スタッドレスタイヤのおすすめ7選!価格・性能・口コミから人気タイヤをご紹介

 
冬になると購入を検討するスタッドレスタイヤ。これまで雪が積もらなかった地域でも大幅な積雪記録が更新されることが多くなってきた昨今、積雪に備えた足回りを準備しておくことが重要になってきました。今回はそんな雪のシーンで活躍するスタッドレスタイヤをメーカー毎に性能や価格、口コミなどと併せてオススメ商品をご紹介していきます。

スタッドレスタイヤとは?

そもそもスタッドレスタイヤは普通のタイヤとどう違うのでしょうか。

スタッドレスタイヤ

画像出典:PhotoAC

スタッドレスとは、自動車が積雪路や凍結路などを走行するために開発されたスノータイヤの一種です。積雪路や凍結路の摩擦係数が低い路面で、普通のタイヤに比べて駆動力や制動力をより大きく路面に伝える工夫がされています。
また、従来のスパイクタイヤに用いられていたスタッド(鋲)をなくしたことにより、スタッドレスタイヤと名称がつけられています。

スタッドレスタイヤで確認すべき性能

スタッドレスタイヤを購入する際に、確認しておいた方がいい性能もあります。口コミが多いものや人気のもの、最新のものなど様々なスタッドレスタイヤがありますが、ぜひ愛車や使用方法に合ったタイヤを選びましょう。

走行性能

スタッドレスタイヤ

画像出典:flickr

スタッドレスタイヤと言えば、雪上性能や氷上性能に注目しがちですが、何もない乾燥路も走行しますので、それなりにスピードを出せる走行性能なのかを確認しましょう。スタッドレスタイヤで、安定して高速走行できるかどうかは重要です。

たとえばスキーなどに行く際にも、途中まで高速を使用し、途中からは雪山を走行するかと思います。そのような状態が様々な道路を走行する場合でも、スタッドレスタイヤの走行性能が優れていれば排水能力も高く、ハイドロプレーニング現象を起こす確率も下げられるでしょう。

雪での走行性能

スタッドレスタイヤ

画像出典:PhotoAC

スタッドレスタイヤですから、この雪上性能は重要です。積もった雪によりタイヤが取られることで、車は動けなくなったり思わぬ挙動をしたりすることがあります。雪には、さらさらした雪やふわふわした雪、溶けてべちゃっとした雪や、シャーベットの雪など様々な状態の雪があります。どのような状態の雪でも、タイヤが取られず安定した走行をできるように、ゴム素材によるグリップ性能や効果、制動力などの雪上性能は要確認しておきましょう。

氷での走行性能

スタッドレスタイヤ

画像出典:PhotoAC

車がスリップする原因は、 凍っている道路の表面の氷が溶けて水膜となることで、タイヤが滑るからです。これらにタイヤを取られないように、スタッドレスタイヤの素材や溝などのグリップ性能を確認し、制動力がどのくらいありそうか見ておきましょう。氷でのスリップは制動しにくいため、この点は特に注意しておく必要があります。

燃費性能

スタッドレスタイヤは、一般的に通常のタイヤと比較して、柔らかく重いために燃費が1割ほど悪いと言われています。ですが、雪道はスタッドレスタイヤが安全と言えど、燃費性能も気になるところではないでしょうか。それほど雪道や氷上を走行しないのであれば、性能よりも燃費を重要視するのも良いでしょう。

おすすめのスタッドレスタイヤ

車に国産車や海外メーカーの車があるように、当たり前ですがタイヤにも日本メーカーや海外メーカーがあります。愛車がどこの国のメーカーの車であるのか、装着したスタッドレスタイヤでどこを走るかなどを考慮しながら、どのメーカーで購入するかを考えるのも良いかもしれません。

ここではおすすめのスタッドレスタイヤとして、国産メーカーのブリジストン、ダンロップ、ヨコハマタイヤを、海外メーカーのミシュラン、ピレリをご紹介します。

BRIDGESTONE(ブリヂストン)

BLIZZAK REVO GZ

世界ナンバー1シェアを誇るBRIDGESTONEでは定番のブリザックが人気です。そんな中でもレボ発泡ゴムGZを用いたBLIZZAK REVO GZは、様々な冬道に効く非対称パターンにより、路面状況や走行シーンによって刻々と変化するトレッドパタンのエリア別の役割を高次元でバランスされています。摩耗時にゴム内の気泡や水路が連結し、すベりの原因「氷上の水膜」を効果的に除去し、氷上での優れたグリップカを発揮してくれます。

画像出典:youtube

口コミ

期待通りの、冬道安心スタッドレスでした。山道や、高速道路を走ることが多く、安定した走りで良かったです

純正と同サイズのタイヤですがやや大きめのようです。
雪道も安心で大変満足してます。

BLIZZAK VRX2

様々な冬道に効く優れた総合性能を誇るBLIZZAK VRX2。人気売れ筋ランキングでも常に上位に君臨しており、実力は折り紙付きです。新開発「アクティブ発泡ゴム2」を採用し、気泡・太い水路・親水コーティングによって、路面の水膜を積極的に除去。スタッドレスタイヤが氷路面にしっかりと密着し、グリップ力を格段に高めてくれます。

画像出典:youtube

口コミ

明らかに静かです
アスファルトの一般道を制限速度で走る分には夏タイヤより静かです。雪道も良く効き あとは減らないで長持ちして欲しいです。

昨日、195/65R15VRX2に履き替えました。VRXから格段に進化していてビックリです。静かで安定性がより進化したように感じます。

ヨコハマタイヤ

ice GUARD 6

ヨコハマタイヤで人気のスタッドレスといえばice GUARD。最新モデルのice GUARD 6は進化した「プレミアム吸水ゴム」を採用する他、新マイクロ吸水バルーンやエボ吸水ホワイトゲル、シリカ高反応ポリマーを施したことで氷に効く走りを実現。低温時でもゴムの柔らかさを持続、長期間にわたってスタッドレスタイヤとしての性能を維持できます。また、新開発の「低発熱ベースゴム」でタイヤの剛性を保ちつつエネルギーロスを低減、省燃費性能を向上させています。

画像出典:youtube

口コミ

私は北海道の豪雪地帯に住んでおります。10月に購入してからアイスバーンや大雪の中で毎日使用しています。プロではありませんので詳しく分析は出来ませんが、CM通りの商品です。信号手前で(速度40kmぐらい)で赤に変わり、アイスバーンでしたが、強めのブレーキを踏んでも一切滑りませんでした。正に怪物です。別の車にVRXを履いてますが、先の方が書いた通り、勝ることはあっても劣ることはないと思います。滑らないスタッドレスタイヤは絶対にありませんが、滑り難いタイヤを選ぶことも大切なことだと思います。購入してとても満足しています。

5プラスもそうでしたがスタッドレスなのにスポーティー?!軽快に走ってくれます♪まずウエット、凍結路での走行性がアップしたと実感しています。。あとコーナリング時はノイズがアップしていましたが、6では見事に解消しています♪♪燃費も素晴らしい♪♪もう少し検証が必要ですが普通タイヤのルマンVと誤差の範囲内とまさに怪物!!

DUNLOP(ダンロップ)

WINTER MAXX 02

ダンロップ史上最高傑作と謳われているWINTER MAXX 02は、“史上No. 1の氷上性能”と“史上No. 1の長持ち”を掛け合わせたハイスペックなタイヤです。ゴムの密着力を高めて接地面積を増大する「超密着ナノフィットゴム」と、エッジ成分を増加した「MAXXグリップパターン」の採用により、「ダンロップ史上 No.1の氷上性能」を実現。さらに、進化したコンパウンド技術の開発により「効き長持ち性能」と「ライフ長持ち性能」が高次元でバランスされています。

画像出典:youtube

口コミ

コストパフォーマンスは最高だと思います。減りも少ないみたいでこれから長期間使用してみたいと思います。ただ、ウェット路面で滑りやすい気がしますので、雨の日は注意してください。

BSのVRXが2シーズンでスリップサインが出たので、今度は新商品のWINTER MAXX02を購入しました!BSは、やはりシャーベット路面に弱いか…南東北の冬は、時間・場所により色々な路面状況に変わるので。それでも歴代のブリザックよりはスゴく良かったと思いますが、DLの最高傑作が気になり試したくなりました。雪道走行は油断出来ませんが、トータルバランスは良いのはないでしょうか。燃費はダンロップのENASAVE EC203と同等かそれ以上です!本当に、最高傑作かも知れません。

WINTER MAXX SJ8

氷上性能の高さが自慢のWINTER MAXXSJ8。コアテクノロジーでもある「MAXXシャープエッジ」と「ナノフィットゴム」を採用。氷上性能の高さを徹底追求するとともにライフ性能も同時に両立し、高重量・高重心からくるSUV独特の「ふらつき」にも対応し、高速走行時の安定性を向上させたSUV用スタッドレスタイヤです。

画像出典:youtube

口コミ

このタイヤに履き替えて直ぐに雪山へ行ったのですが、ブラックアイスバーンの上にサラサラした雪が乗っているというかなり厳しい条件の中、何の問題もなく高いグリップをみせてくれました。前後方向のグリップももちろんですが、わだち越えなどの横方向グリップも安定していて何の問題もなし。そのくせ、滑り出しのインフォメーションも穏やかでわかり易く、非常にコントローラブルでした。グリップさせてよし、滑らせてもよし!はじめてのダンロップスタッドレスタイヤでしたが、一発で気に入りました♪

価格と性能のバランスが良いタイヤだと思います。SJ7がなかなかよかったので、8に更新しましたが、全ての性能が正常進化していると感じました(SJ7の経年劣化を加味しても)。凍結路、シャーベット、圧雪、新雪でのしっかり感があり、幅広くてもハンドルがとられにくく感じました。また、乾燥路での静粛性もよく、グニャリとする感じがないので、夏タイヤとの差が7とくらべさらに小さくなっていると感じます。 値段的に妥協したかなぁと思っていましたが、使ってみると満足です。

Michelin(ミシュラン)

X-ICE XI3

日本車の為に開発されたスタッドレスタイヤ、X-ICE XI3。氷上での制動力がさらに向上した「アイスブレーキ性能」、路面への圧力を均等に伝える「マックスタッチ」、多方向へのエッジ効果を発揮する「バリアブルアングルサイプ」など高い氷上性能を誇ります。他にも走りにくい雪道やシャーベット路面にも効く高い安心性能や、安心の走りを叶える高速安定性と静粛性能を兼ね備えています。また、年月が経過しても、購入時と同等の性能が維持されているコストパフォーマンスの良さも魅力のひとつです。

画像出典:youtube

口コミ

MAXI ICE 、DRICE、X-ICE2と来てこの車にはX-ICE3。90%以上はアスファルト上を走るので、ミシュランを使います。2WDのころは登り坂でチェーンが必要なときも有りましたが、4WD(先代ノアより)にしてからはチェーンを使用したことはありません。

大変満足しています。前車レガシィツーリングワゴンとダンロップDSX‐2の組み合わせとの比較にはなりますが、雪道でのグリップ力とドライでの安定性が両立できていると思います。秋田まで行きましたが怖い思いをすることはありませんでしたし、広いところでABSが動くまでブレーキをかけてみましたが、しっかり減速Gを感じました。また、茨城に住んでいると90%以上はドライ路面で使用することになります。コーナリング時は多少ヤワな感じがありますが、高速道路での直進安定性は十分と思いました。ちなみに普段(雪の心配がないとき)は空気圧を10%くらい高めに入れています。燃費も悪くなりませんでしたよ。

PIRELLII(ピレリ)

ICE ASIMMETRICO

イタリア・ミラノを本拠地とするタイヤメーカーピレリ。そんなピレリのICE ASIMMETRICOは、ヨーロピアンウインターのDNAが与えられ、日本市場のニーズに基づいて特別に開発された日本向けのスタッドレスタイヤです。先新のテクノロジー「トリプルエフェクトブロック」を採用し、徐水・排水性能とエッジ効果をさらに向上。雪路では雪を掴んでしっかりグリップさせるスノートラップが新たに採用されています。特別設計の浅溝サイプは使用初期からエッジ効果を発揮してくれます。

画像出典:youtube

口コミ

ロードノイズはスタッドレスにしては静かです。スノー性能も悪くない。基本雪が降っても余り積もらないですぐに融ける地域の方にはいいと思います。
当方、杜の都在住なのでドライ性能もある程度重視しています。もっと雪の降る地域、気温の下がる地域なら国産最大手の製品使いますけど・・・

スキー場に行くこともなくて、年に数回の雪道走行ですから、乾いた路面の走行性能が重要になります。グリップの感じ、走行音、燃費などとても良いともいます。

まとめ

冬の時期になると必要になってくるスタッドレスタイヤ。やはりNo. 1シェアなだけありBRIDGESTONE人気は高く、売上もトップを誇っています。また満足度では、ミシュランのX-ICE XI3やダンロップのWINTER MAXXが高いようです。雪が常に降っている地域でない限り、都市部では乾いた路面での走行も重要です。天候に左右されないような、安心した走りのできるスタッドレスタイヤを選ぶことが満足なタイヤ選びに繋がりそうです。

また、スタッドレスタイヤを装着していても滑る時は滑ります。そのため、雪道にはなるべく運転を避けた方が良いかもしれません。どうしても運転をしなければいけない場合、スタッドレスタイヤを履いていても安心せずに、チェーンを巻くことも想定して車にはチェーンを載せておきましょう。

画像出典:youtube

タイヤの関連記事

雪の対策の関連記事

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする