボディサイズ 全長4,750mm×全幅1,840mm×全高1,490mm
最低地上高 170mm
販売価格(税込) 6,580,000円

参考動画

画像出典:youtube

フォルクスワーゲン「ゴルフ オールトラック TSI 4Motion」

フォルクスワーゲン ゴルフ

画像出典:volkswagen

「ゴルフ オールトラック」のベースモデルは、ハッチバック「ゴルフ」のステーションワゴン「ゴルフヴァリアント」です。新4WDシステム「4MOTION」を装備するなどオフロード色が強化されている点が特徴的で、エンジンにはスポーツカー「ポロGTI」の搭載モデルと同じ1.8TSIが採用。車両重量が1,500kgを超える割には発進加速にも優れた、優秀な一台です。

車両型式 ABA-AUCJSF
ボディサイズ 4,585mm×全幅1,800mm×全高1,510mm
最低地上高 165mm
販売価格(税込) 3,599,000円

参考動画

画像出典:youtube

シトロエン「C4カクタス」

シトロエン C4カクタス

画像出典:autoexpress

シトロエン「C4カクタス」は2016年より販売開始しました。厳密にはクロスオーバーから外れるかもしれませんが、今回は特別にご紹介。芸術的ともいえるユニークなエクステリアや、乗員をワクワクさせるようなインテリアで人気を獲得。そして車両重量は1,000kgと軽く、1.2L 3気筒ノーマルエンジンでもしっかり走ります。デザイン・機能性ともに充実しており、機械式駐車場にも対応しています。

車両型式 ABA-E3HM01
ボディサイズ 4,155mm×全幅1,735mm×全高1,530mm
販売価格(税込) 2,380,000円

参考動画

画像出典:youtube

プジョー「2008」

プジョー 2008

画像出典:peugeot

プジョー「2008」は、シトロエン「C4カクタス」とパワーユニット・プラットフォームを共有する兄弟車的ポジションです。そのためボディサイズ、車内サイズ、乗り心地などは「C4カクタス」とほぼ同じです。大きく異なる点としては外装の表情の違いが挙げられるでしょう。「C4カクタス」はユニークな、「2008」は精悍な表情です。ちなみに中古車市場では「C4カクタス」の方が人気があるようです。

車両型式 ABA-E3HM01
ボディサイズ 全長4160mm×全幅1740mm×全高1550mm
最低地上高 165mm
販売価格(税込) 2,630,000円

参考動画

画像出典:youtube

BMW「X2」

BMW X2

画像出典:motor1

BMWの新たなSUV「X2」は、全高1535mm。立体駐車場の高さ制限1550mm以下に抑えており、日本の駐車場に合わせて開発したような”ちょうどいいサイズ感”が嬉しいところです。また、BMWお馴染みのキドニーグリルをワイド化させる他、大型エアインテークを装着するなどデザイン面でもこだわりを見せているため、大型SUVらしい無骨さと使い勝手の良さを重視したい方にはオススメの一台と言えるでしょう。

車両型式 X2 sDrive18i
ボディサイズ 全長4,375mmx全幅1,825mmx全高1,535mm
販売価格(税込) 4,360,000円

参考動画

画像出典:youtube

まとめ

今回は立体駐車場(1550mm)に入るクロスオーバーSUVをご紹介しました。対応台数こそ少ないものの、個性的な車が揃っている印象です。特に日常的に機械式駐車場を利用するという方は、参考にしていただければ幸いです。今後も新しいクロスオーバーSUVが登場してくるのが楽しみですね。

関連記事

買取より高く売りたいなら個人売買

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする