長時間運転しても疲れない!快適性にこだわったミニバン 6選

 
いまや日本のファミリーカーの代名詞、ミニバン。セダン以上に快適に長時間ドライブを楽しめる車種や自動運転支援機構で安全快適に移動できる車種もリリースされています。 今回はそんな長時間運転して疲れない、快適性にこだわったミニバンを紹介していきます。

日産「セレナ」

日産 セレナ

画像出典:nissan

「セレナ」といえばなんといっても自動運転支援システム、「プロパイロット」。プラットフォームは先代のキャリーオーバーで、他のメーカーのMクラスミニバンと走行性能では大差はありませんが、長距離を走行する場合には疲れを軽減するプロパイロットの存在は非常にありがたいものです。もちろん過信は禁物ですが、特に連休渋滞の中を孤独に耐えながら運転しなければならない日本のお父さんが心から待ち望んでいたシステムではないでしょうか。

参考動画

画像出典:youtube

フォルクスワーゲン「ゴルフトゥーラン」

ゴルフ

画像出典:volkswagen

現行「ゴルフ」から採用されたVWのモジュラープラットフォーム、「MQB」を採用した7シーターミニバンです。他国では単に「トゥーラン」と呼ばれていますが、日本では「ゴルフ」の圧倒的な知名度にあやかって「ゴルフトゥーラン」を名乗ります。しかし、名前だけではなく走りの部分でしっかりゴルフのDNAを受け継ぎ、高速道路の安定感は抜群、比較的コンパクトなボディからは想像もできないフラットな乗り味で長時間の運転も苦になりません。1.4Lターボに7速DCTの組み合わせは、街中で多用する0発進の加速こそ緩慢なものの高速道路では申し分ない加速性能をみせます。

参考動画

画像出典:youtube

メルセデス・ベンツ「Vクラス」

メルセデス・ベンツ Vクラス

画像出典:mercedes-benz

全長約5m、全幅1.9m以上、全高1.9mという巨大なボディを誇るメルセデス・ベンツのミニバンですが、メルセデスの伝統に従い視界の良さ、スクエアなボディもあって大きさを感じさせない取り回しの良さもあります。これだけの巨体にも関わらずエンジンはわずか2142ccの直列4気筒のディーゼルターボのみ。しかしパワー不足では?というのは杞憂、38.7kgmもの大トルクを1400rpmという低回転域から発揮し、効率のよい7速ATと相まって想像以上に身軽に加速していきます。しかも燃費も15.3km/L(JC08モード)と優秀。売れ線狙いでちょっと軟弱になったといわれるセダンに比べて、「Vクラス」にはかつてのメルセデスらしい質実剛健さが色濃く残っており、7人フル乗車での長距離の移動も全く苦になりません。

参考動画

画像出典:youtube

トヨタ「ヴェルファイア/アルファードハイブリッド」

ヴェルファイア

画像出典:toyota,alphard

トヨタ「ヴェルファイア/アルファード」は、トヨタの最高級ミニバンだけあって装備は至れり尽くせりです。モデルチェンジにあたり、トヨタはあえて床を低くせず、ミニバンらしい着座位置にこだわったことから高速道路でも遠くまで見渡せる視界の良さは長時間運転の際の疲労低減に一役かっています。3.5Lの余裕のある走行性能と上質さは魅力的ですが、反面燃費の面では厳しく、かといって2.5Lだと上りが続いたり高速走行では物足りなさを感じることもあることから、長距離を走る機会が多いのであれば2.5Lのハイブリッドがおすすめです。モーターならではならではアクセルレスポンスの良さもあり高速道路でも動力性能では3.0Lエンジン並みの余裕が感じられます。4WDであることも万一の時に心強いでしょう。なお、「ヴェルファイア」と「アルファード」の違いはデザインのみで価格や基本のグレード構成も全く同じなのでどちらにするかは好み次第となるでしょう。

参考動画

画像出典:youtube

ホンダ「オデッセイハイブリッド」

オデッセイハイブリッド

画像出典:honda

元祖走りのミニバン「オデッセイ」ですが、5代目となる現行モデルからこれまでの超ローフォルムやスイングドアと決別し、比較的オーソドックスなミニバン路線に転身しています。しかし低床、低重心といった従来からの美点はさらに磨きがかけられ高速道路での安定性も抜群。また、ハイブリッド版はエンジンは基本的に発電用で実質的にはEVともいえるハイブリッドシステムi-MMDを採用し24.4〜26lm/L(JC08モード)という脅威の低燃費を達成しているため、ガソリン残量を気にせずに淡々と長距離を走ることが可能です。モデルチェンジの噂も聞こえてきていますが、一部改良を経て当初不満のあった乗り心地についても改善させ熟成が進んだ今だからこそ買い時といえるかもしれません。

参考動画

画像出典:youtube

BMW「2シリーズ グランツアラー」

BMW 2シリーズ

画像出典:bmw

BMWがリリースするミニバンだけあって走りへのこだわりも忘れていません。ミニバンにしては低めの着座位置や、オルガン式のアクセルペダル、「Mスポーツ」に備わるスポーツシートなどは走りにこだわるBMWならではと感じます。
エンジンはガソリン2種類(1.5L直3ターボ、2.0直4ターボ)にディーゼル1種類(2.0直4ターボ)が用意されていますが、高速道路でより快適に走るなら33.7kgmの強力なトルクを低回転域から引き出すディーゼルターボ(218d)がオススメです。21.3km/L(JC08モード)の低燃費とに加えて燃料費の安い軽油ならではの経済性も長距離を走る場合にはうれしいですね。

参考動画

画像出典:youtube

クチコミ情報

まとめ

かつてのミニバンといえば中は広いもののサスペンションは商用車ベースで乗り心地はイマイチ、カーブではロールが大きく同乗者の車酔いの原因になり、とどめに重い車重で動力性能が低い上に燃費も悪いと長時間運転は正直かんべんしてほしいというモデルが多かったものです。もともと居住性の良さでは余裕のミニバン、これから自動運転が進化してさらに快適に長時間運転ができる車種が増えてくるのではないでしょうか。

静かな車で車内を快適空間に!静粛性に優れたミニバンランキング
購入時は買取価格も意識しよう!リセールバリューを期待できるミニバン 10選

Amazonギフト券3000円プレゼント

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする
売買成立30000円プレゼント