期待されながらも人気が出なかったフェラーリ「モンディアル8」を振り返る

 
フェラーリというと世界中にファンを抱え販売されるモデルは常に注目を集めていると思わわがちですが、実はそんなことがなく、人気モデルの影に隠れてしまうモデルも存在します。今回はそんな悲しい運命を辿った1台「モンディアル8」を振り返っていきます。

フェラーリ・モンディアルとは?

フェラーリ「モンディアル」

フェラーリ「モンディアル8」は、V型8気筒エンジンを搭載する2+2クーペとして人気を得た「308/208 GT4」の後継モデルとして1980年に登場しました。

フェラーリ「モンディアル」

モンディアル自体は、今回紹介するモンディアル8として登場した後も改良を受けながらQV、3.2、そしてモンディアルtへと進化しながら1993年まで生産されています。

フェラーリ「モンディアル」

そのモデル群の中でも、今回取り上げられているモンディアル8については総生産台数が703台と、その販売ペースは前モデルの半分以下の実績に留まっています。

フェラーリ「モンディアル」

ミッドシップに横置きマウントされたV型8気筒エンジンは、308 GTBi/GTSiなどと共通のティーポ・F106B FI型3リッターで、燃料供給機構にはボッシュのKジェトロニックを採用しています。

フェラーリ「モンディアル」

シャーシは308GT4のものをベースに、ホイールベースを100mm延長し2,650mmとするなどの改良を施したものを用いています。

フェラーリ「モンディアル」

サスペンションは、不等長アーム長のダブルウィッシュボーン形式で、ダンパーはコニ製のものを採用していました。

フェラーリ「モンディアル」

リアサス形式を含めた構造は、メンテナンス費用の軽減を目的にエンジンを降ろすことなく主要な整備が可能なように設計されています。

フェラーリ「モンディアル」

モンディアル8が思ったより人気が出なかった理由については、ユーザーが期待する速さや想定する販売価格と実態との間に乖離があったからではないかと言われています。

フェラーリ「モンディアル」

速さという面では、車両重量1,569kgに対してエンジン出力が214馬力と非力だった点があげられています。

フェラーリ「モンディアル」

その結果、0-100km/h加速タイムは9.5秒と308 GTBi/GTSiと比較しても1秒以上遅いタイムとなっています。

フェラーリ「モンディアル」

そのパフォーマンスに対して販売価格は64,000ドルと、ライバル車の1台であるポルシェ930ターボに対して26,000ドルも高価でした。

フェラーリ「モンディアル」

エンジン出力は、930ターボの300馬力に対しておよそ3分の2ながら販売価格は1.5倍という点は、デザインやブランドをもってしてもなかなか埋めきれない差をユーザーに感じさせたのでしょう。

フェラーリ「モンディアル」

この後、QVでは240馬力、3.2では270馬力へ、そしてモンディアルtではエンジンを縦置きに変更するなどの大改良も伴って出力は300馬力に到達します。

フェラーリ「モンディアル」

それでも販売台数が大きく増加することはなく、1989年から1993年にかけて4年間販売されたモンディアルtにおいても総生産台数はクーペが858台、カブリオレが1,017台となっています。

フェラーリ「モンディアル」

現在、フェラーリのラインナップからはV型8気筒エンジンをミッドシップに搭載する2+2モデルは姿を消しています。

フェラーリ「モンディアル」

確かに、期待したほどの人気を得ることは出来なかったかもしれませんが、最近では見られないレイアウトなどを考えると今では貴重な1台とも感じます。

記事参照元:motor1.com

 

Amazonギフト券3000円プレゼント

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする
売買成立30000円プレゼント