メルセデスAMG、F1と同エンジン搭載の『プロジェクト・ワン』を世界初公開!

 
メルセデス・ベンツの高性能車部門であるメルセデスAMGが、創業50周年を記念してF1と同エンジンを搭載した「プロジェクト・ワン」を遂に発表。果たしてどのような仕上がりになっているのでしょうか。気になる最新情報をお届けします。

ニュース

メルセデスAMG、F1と同エンジン搭載の『プロジェクト・ワン』を世界初公開!

2017年9月13日

メルセデス・ベンツの高性能車部門であるメルセデスAMGは、創業50周年を記念したモデル「プロジェクト・ワン」をフランクフルト・モーターショーにて公開しました。

メルセデスAMGの「プロジェクト・ワン」は、メルセデスAMG・F1の技術を搭載し、公道を走ることが出来る市販車として開発が進められています。具体的には、F1のエンジンをベースに1.6リットルV型6気筒ターボのエンジンをミッドシップに取り入れ、フロントに2個とリアに1個のモーターを組み合わせたハイブリッドモデルとなります。最大出力は、エンジンとモーターを合わせて1014spという力強いパワーを発揮。200km/h加速では6秒以下、最高速は350km/h以上となり、まさに現代のモンスターマシンに仕上がった形です。トランスミッションにおいては、8速の「AMGスピードシフト8」を搭載しており、オートマチックモード、もしくはパドルシフトを使用するセミオートモードを選択することが出来ます。駆動方式は4WDを採用。EVモードも搭載されており最大航続距離25kmを記録しています。

メルセデス_プロジェクトワン_09

画像出典:roadshow

参考動画

画像出典:youtube
記事出典:roadshow
Amzonギフト券3000円プレゼント

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする
売買成立30000円プレゼント