最近見かける「軽自動車の白ナンバー」って何者!?噂の特別仕様ナンバーをご紹介

 
近頃、白ナンバーを付けている軽自動車を見かけることはありませんか?実はあれ、ラグビーW杯や東京オリンピックの特別仕様ナンバーなんです。軽自動車でも白ナンバーにできる特別仕様ナンバーのデザインや費用・申し込み方法などその詳細をご紹介していきます!

軽自動車の「白ナンバー」4月より交付開始

2017年4月から軽自動車でも白ナンバーを取得することが可能になりました。

これは、国土交通省が4月から交付を開始した「ラグビーW杯2019」特別仕様ナンバープレートを選択することより、軽自動車にも「白ナンバー」をつけることができるというもの。これまで、軽自動車で絶対となっていた「黄色ナンバー」によりカラーバランスなど悩まれていた方には朗報ですね。
10月には「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」特別仕様の白ナンバーも交付開始になるので、さらに街で見かける機会が増えそうです。

「ラグビーW杯2019」特別仕様の白ナンバー

ナンバープレートのデザインは2種類
大会関連のエンブレムのみが入っているシンプルな白いナンバープレートと、背景に図柄が描かれたナンバープレートの2種類があります。背景に図柄が描かれているナンバープレートの交付を受けるためには、1,000円以上の寄付金支払いが必要になり、上限額はありません。この寄付金は「ラグビーW杯2019」の各会場への交通利便性向上のための支援事業に使われるとのことです。

ラグビーナンバープレート

画像出典:国土交通省

白ナンバー

画像出典:国土交通省

交付料金は地域によって異なりますが、東京都では7,000円です。お住まいの地域での交付料金については、お近くのディーラーや整備工場などでもお尋ねいただけます。

「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」特別仕様の白ナンバー

ラグビーW杯同様、デザインは2種類
「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」特別仕様のナンバープレートも、デザインは2種類用意されています。こちらも1,000円以上の寄付金で、背景に図柄が描かれたデザインを選択できます。
東京オリンピックナンバー

画像出典:国土交通省

また、エンブレムはオリンピックとパラリンピック2枚1セットで交付されるため、こちらのナンバープレートを前後に取り付けるかは、ユーザーが自由に決定できます。
tokyo-olympics-logo

画像出典:dezeen

tokyo2020

画像出典:国土交通省

「白ナンバー」になった軽自動車の目撃情報

SNS上では白ナンバー軽自動車の目撃情報やマイカーのナンバープレート変更が報告されています。なお、シンプルなデザインが人気なのか、現在のところ寄付金をする人は少ないように見受けられました。

軽自動車の白ナンバーでトラブルの可能性も?

軽自動車が白ナンバーを取得可能になることで、トラブルが発生するのではと危惧されています。
まず最も懸念されているのが有人の高速道路料金所でのトラブルです。ここでは人が判断しているため「黄色ナンバーではない=普通自動車」という認識で料金請求のトラブルが予想されます。さすがに大きさでわかると思われるかもしれませんが、規格いっぱいの軽自動車などは普通車と見分けがつきにくいものもあります。

ETCの場合は再セットアップが必要

なお、ETC装着車の場合は車載機にナンバーが登録されているためトラブルの心配はありません。ただし番号を変更した場合は再セットアップが必要となります。また、今回の施策の認知度が高くならなかった場合は、軽自動車の白ナンバーに違和感を持った人が「偽造」を疑い誤って通報してしまう可能性も考えられます。嬉しい反面このような問題の発生が想定されています。

各ナンバープレートの申込み期間・申請方法

「ラグビーW杯2019」特別仕様の白ナンバープレート

申し込み期間 2017年2月13日〜2019年11月29日
交付期間 2017年4月3日〜2020年1月31日
申請方法 ディーラー・整備工場に相談
WEBで申請(図柄ナンバー申込サービス

「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」特別仕様ナンバープレート

申し込み期間 2017年9月4日~(申し込み期日は無し)
交付期間 2017年10月10日
申請方法 ディーラー・整備工場に相談
WEBで申請(図柄ナンバー申込サービス

【最新情報】”東京五輪・パラリンピック”仕様のナンバープレート交付開始!

2017年10月10日

「ラグビーW杯2019」特別仕様のナンバープレートに続き、「東京五輪・パラリンピック」特別仕様のナンバープレートも10月10日から交付を開始しました。

この「東京五輪・パラリンピック」特別仕様のナンバープレートに関しては、すでに2万4300件の申し込みがあり、その約7割が軽自動車用として使用されるとのこと。また、光をイメージしたカラフルなデザインのナンバープレートは4455件、大会エンブレムだけを右上に施したデザインは1万3149件となっており、シンプルな”白ナンバー”を求める申込者が圧倒的に多いようです。”白ナンバー”にする理由として「軽自動車の黄色ナンバーは”ダサい”から」という声もあるそうですが、今後も特別仕様のナンバープレートの利用者が増えることは間違いなさそうです。なお、「東京五輪・パラリンピック」特別仕様のナンバープレートの交付費用は、7000円~10,000円(地域ごとに変動)となり、図柄入りに関しては1,000円以上の寄付金が必要となります。

https://www.instagram.com/p/BaDNFX-A1Rf/?hl=ja&tagged=%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88

まとめ

今回「軽自動車も白ナンバー装着が可能に!」という視点でお伝えしましたが、もちろん普通自動車も特別仕様ナンバーへ変更可能です。ラグビーW杯や東京オリンピック・パラリンピックを応援アピールにもなりますし、ナンバープレートを変える際に寄付もできるという点が魅力ですね。

関連記事

 

Amazonギフト券3000円プレゼント

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする
売買成立30000円プレゼント