【メルセデスAMG・東京・モーターショー】「AMGプロジェクトONE」が遂に日本上陸!

 
メルセデス・ベンツの高性能車部門であるメルセデスAMGが、創業50周年を記念してF1と同エンジンを搭載した「プロジェクト・ワン」が遂に東京・モーターショーに登場!世界初の公道走行F1と言われる話題の「AMGプロジェクトONE」をご紹介します。

ニュース

世界初の公道走行F1「AMGプロジェクトONE」が遂に日本上陸!

2017年10月27日

10月25日から開催されている東京・モーターショーにて、メルセデス「AMGプロジェクトONE」がアジア初公開されています。

9月のフランクフルト・モーターショーでも公開された「AMGプロジェクトONE」は、F1仕様の1.6リッターV6エンジンとモーター(4基)を搭載する”世界初の公道走行F1″と言われている一台。トータルの最高出力は1000psを超え、0-100km/h加速は2.6秒、最高速度は350km/h(リミッター作動時)とパワフルな走りを可能としています。また、0-200km/h加速は5.5秒以下となるそうですが、これはブガッティ「シロン」の6.5秒を大幅に上回る数値…。まさにモンスター級のF1マシンと言っても過言ではないでしょう。

また、走行性だけでなくフルチャージで約24kmのEV走行を実現としている点も魅力の一つです。約3億円の「AMGプロジェクトONE」は、既に完売(限定275台)していますが、実車の姿を観たい方は東京・モーターショーへ足を運んでみるといいでしょう。

AMGプロジェクトONE 東京・モーターショー

画像/記事出典:carscoops
Amazonギフト券3000円プレゼント

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする
売買成立30000円プレゼント