【ホンダ】新型「シビック」予想以上の売れ行き!受注台数は月販目標の6倍

 
ホンダは11月1日の決算会見で、新型「シビック」が予想以上の受注状態にあることを発表しました。現在の受注台数は約1万2000台と、月販目標の2000台を大きく上回っています。特に「シビック タイプR」については、大幅に納車が遅れる模様です。

ニュース

【ホンダ】新型「シビック」予想以上の売れ行き!受注台数は月販目標の6倍

2017年11月2日

ホンダ・シビック

画像出典:honda

ホンダは11月1日の決算会見にて、新型「シビック」が予想以上の受注状態にあることを発表しました。11月1日時点での受注台数は約1万2000台と、月販目標の2000台を大きく上回っています。

内訳としては、「シビック ハッチバック」が約6000台、「シビック セダン」と「シビック タイプR」がそれぞれ約3000台ずつとなっています。

納車時期については、「シビック セダン」は2018年初め、「シビック ハッチバック」は2018年4月、「シビック タイプR」は2018年8月と、特に「シビック タイプR」については大幅に納車が遅れる模様です。

ホンダは「出来る限り納車を早め、ユーザーの皆さんをお待たせしないよう努力する」姿勢を明らかにしました。

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする