長時間運転しても疲れない!快適性にこだわったコンパクトカー 6選

 
「コンパクトカーは長時間運転すると疲れる」そんなイメージをお持ちの方も多いと思いますが、今は長時間運転にも適応した快適性に優れたモデルが多数登場しています。今回はそんな長時間運転しても疲れない、快適性にこだわったコンパクトカーを紹介していきます。

フォルクスワーゲン「ポロ」

ポロ

画像出典:goo-net

絶妙なサイズ感

ゴルフの弟分的存在フォルクスワーゲン「ポロ」。デビューは2009年とロングライフモデルですが、随時細かな改良が加えられていることから性能的にも他車に見劣りしません。ポロの美点はなんといってもそのサイズ、大型化する一方の欧州車において日本の5ナンバーサイズにきっちり収まるサイズ(実は名車ゴルフ2とほぼ同じ)は今や貴重なモデルとなっています。もちろんドイツ車だけあって長時間の高速走行は得意分野としており、1.2Lの直噴ターボも全域で余裕の動力性能を発揮します。

最近は空力とデザインを重視してサイドガラス部分の角度が倒れ気味で頭上が少し窮屈に感じる車も多いのですが、ポロはサイドガラスがほぼ垂直。コンパクトサイズながら広々感を演出しています。

マツダ「デミオ」

デミオ

画像出典:Mazda

ディーゼルエンジンならではのトルク感

マツダデミオの売りはなんといっても1.5L直列4気筒のディーゼルターボエンジン。最大トルクは25.5kgmとガソリンエンジンであればオーバー2000cc級の太いトルクで低回転域からでもアクセルを軽く開ければぐっと前にでる加速感がたまりません。反面、ガソリン車に比べて100kgほど増えた車重により街中での軽快さは失われていますが、一クラス上の車を思わせる重厚な乗り心地はコンパクトカーの常識を超えています。

先代にくらべてフロントタイヤを80mmも前進させたことにより右ハンドルのコンパクトカーにありがちなホイールハウスの干渉もなく、オルガン式のアクセルベダルも相まって適正なドライビングポジションが取れるのも美点です。

マツダ「デミオ」ってどんな車?ヨーロッパでも人気「デミオ」歴代モデルを振り返る

スズキ「スイフト」

スイフト

画像出典:suzuki

欧州車並みの軽快な走行性能

スズキスイフトはスズキの世界戦略車です。従前からスイフトの日本車ばなれした走りの良さには定評がありますが、今回のモデルチェンジでは欧州で鍛え上げた走りをより積極的にアピールしています。時速100km/hでもエンジンの回転数は1800rpm程度(ハイブリッドRS)と低く抑えられ、空力面での対策も取られて風切り音もそれほど気にならないことから長距離走行も苦になりません。
また地味な点ですが、Aピラーの角度が現代の車にしては寝ていないため、フロントガラスが迫ってくるような圧迫感がないのも長い時間を車内で過ごす上では意外と大事だったりします。安全装備もコンパクトカーの中では充実しており、単眼カメラ+赤外線レーザーのデュアルセンサーブレーキサポートという自動ブレーキシステムを備えているのもポイントです。

シトロエン「DS3」

DS3

画像出典:dsautomobiles

フランス流のラグジュアリー仕様

シトロエン「DS3」は同じシトロエンのコンパクトカー「C3」のいわば3ドアハッチバックバージョンですが、単に3ドア化しただけでなく全幅と全長が少し大きくなり、さらに車高は75mmも低いなど、クーペ的なスタイルに仕上がっています。「C3」の方はモデルチェンジが予定されていますが、「DS3」については今のところアナウンスはないようです。
正直、カタログのスペック上では、さほど見るべきところはないのですが、ちょっと硬めの乗り心地にフランス車伝統のよくできたシートで気がついたらいつの間にか長距離を走っていた、というさりげなさがフランス流です。

アウディ「A1」

A1

画像出典:audi

最廉価ながらハイレベルな一台

アウディ「A1」は幅広いアウディのラインナップのボトムエンドを受け持つ車です。最廉価車といってもそこはアウディ、手抜きは一切なく、上級車種と並んでもひけを取らない縮感された高級感が漂っています。
パッケージ的には前席優先としているため定員(5名)フル乗車は苦しいかもしれませんが、大人二人であれば長距離移動も余裕でしょう。
1.4Lの直噴ターボエンジンは2Lエンジンクラスの最大トルクを誇り、高速道路でも力強い加速を見せるなど動力性のも余裕たっぷり。シートも上級車と変わらない大柄なものが用意され、全長4mに満たないボディからは想像もできない快適な長距離移動を可能にしています。

BMW「118i」

BMW 118d

画像出典:BMW

FRならではのハンドリング性能

BMW「118i」はコンパクトというには若干大きめのサイズですが、BMWとしてはエントリーモデルになります。特長はなんといってもFRであること。室内の広さという点ではFFのライバルには劣り、正直後席などは狭いのですがハンドリングは爽快の一言です。特に「118i」はもともと余裕のあるシャシーにコンパクトな1.5Lの3気筒ターボエンジンをフロントミッドシップと言っても良い位置に搭載し、バランスの良さはBMWのラインナップの中でも白眉です。運転席は3シリーズとほぼ共通でライビングポジションもBMWの伝統通りぴたりと決まるもので、長距離運転が全く苦になりません。

日本での発売は2011年9月と既にモデル末期となっていますが、次期1シリーズは最大の特徴であったFRではなくMINIと同様となるFF方式を採用する模様です。室内空間は当然広くなるでしょうし、MINIを見てもわかるとおり走りの方はしっかり仕上げてくると思われますが、FRならではのスムーズで高級なハンドリングを味わうのであればモデルとして熟成の進んだ今が美味しい時期といえるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。かつてのコンパクトカーは動力性能に余裕がなかったり、また静粛性も今ひとつだったりと長時間運転はちょっと遠慮したくなる車も多かったのですが、現在はベーシックグレードであっても余裕で長時間運転をこなします。むしろ運転が楽しいので積極的に長距離を走りたい、という車種も増えてきたのが嬉しいですね。

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする