車上荒らしの手口と車上荒らしに合わないための対策まとめ

 
車のオーナーを悩ませる大きな問題「車上荒らし」。警視庁の調べによると年々減少傾向にあるとされていますが、誰もが犯罪被害に遭う可能性を持っていることは、依然として変わらない事実です。今回は、そんな憎き車上荒らしから、自分の車と資産を守るため、犯行の手口と対策をご紹介します。

車上荒らしの手口とは

syajou_arashi

犯罪から身を守る第一歩、それは犯行の手口を知ること。まずは当記事で車上荒らしの手口を学んでいきましょう。

被害に遭いやすい場所と時間帯

車上荒らしと聞くと、パチンコ店の駐車場などをイメージする方も多いかと思いますが、実は最も被害に遭いやすい場所は「自宅の駐車場」なのです。暗くなる夕方から深夜帯にかけて被害が頻発するとされていますが、次点で日中の犯行も多く、事実上安全な時間帯というものが存在しません。また飲食店やスーパーの駐車場など、車が密集する場所も格好のターゲットになります。更に驚くべきは、コンビニの駐車場で狙われることも。わずかな買い物のつもりが、車に戻ってみると既に荒らされたあと……なんてことも十分にあり得ます。車上荒らしの犯行は、私たちの想像を遥かに上回るスピードで完遂されるのです。

強引な手口

犯行の内容は至ってシンプルです。まず車のガラス越しに、車内に金目のものがないか、品定めを行います。その後あたりをつけた車のサイドガラスを、バールなどの鈍器で叩き割り、ドアロックを解除し、金品を奪い去る。これが一般的な車上荒らしの犯行の流れとなります。また、手間となるガラス破壊が不要な未施錠の車が最も狙われやすく、中には、車内で仮眠中の運転者を差し置いて犯行に及ぶことも。その他の手口には、ドアの隙間にドライバーなどを差し込み、テコの原理でドアを捻じ曲げたり、鍵そのものを破壊するケースもあります。

金目のものは何でも盗む

クレジットカードや現金などの入っている可能性の高いバッグ、また転売可能なゴルフクラブや釣り具などの他、車自体に備え付けられているカーナビやオーディオ機器までもがメインターゲットとなります。車載装備の場合は、ダッシュボードを破壊して、取り外し、持ち去る、というふてぶてしい車上荒らし犯も数多くいます。加えて近年では、USBメモリなどのデータ機器が盗まれる事案も多発しています。これはデータ機器に記録されている個人情報を、専門の業者に販売することが目的です。つまり、お金になるものは何でも盗まれる、と考えてください。

車上荒らしに遭わないための対策とは


ここまで、驚くべき車上荒らしの手口をご紹介してきましたが、いくら非道とはいえ相手も人間です。対策を講じることは決して難しい話ではありません。以下にその具体案をご紹介します。

被害に遭わないためには車上荒らしの心理を理解する

対策として重要になるのが、「狙われない環境を作る」ということです。まず前述の、車上荒らしの手口の項で説明した通り、犯人は必ず品定めを行います。いやらしい話になりますが、例えば未施錠の車なら、ガラスを叩き割る必要が無く、誰もが一目でわかるような物的証拠が残らずバレにくいですし、車外から覗いて内部に金品があると分かっている車を狙った方が、能率が良いですよね? つまりは、一件あたりの逮捕リスクを下げ、より多くを稼ぎたい、というのが車上荒らし犯共通の心理となります。このポイントを押されえれば、下記のような対策が思い浮かぶはずです。

誰でも出来る簡単な予防策

・短い間でも車から離れる場合は必ず施錠をする。

・車内に金品を保管しない、もしくは外側からは見えない位置に隠しておく。

当たり前のことではありますが、この二点が最も簡単で、誰にでも明日から実践でき、かつ効果が期待できる対策となります。また取り外し可能なカーナビならば、面倒でも使わない間は自宅で管理するなどすれば、なおリスクを減らすことができるでしょう。

その他の効果的な対策

・車に防犯アラームを取り付ける。

・駐車場または車内に防犯カメラを設置する。

防犯アラームは費用対効果の高いアイテムです。数千円~一万円前後も出せば、良質なセンサーを備えた機能性の高いものが購入できます。防犯カメラも最近ではスマホと連動させるタイプが販売されているなど、使い勝手は一昔前よりも格段に向上しています。加えてこれらの防犯グッズの存在を示唆する、防犯カメラ起動中アラーム注意、などのステッカーを車に貼っておくのも良いでしょう。例えブラフだとしても、犯行の抑制に繋がります。

まとめ

いつでもどこでも、車を所持さえしていれば、誰でも車上荒らしに遭う可能性があります。今回ご紹介した対策は意識的な要素の強いものです。危機感を以てことにあたれば、自然と車上荒らしの予防に繋がるはずです。大切な車と資産を守るために、まずは防犯意識を高めることから始めてみてはいかがでしょうか。
syajou_arashi_neko

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする