今では貴重な存在!姿を消しつつある”5気筒エンジン”を搭載した名車たち【15選】

 
ダウンサイジングターボが増える昨今、8気筒から6気筒へ、6気筒から4気筒へ変更されているケースは多いですが、その間にある『5気筒エンジン』は今ではほとんど見る機会がありません。そこで今回は、姿を消しつつある5気筒エンジン車を一挙まとめました。

ホンダ「アコードインスパイア/ビガー」

ホンダ アコードインスパイア/ビガー

画像出典:CAR AND DRIVER

日本車では1989年にホンダが「アコードインスパイア/ビガー」に搭載した直列5気筒2リッターのG20A型及び2.5リッターのG25A型エンジンをご記憶の方も多いと思います。直列5気筒エンジンを縦置き搭載したそのシルエットはFF車ながらFR車のようなフロントオーバーハングの短さやフロントドアとホイールアーチ間の長さが特徴的で、国内では人気を集めました。

参考動画

画像出典:youtube

アルファロメオ「156/159/166」

アルファロメオ 156/159/166

画像出典:CAR AND DRIVER

フィアットが1997年からラインナップしたのがJTD型直列5気筒2.4リッター・ディーゼルエンジンです。同じシリーズでも直列4気筒2リッターなどは4気筒でした。このエンジンはアルファロメオのモデルだけではなくフィアット・クロマやランチャのモデルなど広範な車種に搭載されました。

参考動画

画像出典:youtube

アウディ「100/200/5000」

アウディ・100/200/5000

画像出典:CAR AND DRIVER

1976年に登場した2代目アウディ 100に直列5気筒エンジンをラインナップするなど、アウディは早くから5気筒エンジン搭載車を用意しました。VW製の4気筒エンジンをベースとした2.1リッターの5気筒エンジンは136馬力を発生しました。

参考動画

画像出典:youtube

アウディ「クワトロ」

アウディ・クワトロ

画像出典:CAR AND DRIVER

1980年に登場したクワトロでは2.1リッターエンジンをターボ過給することで200馬力を発生。
これをベースにWRCに参戦すると4WDの威力をまざまざと見せつけ、その後のグループBカーの潮流を作ったことでもよく知られています。

参考動画

画像出典:youtube

アウディ「RS2 アヴァント」

アウディ・RS2 アヴァント

画像出典:CAR AND DRIVER

アウディ初のRSモデルとして、ポルシェとの共同開発(過去記事URL:https://carnny.jp/4142)にて誕生した「RS2 アヴァント」にも315馬力を発生する直列5気筒2.2リッター・ターボエンジンが搭載されています。

参考動画

画像出典:youtube

アウディ「TT RS/RS3 Q3」

アウディ・TT RS/RS3 Q3

画像出典:CAR AND DRIVER

アウディは引き続き5気筒エンジンの熟成を進め、直列5気筒2.5リッター・ターボはモデルによっては400馬力を発生するまでになりました。

参考動画

画像出典:youtube

ハマー「H3」

ハマー・H3

画像出典:CAR AND DRIVER

ハマー「H3」にも直列5気筒エンジンが用意されていました。2007年モデルからは排気量を3.7リッターに拡大し、出力も242馬力に向上しています。

参考動画

画像出典:youtube

フィアット「クーペ・フィアット」

クーペ・フィアット

画像出典:CAR AND DRIVER

クリス・バングルがフィアット在籍時に手掛けたクーペ・フィアットには直列5気筒2リッターエンジンがラインナップされました。20Vでは出力147馬力、20V V.I.S.では出力152馬力となっています。更に、ターボ過給による220馬力バージョンも用意されていました。

参考動画

画像出典:youtube

フォード「フォーカス ST/RS/RS500」

フォード・フォーカス ST/RS/RS500

画像出典:CAR AND DRIVER

フォーカスにはボルボ製の直列5気筒2.5リッターを流用し、独自にカスタマイズしたエンジンが搭載されていました。STでは222馬力、RSでは300馬力、RS500にいたっては345馬力を発生しています。

参考動画

画像出典:youtube

メルセデス・ベンツ「G270」

メルセデス・ベンツ G270

画像出典:CAR AND DRIVER

メルセデス・ベンツは直列5気筒ディーゼルエンジンを長年にわたってG270やML270、E270などにも搭載してきましたが2006年には環境性能を向上させた4気筒エンジンへの切り替えを発表し、32年の歴史に幕を閉じました。

メルセデス・ベンツ「240D/300D/300SD」

メルセデス・ベンツ 240D/300D/300SD

画像出典:CAR AND DRIVER

W123型ミディアムクラスに用意されていたのが直列5気筒ディーゼルエンジンです。1974年に240D 3.0として登場したこのエンジンは、1981年にはターボチャージャーが装着され、125馬力を発生しました。

参考動画

画像出典:youtube

ランドローバー「ディスカバリー」

ランドローバー・ディスカバリー

画像出典:CAR AND DRIVER

ランドローバー「ディスカバリー」や「ディフェンダー・Td5」に搭載されていたのは直列5気筒2.5リッターディーゼルエンジンです。1990年代に登場したこのエンジンは、ディフェンダーでは2007年モデルまでラインナップされていました。

参考動画

画像出典:youtube

フォルクスワーゲン「ゴルフ VR5」

ランドローバー・ディスカバリー

画像出典:CAR AND DRIVER

4代目「ゴルフ」に搭載されていたのがV型5気筒2.3リッターエンジンです。Vバンク角15ドというこのエンジンは148馬力を発生しました。MotoGP参戦車両であるホンダ・RC211Vなど、V型5気筒エンジン自体がかなり珍しい存在です。

参考動画

画像出典:youtube

ニュービートル・北米仕様

ニュービートル・北米仕様

画像出典:CAR AND DRIVER

フォルクスワーゲンでも直列5気筒2.5リッターエンジンは北米向けに用意されており、2005年にニュービートルにラインナップされた後、2014年まで販売されました。

ボルボ

ボルボ

画像出典:CAR AND DRIVER

他社にも供給するなど5気筒エンジンについて多くの知見を持つボルボは「850」から「S80」、「V70」など多くのモデルにラインナップしてきました。最新のモデルからはその姿を消しつつあリます。

参考動画

画像出典:youtube

まとめ

自動車メーカー各社が効率的に開発を進める為に進めたプラットフォームの共通化やダウンサイジングターボの流れの影響で、かつては多く存在した5気筒エンジン車も今ではほとんどなくなってしまっています。今後については新たな動力源として電気自動車(EV)の開発も急ピッチで進んでいるので、近い将来エンジン自体が姿を消してしまうのはほぼ確実で、自動車好きにとっては少し寂しい現実が訪れてしまいそうです。
ちなみに、筆者の想い出の5気筒エンジン搭載車といえば日産がノックダウン生産したフォルクスワーゲン・サンタナです。

フォルクスワーゲン・サンタナ

画像出典:wikipedia
記事参照元:CAR AND DRIVER

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする