車の傷・へこみは査定額に影響する?査定前に直すべき?

 
車を売る時になって初めて、ボディに付いた傷・へこみに気付いたという方は多いのではないでしょうか。実はその傷・へこみ、直さない方が結果的に得をするかもしれません。今回は、車に傷・へこみがある場合はどれくらい査定に影響するのかクチコミ情報も添えて解説していきます。

傷やへこみのある車の査定額は変わるか?

傷・へこみ

画像出典:flickr

愛車をいくら大切に乗っていても、日常生活で乗っている機会が多いほど、傷やへこみができてしまう可能性も高くなりますよね。しかも自動車は金属でできているので、劣化して経年変化を起こすのは致し方ないところがあります。

しかし誰しも傷やへこみのある中古車よりも、傷やへこみのない中古車を購入したいと思うのが当然でしょう。
その気持ちは中古車の相場にダイレクトに影響を与えるため、車に傷やへこみがあった中古車を買い取る場合の業者は、少しでも高く売るために板金修理や塗装を施すことを想定し、傷やへこみの修理に掛かるコストを加味したうえで評価していることがほとんどです。そのため、愛車に傷やへこみがあれば査定額が低くなるのも当然なのです。

査定評価に影響を与える傷・へこみと影響されない傷・へこみ

どんな傷・へこみであっても査定金額に響くのかというと、そういうわけでもありません。次に査定評価に“影響を与える”傷・へこみと、“影響を与えない”傷・へこみについてご紹介します。

査定評価に響く傷やへこみとは?

傷・へこみ

画像出典:flickr

査定評価で減点されるのは、主に車のボディにある傷・へこみ・塗装剥がれです。
そのような傷やへこみには、事故車のように車そのものの価値を下げる場合と、中古車として販売する際に板金修理や塗装をするコストを計算して、減額対象になる場合とがあります。

事故車としてではなく、中古車として販売される場合の査定評価に響く傷やへこみの中でも、特に大きく減額される傷として挙げられるのが、塗装剥がれや大きく錆びている場合です。
車に付いた傷やへこみを放置してしまい、錆びが発生したりボディに穴が空いたりしていると、車の内部のコンディションまで悪化していることも多く、査定金額が大きく減額される可能性が高いです。

査定で減額されない傷やへこみとは?

傷・へこみ

画像出典:flickr

車にある傷やへこみ全てが査定金額に影響するわけではありません。査定評価に影響しない傷やへこみとして、日常の運転でできてしまった飛び石によるへこみや、擦り傷などが挙げられます。一般的には、車の査定の際に爪に引っ掛からないような擦り傷や、1cm以下の傷やへこみであれば減額対象にはなりません。

車の傷やへこみはそのままにして査定に出した方がいい?!

傷・へこみ

画像出典:flickr

査定時の減額対象になるような、1cm以上の車の傷やへこみですが、その大きさによっても減額金額が異なってきます。例えば、5×10cm未満の傷やへこみなら10,000円程度、それ以上の大きさの傷やへこみなら20,000円程度が相場です。
では、例えば5×10cmの大きさの傷・へこみを板金修理に出した場合、修理費用は10,000円ないし20,000円以内に抑えることができるのでしょうか?

残念ながら、どんなに格安の業者でも板金修理には数万円は掛かることが予想されます。そもそも多くの買取業者にとっては、買取する車に傷やへこみがあるのは普通のこととも言え、一般ユーザーより格安で板金修理や塗装するネットワークを持ち合わせていることがほとんどです。そのため、確かに傷やへこみのある車は多少のマイナス査定になるかもしれませんが、査定金額のアップを狙って修理にお金を掛けると、かえって損になる場合もあるのです。

傷が見えにくい夜間に査定を行うと良いって噂は本当?

傷 へこみ 査定額

画像出典:flickr

夜の時間帯に査定をすれば傷などの見落としが起きやすくなるため、査定額が変わるという噂もささやかれています。
実際のところどうなの?と思っている方もいるかもしれませんが、査定士の目はそう簡単に誤魔化すことはできません。基本的に夜間での査定は行わないケースが多く、もし実施したとしても小さな傷も見逃さずにチェックします。また、車体が綺麗に見えることから雨の日に査定をする方もいるようですが、こちらも査定額が高くなることはないです。

傷やへこみがある車の査定についての口コミ

まとめ

愛車の傷やへこみが、車を売る時になって初めて気になるという方は少なくないでしょう。
車の傷やへこみが小さく少ない方が良いのは当然として、それでも傷やへこみによっては修理せずに査定に出した方が良いこともある、という事実に驚かれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今までの楽しい時を共に過ごしてきた車です。せっかくなら高く買い取ってほしいという気持ちから、慌てて傷やへこみの修理を依頼してしまいそうになるかもしれませんが、まずはとりあえず査定依頼をしてみる方が良い選択かもしれません。

車を売却するなら「CARNNYマーケット」がオススメ

リアルタイムの相場情報を確認できるので、車を売る際は参考にしてみるといいでしょう。他にも車種やグレードなど、不明な場合は担当者とチャットですぐに相談できるので安心、そして便利です。

CARNNYマーケット

関連記事

買取より高く売りたいなら個人売買

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする