宮崎でドライブするならココ!オススメしたいドライブスポットまとめ【宮崎編】

 
プロ野球やJリーグなどキャンプシーズンになると度々注目を集める宮崎。大自然に囲まれた南国宮崎は、家族や恋人、友達同士でも楽しめるドライブスポットがたくさんあります。今回は東九州自動車道の開通もあり、よりアクセスが良くなった県北エリアのうち、つぎの2つのテーマに沿って紹介します。

絶景ポイント巡り(米の山~クルスの海~馬ケ背)

宮崎県北部に位置する日向市には海と山の絶景ポイントが多数あります。その中でも代表的な場所を3つご紹介します。

宮崎 ドライブ

画像出典:flickr

「米の山」

「米の山」は日向岬の最高頂の山。整備されたスカイラインが山頂まで続くため、見晴らしのいい景色を堪能しながらのドライブができます。山頂には日向灘(ひゅうがなだ)が一望できる展望台があり、あまり人影もないのでゆっくりできる気の済むまでゆっくり過ごすことができるスポットです。

白川勉さん(@be52106)がシェアした投稿

願いが叶う?「クルスの海」

「米の山」から海に向けて車を走らせると願いが叶うという噂の「クルスの海」があります。展望台から見える海には、その岩の形状から「叶う」という文字に見えるため、願いが叶う場所として認知されています。また、その願いを届けるための「鐘」が設置されているため、この鐘を鳴らしながら絶景を楽しむのもいいかもしれません。カップルで訪れるとロマンチックな雰囲気になれること間違いなしです。ドライブデートにオススメなスポットです。

「馬ケ背」

「クルスの海」を抜け、さらに東に向かうと「馬ケ背」という日向灘(ひゅうがなだ)に突き出た柱状節理(ちゅうじょうせつり)の上に立つ小さな岬に到着します。岬の先頭まで行くと、切り立った崖の上に立っているようなスリルな気分が味わえます。よくあるサスペンスドラマで犯人を追い詰めるシーンで出てきそうな絶景ポイントですが、勇気のある方は行く価値アリです。

神話の里巡り(天岩戸神社~天安河原~高千穂神社~高千穂峡)

宮崎県北西部に位置する高千穂町には、神話や伝説にゆかりのあるスポットがたくさんあります。宮崎空港からは九州自動車道、東九州自動車道、九州中央自動車道、国道を乗り継いで3時間程度のドライブで到着します。なお、同じくらいの時間で熊本、大分の各空港からアクセスできます。少し長めのドライブですが道も整備されており、比較的空いているのでストレスなく気持ちよく運転できると思います。

高千穂町

画像出典:flickr

「天岩戸神社」

まず紹介したいのが「天岩戸神社」。太陽神である天照大神(アマテラスオオカミ)がお隠れになった天岩戸をご神体として祀られている神秘場所です。ご神体とされている「天岩戸」は西本宮で拝観可能であるため、一度は訪れて見ると良いでしょう。

Takeさん(@take8477)がシェアした投稿

「天安河原」

神話つながりで次に行きたいのが、「天安河原」。天岩戸に天照大神がお隠れになった際に、八百万の神々が集結し岩戸から出すために相談したと伝えられている河原です。石を積むと願い事が叶うとされております。事前に神話を調べて天岩戸神社と天安河原に行ってみると、より一層神秘的な雰囲気に浸れると思います。

「高千穂神社」

「高千穂の夜神楽」を楽しむことができる高千穂神社は、国の重要無形民俗文化財に指定されている場所です。夜神楽の季節以外にも、年中無休で毎晩20時より1時間、三十三番の神楽の中から代表的な4番を楽しむことができます。さらに神楽への興味があるかたは毎年11月中旬から2月上旬にかけて伝統的な高千穂の夜神楽(俗に里神楽)が各集落で主に週末に行われるので、是非行ってみてはいかがでしょうか。

「高千穂峡」

高千穂の人気スポットのひとつに高千穂峡があります。阿蘇溶岩が侵食されてできた渓谷で、平均80mの断崖が7km続いています。ボートの貸し出しがあり、複数の滝の間をマイナスイオンをいっぱい浴びながらボート遊びはいかがでしょうか。子連れ家族もカップルもきっと満足できるドライブスポットです。

まとめ

今回は宮崎県の特定エリアについて、おすすめスポットを紹介しました。宮崎県には他にも自然の絶景スポットが多く存在します。道路も広く走りやすいため、初心者やペーパードライバーにも安心して走行できると思います。また、道の駅や温泉、安価な宿泊施設も豊富にあり、ゆっくりと休みながら宮崎を堪能できますので、一度宮崎をドライブして日頃のストレスを開放すると良いでしょう。

宮崎 ドライブ

画像出典:flickr

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする