新車価格×低燃費(維持費)の観点からお買い得なモデルをピックアップ 【コンパクトカー編】

 
車は欲しいけど、長距離移動や多人数乗車が多い方は、軽自動車では物足りもの。そんな方にとってオススメはコンパクトカーです。各メーカーとも魅力的な車種が数多く存在していますが、今回は新車価格と燃費、維持費という切り口でお買い得なモデルを紹介しましょう。

コンパクトカーの一般的な定義として次のことも考慮に入れておきたいと思います。ボディサイズは全長4000mm以下×1700mm以下 エンジン1000cc~1500ccの範囲ですが、あくまで一般論であり、車種によってはこの限りではない場合もあります。ここで紹介するのはなるべくこの範囲に収まっていることと、車両価格200万円以内にしたいと思います。この価格帯を超えますとお買い得とは言えなくなりますのでその条件で見ていきましょう。
維持費はいろいろありますが、実燃費・タイヤサイズ・重量・税金など中心に考察してみたいと思います。

トヨタ「アクア」

アクア

画像出典:toyota

言わずと知れた、トヨタを代表するコンパクトハイブリッド車です。ガソリンモデルは存在していません。大人気車種の一台でもあります。ただコンパクトカーの中ではボディサイズは小さく、動力性能はあるものの後席に人を乗せる場合はその快適性は軽自動車よりも劣るということを考慮しておくべきでしょう。ハイブリッド車は燃料電池を搭載しています。これが壊れるという事例は聞いたことがありませんが、万一の場合もあります。あらかじめ補償内容にも注意しておきましょう。交換になれば50万円くらい費用が掛かるとのことです。

ボディサイズ(全長×全幅×全高) 3995mm×1695mm×1455mm
車両重量 1050~1090kg
タイヤサイズ(タイヤ幅/偏平率/リム径) 175/65/15
燃費 33.8~37.0km/L

200万以下の維持費の観点から考えたお勧めグレード

グレード S
車両本体価格 1,887,005円(税込み)
諸費用 約14万強(オプションなし)

購入に関しては、重量税と取得税が100%減税になるので諸費用はかなり割安になるでしょう。ただ装備面はやや物足りなさ残るのは事実です。一通りのものはありますが、オプションなしで値引きも踏まえますと200万円以内に収まるのではないかと思います。重量税や自動車税は購入後も割引措置が取られていますので、初回車検の時などは、同コンパクトカーよりも安く済みます。タイヤにおいては、割と特殊なサイズを装着しています。30000kmごと交換と考えますと、1本あたり国産で6000円前後といったところですので、工賃込みで30000円強といったところでしょう。実燃費は21km/L程度です。場所にもよりますが全国平均はこんなところです。年間1万kmならば1年60000円前後のガソリン代が必要になります。

日産「ノート」

ノート

画像出典:nissan

コンパクトカーの中では日産の基幹車種とも言える存在でしょう。発売当初は1200CCガソリンとそれにスーパーチャージャーを加えたモデルだけでしたが、最近では電気自動車の技術を応用したe-power車なるものも登場し、一層魅力的な車種となりました。こちらは燃料電池がやや心配な部分です。もともと「リーフ」の電池とほぼ変わりません。そして、寿命があると言われています。壊れるというわけではないものの、出力が弱くなれば燃費に及ぼす影響は大です。後席居住性は広大で快適なスペースを確保しています。

ボディサイズ(全長×全幅×全高) 4100mm×1695mm×1525mm
車両重量 1040~1220kg
タイヤサイズ(タイヤ幅/偏平率/リム径) 185/70/14
燃費 18.2~37.2km/L

200万以下の維持費の観点から考えたお勧めグレード

グレード X DIG-S
車両本体価格 1,738,880円(税込み)
諸費用 約15万円(取得税・重量税50パーセント減税)

「ノート」ならe-powerをお勧めしたいところですが、経済的な観点からだとやはりお勧めできません。200万以下のグレードあるのですが、装備が貧弱すぎです。また、その上のグレードだと200万を何十万も超えてしまうため、いくら燃費が良くてもガソリン代で取り戻せません。それでスーパーチャージャーのグレード1番バランスがいいでしょう。タイヤは意外と高めに設定されており、1本8000円弱。タイヤに関しては、15インチにアップした方が安く済むかもしれません。燃費は16km/L強が実燃費です。1年10000kmでの試算で、ガソリン代80000円くらいというところでしょう。

日産「キューブ」

キューブ

画像出典:nissan

現行モデル登場からかなりの年月が経過していますが、独特のスタイルでいまだに根強い人気がある車です。様々な特別仕様車を投入し、その魅力を維持しています。

ボディサイズ(全長×全幅×全高) 3890mm×1665mm×1515mm
車両重量 1200〜1210kg
タイヤサイズ(タイヤ幅/偏平率/リム径) 175/65/15
燃費 19.0km/L

200万以下の維持費の観点から考えたお勧めグレード

グレード アクシス
車両本体価格 1,868,400円(税込み)
諸費用 約18万円(取得税・重量税25パーセント減税)

古いモデルなので、エクステリア、インテリアとも質感を高めたこのグレードがいいでしょう。実燃費は13km/L前後といったところです。(1年1万キロの試算で年間のガソリン代92000円強)タイヤは国産で1本8000円前後となります。

日産「マーチ」

マーチ

画像出典:nissan

こちらも登場年数がかなり経過するモデルですが、日産にとってはとても歴史のある車です。かつての栄光はありませんが、コンパクトカーとしての基本は押さえている車です。特に質感や性能を求めない、車は移動手段と考える方には経済的でお勧めでしょう。ただこちらも後席は広くありません。

ボディサイズ(全長×全幅×全高) 3825mm×1665mm×1515mm
車両重量 950kg(お勧めモデル)
タイヤサイズ(タイヤ幅/偏平率/リム径) 165/70/14
燃費 23.0km/L

200万以下の維持費の観点から考えたお勧めグレード

XVセレクション 1,375,920円(税込み) 諸費用約165000円 取得税-6800円 重量税-3800円

グレード XVセレクション
車両本体価格 1,375,920円(税込み)
諸費用 約165000円(取得税6800円、重量税3800円)

こちらも「キューブ」同様特別仕様車になります。充実装備でこの価格であればコンパクトカーとしてはかなりお買い得です。軽自動車よりも安いかもしれません。実質燃費もデータによれば16~17km/Lですので、こちらも軽自動車と肉薄しています。重さも1トン未満ですので、車検時にこの差は重量税に反映されるでしょう。(1年1万kmの試算で、ガソリン代76000円)タイヤは、「ノート」同様で1本8000円前後です。

ホンダ「フィット」

フィット

画像出典:honda

かつては20年以上国内販売台数1位を誇っていたトヨタの「カローラ」を転落させた実力を持つ車です。3代目になりますが、当初度重なるリコールで売れ行きに暗い影が落とされることになりました。しかし、今はようやく落ち着き復調を見せるかといったところです。車としての魅力や出来栄えはフィット史上最高ですので、所有するには全く問題のない車です。1300CCガソリン・1500CCガソリン・1500CCハイブリッドのラインナップがあり、一部にはマニュアルミッションも選択できるのは嬉しいところです。

ボディサイズ(全長×全幅×全高) 3955mm×1695mm×1525mm
車両重量 1000~1170kg
タイヤサイズ(タイヤ幅/偏平率/リム径) 185/60/15(お勧めグレード)
燃費 19.0~36.4km/L

200万以下の維持費の観点から考えたお勧めグレード

グレード ハイブリッドFパッケージ
車両本体価格 1,796,000円(税込み)
諸費用 約13万弱(100%減税)

ガソリン車の出来も大変良いので単純に価格を安くするならこちらもお勧めなのですが、やはり時代の流れも考慮した上でハイブリッド車の方が買い得感があるのではないかと思いました。オプションを付ければ200万円を超えてしまいますが値引き込みで200万以内に抑えたいところです。実燃費は20.5km/Lです(1年1万キロの試算でガソリン代約60000円)。タイヤは国産で1本10000円強くらいになります。

ホンダ「シャトル」

シャトル

画像出典:honda

コンパクトにしてはやや大きめになりますが、ホンダではコンパクトにジャンル分けして販売されていますし、もともとは「フィット」の派生でしたが独立して「シャトル」に名称が変わりました。基本的には「フィット」のワゴン版と考えればよいでしょう。1300CCはありませんが、あとは「フィット」とラインナップも酷似しています。

ボディサイズ(全長×全幅×全高) 4400mm×1695mm×1545mm
車両重量 1190~1300kg
タイヤサイズ(タイヤ幅/偏平率/リム径) 185/60/15 (お勧めグレード)
燃費 19.4~34.0km/L

200万以下の維持費の観点から考えたお勧めグレード

グレード G
車両本体価格 1,695,000円(税込み)
諸費用 18万円

こちらはガソリン車がお勧めです。理由はハイブリッド車との価格差が大きいことです。減税措置はあるものの約20万円分の価格差があり、これを燃費で取り戻すには、相当の距離を走る必要があるからです。車検費用などもガソリン車の方が安いと考えると総合的にお買い得感が高くなるグレードだと思われます。実燃費16.0km/L前後(1年1万kmの試算で、ガソリン代77000円)となっています。タイヤは、国産モデルになり1本10000円強です。

スズキ「スイフト」

スイフト

画像出典:suzuki

今年に入り、フルモデルチェンジを実施、欧州で鍛え上げた乗り味をさらに磨き上げました。ハイブリッドモデルや新たに1000CCターボエンジンも搭載し、魅力度が格段にアップしています。コンパクトカーとして最もお勧めできる1台ではないでしょうか。

ボディサイズ(全長×全幅×全高) 3840mm×1695mm×1500mm
車両重量 840~970kg
タイヤサイズ(タイヤ幅/偏平率/リム径) 185/55/16
燃費 20.0~27.4km/L

200万以下の維持費の観点から考えたお勧めグレード

グレード ハイブリッドRS
車両本体価格 1,691,280円(税込み)
諸費用 約157,000円

どのグレードでも完成度が高いのですが、オススメはこちらのモデル。何よりも車体が軽いというのは日本では税金面でお得感があります。数少ない1トンない車種です。しかも軽自動車並みの重さは驚嘆です。
実燃費も18~19km/Lと優秀であり、あらゆる点でバランスが取れています(1年1万キロ試算で、ガソリン代66400円)。タイヤはやや高めになります。ただ、このサイズは割と使われているためセールもあります。通常は12000円~13000円といったところでしょう。

スズキ「ソリオ」

ソリオ

画像出典:suzuki

こちらも大人気車種です。大きく見えるのですが、意外にコンパクトなのもいいところです。室内空間も広大ですから遠出も楽々です。1200CCと1200CCのハイブリッドがラインナップされています。ハイブリッドは2種類あるのも興味深いです。

ボディサイズ(全長×全幅×全高) 3710mm×1625mm×1745mm
車両重量 930~990kg
タイヤサイズ(タイヤ幅/偏平率/リム径) 165/65/15(お勧めグレード)
燃費 22.0~32.0km/L

200万以下の維持費の観点から考えたお勧めグレード

グレード ハイブリッドMX
車両本体価格 1,695,600円(税込み)
諸費用 約157000円

「ソリオ」にはハイブリッドとマイルドハイブリッドがあります。当然、燃費はハイブリッドが上ですが、価格差もかなりあります。カタログ値では燃費は結構な差がありますが、実質は2km/L程度です。やはり価格差で取り戻すのはお得感はありませんので、マイルドで十分でしょう。実燃費16km/L前後(1年1万キロの試算で、ガソリン代76000円)。

マツダ「デミオ」

デミオ

画像出典:mazda

こちらもヨーロッパを意識して作られているコンパクトカーです。運動性能は抜群に良いのですが、やや室内が狭いのが難です。また、乗り心地も硬めです。硬いが悪いということではないのですが、好きではないという人もいるので選択する際は、こうしたん点を考慮に入れておくとよいでしょう。ただ質感の高さはもはやコンパクトカーではないです。そういう意味でこの価格でこのゴージャス感はお得でしょう。またディーゼルエンジン搭載しているのも国産では唯一です。

ボディサイズ(全長×全幅×全高) 4060mm×1695mm×1500mm
車両重量 1010~1130kg
タイヤサイズ(タイヤ幅/偏平率/リム径) 185/65/15(お勧めグレード)
燃費 19.2~30.0km/L

200万以下の維持費の観点から考えたお勧めグレード

グレード 13S オーディオレス
車両本体価格 1,393,200円(税込み)
諸費用 約18万円

「デミオ」のベストバイは選択しづらいところがあります。ディーゼルエンジンは燃料が軽油でガソリン代よりは安いのですがメンテナンス費用がそれなりにかかります。本体価格を値段だけで比較すると30万円弱ありますが、装備はこのグレードは貧弱なため、いくらか上乗せの必要があるでしょう。ただ動力性能や最新デバイスはこのグレードにも装着されているためこの値段で買えるならかなりのお買い得感はあります。
実燃費は16.4km/Lです(1年1万キロの試算で、76000円)。タイヤも低価格となっており、国産1本7000円かそれ以下の場合もあり得ます。

トヨタ「ヴィッツ」

ヴィッツ

画像出典:toyota

「アクア」よりもやや大きく、後席居住性や頭上空間も「アクア」より快適です。ガソリンモデルも備えています。選びやすさや価格や装備面を考えると「ヴィッツ」の方がお買い得感はあるといえるでしょう。

ボディサイズ(全長×全幅×全高) 3495mm×1695mm×1500mm
車両重量 970~1110kg
タイヤサイズ(タイヤ幅/偏平率/リム径) 185/70/14(お勧めグレード)
燃費 18.0~34.4km/L

200万以下の維持費の観点から考えたお勧めグレード

グレード ハイブリッドF
車両本体価格 1,819,800円(税込み)
諸費用 約14万円(100パーセント減税)

ガソリンモデルかつ1000CCモデルが割安なのですが、お買い得とは言えないほど装備は貧祖で、おまけに走行性能は軽自動車以下です。それなら思い切ってハイブリッドの方がいいでしょう。ガソリン車はなぜか実燃費も悪くそういう意味でもこのグレードがお勧めです。実燃費約20.0km/L(1年1万キロの試算で、ガソリン代61000円)。タイヤは、国産モデルで1本8000円程度です。

三菱「ミラージュ」

ミラージュ

画像出典:mitsubishi

イメージが悪いというだけで避けたくないのが「ミラージュ」です。逆にブランドイメージ立て直しの今こそ買い得感は高いでしょう。リコールはないと思いますが、あまり街でも見かけないモデルであるため、所有するのは面白いかと思います。

ボディサイズ(全長×全幅×全高) 3795mm×1665mm×1565mm
車両重量 900kg
タイヤサイズ(タイヤ幅/偏平率/リム径) 175/55/15
燃費 23.8km/L

200万以下の維持費の観点から考えたお勧めグレード

グレード G
車両本体価格 1,485,000円(税込み)
諸費用 約165,000円

グレードは2種類しかありませんが、上記は上のグレード。オートエアコン・LEDランプ・自動ブレーキなど他社ならオプション扱いですが標準装備なので豪華装備満載のお買い得モデルとなるでしょう。
実燃費15~16km/L(1年1万キロの試算で、ガソリン代81000円)。タイヤはやや高めに設定され、あまり見たことのないサイズです。国産モデルで1本10000前後です。

まとめ

今回は、10車種を挙げてみましたがいかがだったでしょうか。必ずしもハイブリッドが安いというわけではないということに気づかれたことでしょう。経済的な観点で見る場合は、総合的な判断が必要です。また、それぞれの車種のメリット・デメリットも知っておくと助けになるでしょう。アイドリングストップ機構がついている車ですとバッテリーが特殊になるため、バッテリー本体がやや高めだけでなく、自分で交換する場合は、多少の知識が必要です。端子から外してしまうとコンピューターのリセット行わなければならなくなります。知らないとこれも無駄な費用につながるでしょう。燃費だけではなく、税金や重量、消耗品などもよく調べて、本当にお買い得な一台を探しましょう。

Amzonギフト券3000円プレゼント

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする
売買成立30000円プレゼント