傷・へこみがある車は査定額に影響する?修理しない方がお得かも!

 
傷・へこみをしっかり修理してから査定に出すドライバーは多いようです。しかし、傷・へこみが全て査定額に影響するというわけでもありません。中には査定額に響かない傷・へこみもあり、かえって修理したぶん損をしてしまうこともあるようです。今回は傷・へこみがある車の査定額について解説します。

傷・へこみは査定額に影響する?

傷・へこみ

画像出典:flickr

傷・へこみをしっかり修理してから査定に出すドライバーは多いようです。しかし、傷・へこみが全て査定額に影響するというわけでもありません。中には査定額に響かない傷・へこみもあり、かえって修理したぶん損をしてしまうこともあるようです。今回は傷・へこみがある車の査定額について解説します。

査定額に影響する傷・へこみ

傷・へこみ

画像出典:flickr

傷・へこみ全てが査定額に響くかというと、そういうわけでもありません。査定額に影響する傷・へこみと影響しない傷・へこみについて、それぞれ解説します。

まず査定額に響くものとしては、ボディの傷・へこみ・塗装剥がれ等が挙げられます。買取業者は中古車として販売する前に板金修理・塗装する必要があるため、そのコスト分がマイナスされます。中でも塗装剥がれや大きく錆びている場合は、「内部コンディションが非常に悪い」と判断されて大幅に減額されます。

減額例を紹介

塗装剥がれやサビについては程度によって異なりますが、傷・へこみによる減額については以下のように設定されているところが多いようです。

傷の直径が1~9cm 約10,000円
傷の直径が9~30cm 約20,000円
傷の直径が30cm以上 約30,000円

査定額に影響しない傷・へこみ

傷・へこみ

画像出典:flickr

査定額に響かない傷・へこみについては、日常の運転でできてしまった飛び石によるへこみや擦り傷などが挙げられます。一般的に1cm以下の傷やへこみ、爪に引っかからない程度の擦り傷であれば減額対象にはなりません。

傷・へこみは修理しない方が得?

傷・へこみ

画像出典:flickr

「傷・へこみがついたまま査定に出すよりも、修理に出した後に査定に出した方が良い」と考えている方は多いかもしれません。傷・へこみを板金修理・塗装に出すと、どんなに格安業者でも数万円程度の費用がかかります。

多くの買取業者では、買取する車に傷・へこみがあることは当然と考えられています。そして買取業者は、一般ユーザーよりも格安で板金修理・塗装できるネットワークを持ち合わせています。そのため、一般的な修理相場も考慮されたうえで査定額が設定されています。確かに傷・へこみがある車は多少マイナス査定になるかもしれません。しかし査定額アップを狙って修理にお金をかけると、かえって損になる場合もあるということを覚えておきましょう。

「査定は夜間の方がお得」という噂は本当?

「査定の時間帯を夜間に設定すると傷・へこみが見つかりにくく、お得」という噂も一部でささやかれています。しかし実際のところ違いは無いようです。そもそも査定を夜間に対応しているところ自体ほとんどありません。そして仮に対応していても、査定士の目は簡単にごまかされません。小さな傷も見逃さずにチェックされます。また「雨の日は車体が綺麗に見えるからお得」という噂もあるようですが、こちらも同様に違いは無いようです。

査定をお願いする際は、なるべく明るい時間帯で済ますといいでしょう(平日の午前中であれば土日で行うより、スムーズに査定が受けれます)。

傷・へこみがある車の査定額についての口コミ

まとめ

「車に傷・へこみがあると査定に大きく響く」というイメージが強い方は多いかもしれません。しかし中には査定に響かない傷・へこみもあり、修理した方がかえって損をしてしまう場合もあります。傷・へこみがついた車を査定に出す際には、修理する前に一度査定依頼することをおすすめします。

車を売却するなら「CARNNYマーケット」もオススメ

リアルタイムの相場情報を確認できるので、車を売る際は参考にしてみるといいでしょう。他にも車種やグレードなど、不明な場合は担当者とチャットですぐに相談できるので安心、そして便利です。

CARNNYマーケット

関連記事

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする