スマートキーを悪用した盗難手口に注意!ローテクな防犯グッズで対策を

 
中々減らない盗難や車上荒らしですが、対策をしようとしても犯人たちは新たな手口で車の盗難を決行するのが現状。そんな今回は、動画サイトで話題となっている最新の盗難手口をご紹介します。最新の盗難手口には、敢えてローテクな防犯グッズで対策をしよう!

電波をジャック!スマートキーを悪用した盗難手口を公開

車の盗難や車上荒らしは、車を所有している人からすれば厄介な犯罪です。近年では高級車だけではなく、軽自動車やハイブリッドカー、コンパクトカーやミニバンなどボディタイプを問わずに盗難被害が相次いで増えています。また、被害に遭わないために盗難防止の対策はしているとは思いますが、犯人達は対策をくぐり抜けて新たな手段で犯行に及びます。新しい手段とは一体?という方もいらっしゃるかと思いますが、今回は最新手口の一部始終を捉えた動画が公開されましたのでまずはこちらを一緒に見てみましょう。

画像出典:youtube

犯行は複数人で行うのが主流

動画をご覧頂くとお分りいただけるかと思いますが、複数人で犯行に及びスムーズな手さばきでターゲットのレクサス「LX」の盗難に成功しています。これは、所有者が持っているスマートキーの電波を増やしハッキングするという手口。スマートキーは鍵穴に差し込まずに車のセンサーが信号の送受信を行い、遠隔操作によりロック解除やエンジンを起動させる便利なシステムですが、犯人たちはこのシステムを利用します。このスマートキーと車の信号の電波を増強することにより簡単に偽装が可能となります。一人は車のセンサーをハッキング、もう一人はスマートキーを所有するドライバーに近づくことで互いの装置が反応し、車に何も触れることなく車を盗むことが出来てしまうのです。

最新盗難手口

画像出典:youtube

この手口での対策は?

最近では強引に手を加えて盗難を行うのではなく、このように何事もなかったようにスムーズに行われる「スマートキー電波増幅装置」が中心になりつつあります。海外を中心にこの手口が横行しているようですが、残念ながらこの手口への対策は現時点ではないとされています。また、スマートキーはセキュリティが甘い傾向がある模様で、ドイツのドライバーサポート団体ADACによると、以下のモデルに関して盗難の危険度が高いとのこと。あくまで一部の車種であるため、今後該当車種が増える可能性は十分あり得るかと思いますが、盗難対策としてグッズを使用したり自分でできることは事前に行っていくしかなさそうです。


アウディ A3・A4・A6
BMW 730d
シトロエン DS4 クロスバック
レクサス RX 450h
マツダ CX-5
三菱 アウトランダー
日産 デュアリス・リーフ
ランドローバー レンジローバーイヴォーク
スバル レヴォーグ

マツダ「CX-5」の例も

画像出典:youtube

最新情報

ハンドルロックとタイヤロック(ガード)が最善の対策かも!(2017.11.27)

スマートキー電波増幅装置といった最新手口の防犯対策として、”イモビライザー”だけでななく”ハンドルロック”や”タイヤロック(ガード)”といったアナログな防犯グッズを組み合わせると良いとの最新情報が入ってきました。

これは、日本損害保険協会の鈴木毅常務理事が公言したもので、イモビライザーといった電子機器に頼るだけでなく、根本的にハンドルやタイヤを固定する防犯グッズを活用すると良いとのこと。ハンドルロックやタイヤロック(ガード)を装着すれば、例えドアの開閉が出来たとしても運転することは不可能となります。また、作業に3分以上経過すると焦りを感じると言われていますが、盗難を諦めさせるためにもこういったアイテムは絶大な効果を呼ぶとされています。最近は高級車だけでなく、重機の盗難被害も増えているとのことですが、大きな損失を防ぐためにもアナログ式の防犯グッズを試してみると良いかもしれません。

オススメのハンドルロック

ハンドルロック

おすすめのタイヤロック(ガード)

タイヤガード

盗難に関するユーザーの声

スマートキーを使用した手口に関わらず、盗難の被害は拡大しています。”明日は我が身”という心を忘れず、盗難対策をすぐに行う必要があります。

関連記事まとめ

Amazonギフト券3000円プレゼント

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする
売買成立30000円プレゼント