交通事故が多い県・少ない県はどこ?都道府県別交通事故数ランキングTOP5

 
日本では「1分間に1件以上の交通事故が発生している」と言われています。しかし都道府県毎によって、交通事故の発生件数には大きなバラつきがあるようです。最も交通事故が多い県・最も交通事故が少ない県はどこなのでしょうか?今回は都道府県別にランキング形式で発表!

交通事故は毎日どこかで発生している

都道府県

画像出典:evanseasyjapanese

毎日どこかで発生している交通事故。しかし都道府県毎に見てみると、ある地域ではとりわけ多く交通事故が発生しているようです。人口の多さなども関係していますが、それだけでなくドライバーの特性も地域によって異なるようです。今回は交通事故が多い県と交通事故が少ない県について、ランキング形式でまとめました。

※ランキングは2016年度のデータを参考にしています。

交通事故が多い上位5県

5位:静岡県(31,545件)

お茶の生産量日本一として知られる静岡県が5位にランクイン。同県の政令指定都市である「浜松市」内での事故発生率が最も高く、また関東~関西を結ぶ重要な交通網「東名高速道路」が県を横貫していることも一因として考えられます。

静岡 交通事故

画像出典:wikipedia

4位:東京都(32,489件)

東京都は公共交通機関が発達しているため、一世帯あたりの自家用車普及台数が最も少ない都道府県ですが、人口・人口密度は共に日本一です。また自動車の保有台数自体は全国でもトップクラス。さらに日本の首都ということもあり、必然的に車が各地から集まります。東京都の交通事故発生件数の多さは、その比例の結果と言えるでしょう。

東京 交通事故

画像出典:wikipedia

3位:福岡県(37,225件)

九州の主要都市がある福岡県は第3位です。特に福岡市・北九州市の二大都市で発生した事故件数が、県内全体でおよそ半数を占めています。

福岡 交通事故

画像出典:wikipedia

2位:大阪府(37,928件)

関西の拠点である大阪府がワーストツーに。しかし死亡事故については減少傾向にあります。府警による三本柱(交差点、幹線道路、夜間の取り締まり強化)対策が奏功した結果と言えるでしょう。

大阪 交通事故

画像出典:flickr

1位:愛知県(41,554件)

愛知県は日本を代表する自動車メーカートヨタの本社を有し、日本で最も車が普及している県です。しかしそれゆえに、交通事故の発生件数も日本一に。日本一の自動車産業立県には、ぜひとも日本一の交通安全を目指していただきたいですね。

愛知 交通事故

画像出典:flickr

交通事故が少ない上位5県

5位:高知県(2,193件)

四国から唯一、高知県がランクインです。数年ほど前までは「香川県に隠れて運転マナーが悪い県」と揶揄されていた高知県ですが、その指標となる「人口10万人あたりの死亡者数」減少傾向にあります。徐々に県民の運転意識が変化しているようです。

高知 交通事故

画像出典:wikipedia

4位:秋田県(2,177件)

東北地方からは秋田県が4位にくい込みました。北海道、岩手県に次いで人口密度が低いことも理由の一つとして考えられます。

秋田

画像出典:flickr

3位:福井県(1,844件)

一世帯当たりの自家用乗用車普及率が日本一の福井県が第3位に。しかし「人口10万人あたりの死亡者数」については6.48人と高く、イマイチ手放しでは喜べない複雑な結果となりました。

福井

画像出典:wikipedia

2位:島根県(1,314件)

しばしば日本一影の薄い県として挙げられる島根県が、2位にランクインです。JAF(一般社団法人日本自動車連盟)が行った「交通マナーアンケート」によると、自分の住んでいる地域の運転マナーについて「優れている」と答えた比率が最も高かった県が島根県とのこと。安全運転のためには高い意識を持つことがキーなのかもしれません。

島根

画像出典:wikipedia

1位:鳥取県(988件)

栄えある第一位に輝いた県は鳥取県でした。加えて、交通事故による死亡者数も最少という素晴らしい結果です。ただしワーストランキングとは異なり、あまりその優良さが話題になることはありません。やや虚しさも感じてしまいますが、その背景には人口、自動車保有台数ともに47都道府県中最も低い、という点が挙げられます。つまり交通事故の原因となる、車とドライバー自体が少ないがゆえに、この結果はある意味必然とみられているところもあるかもしれません。

鳥取

画像出典:wikipedia

【最新情報】愛知県は15年間連続ワースト1位を記録

2018年3月30日

交通事故

画像出典:zblawoffice

2018年1月4日、警視庁は2017年度の交通事故死者数を発表しました。発表によると愛知県は200人と最多で、さらにこれで15年間連続でワースト1位を獲得し続けているとのこと。交通事故死者数が多い背景には、悪質な運転をする”名古屋走り”をするドライバーがいる他、道路自体が広く設定されているため、自然と速度が出てしまうという点が挙げられます。愛知県がワースト1位から抜け出す未来は、まだまだ遠いかもしれません。

「名古屋走り」実際の動画

画像出典:youtube

クチコミ情報

まとめ

主要都市が所在する県から、意外な県までランクインする結果となりました。皆さんがお住まいの地域はランクインしていたでしょうか?確かに交通事故は毎日のように発生していますが、交通事故死者数については減少状態にあります。2017年には過去最少の3694人と、68年ぶりに最小値を更新しています。背景には安全技術の進歩などもありますが、ドライバー達の運転マナー・運転技術の向上なども含まれるでしょう。皆さん車に乗る際は、くれぐれも事故を起こさないよう安全運転に努めましょう。

関連記事

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする