マツダ 2018年にミニバン市場から完全撤退へ!今後はSUV市場に注力する方針

 
マツダがついにミニバンから撤退するようです。SUVモデルCXシリーズなどが海外を中心に人気を博して好調を維持するマツダですが、ミニバンでは苦戦を強いられています。これからはSUVに注力していくとのことですが今回の決定は英断となるのでしょうか。

マツダのミニバン完全撤退が決定的に

マツダのミニバン徹底がついに現実味を帯びてきました。

情報筋によると2018年初頭にも現在販売している「プレマシー」と「ビアンテ」を生産終了するとのことで、今後は世界的に人気の高まっているSUV市場に集中していく方針のようです。

そもそも近年ミニバンのモデルチェンジを行っていなかったマツダ。長らくミニバン市場でモデルを展開していましたが、現在の販売はピーク時の4分の1ほどまで落ち込んでいます。ファミリーカーとしてこれまで人気を博してきたミニバンですが、「プリウス」に代表されるハイブリッドモデルの登場や、利便性に優れたモデルが続々登場しているSUVに押され、その存在感が薄くなっているのが現状です。
マツダとしても、フォルムの差別化が難しく、燃費も決して良くないミニバンではもはや時代に合っていないという判断だったのではないでしょうか。また、現状のマツダ自動車に採用されている走行性重視の「スカイアクティブ」をミニバンに取り入れることは難しく、全車に取り入れられている「魂動デザイン」との相性の悪さも原因の一つであるとみられています。

プレマシー
△マツダ「プレマシー」

ビアンテ
△マツダ「ビアンテ」

画像出典:mazda

日本よりも海外市場を重視

さらに、グローバル化が進むマツダにとって、日本はそれほど重視する市場ではなくなってきているという点も今回の決断に関係あります。具体的には2015年の数字でいうと、全世界で製造した154万台のうち日本で販売したのは24万5000台。比率でいえば16%程度に過ぎず、母国とはいえ、日本向けの車であるミニバンを継続する理由もあまりないと言えます。

代用モデルとして考えられるのは年内の発表が噂されている「CX-5」の3列シートモデル「CX-6」です。また、海外で高い人気を誇るSUV「CX-9」を日本に導入するという手も考えられますが、ミニバンと比べるとどうしても居住性などで劣りますし、サイズ的にも扱いにくいことから中途半端な立ち位置になってしまう恐れがあります。ディーゼルモデルの投入が期待されていたミニバンからの撤退ということですから、おそらく今後は国内向けファミリーモデルには注力せず、海外向けモデルに力を入れていくという意思の表れでしょう。

マツダ CX-9
△マツダ「CX-9」

画像出典:news

時代の流れを感じさせる今回のミニバン撤退。日本への力の振り分けが少なくなるのは少し寂しいですが、会社全体としては好調を維持するマツダだけに、今後も独創性溢れる魅力的な車を世に送り出していってくれることを願います。

関連記事

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする