ルーフキャリアを選ぶポイントと人気があるルーフキャリア5選

 
キャンプに行くので車に荷物を積みたい。でも、車内の容量が限界。「ルーフキャリア」を検討しているけれど、取り付け方が難しく何を選んだらいいいか分からないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、ルーフキャリアを選ぶ基準と、人気のあるオススメモデルをご紹介します。

1.ルーフキャリアとは?

ルーフキャリアは、 一般的に車の上に設置して荷物を積載する荷台のことを言います。アウトドアブームの今、ルーフキャリアの必要性は高くなってきています。
蓋が閉まるルーフボックスもルーフキャリアのひとつですが、汚れを気にせずにたくさん載せたい方、高さのある荷物を載せたい方は後でご紹介するアタッチメントの方がオススメです。

ルーフキャリア

画像出典:ct200hforum

ルーフキャリアのメーカー

ルーフキャリアを製造している有名ブランドは「THULE(スーリー)」、「TERZO(テルッツオ)」、「inno(イノー)」の3つです。
「THULE(スーリー)」は、スウェーデンの世界最大のカーキャリアメーカー。ルーフキャリアの適合車種が一番多いのが特徴です。「TERZO(テルッツオ)」は、日本の自動車部品メーカーのPIAAが展開するブランドです。コンパクトカー向きの製品が豊富なのが特徴。「inno(イノー)」は、日本の自動車用品メーカーのカーメイトが展開するブランドです。比較的リーズナブルかつ、適応性の高さを誇ります。

2.ルーフキャリアを選ぶポイントとは?

まずは用途に合った種類を選びましょう。ルーフキャリアには、ルーフラックと呼ばれる荷台、ルーフボックス、自転車を載せるサイクルキャリア、サーフボード専用パーツ、スキー&スノーボード専用パーツなどがあります。これらはメーカーによって呼称は様々です。他にも大きい道具用のキャリアは一通り製造されているので専用品を選ぶのが最適です。

ルーフキャリア

画像出典:bestproducts

ベースキャリアを取り付ける方式の確認

基本的にルーフキャリアの土台となるベースキャリアのパーツはフット(バーを取り付ける足)、バー(金属の棒の部分)、取り付け金具の3つのパーツで構成されていて、別々に買うことができます。ベースキャリアは、車種、年式により大きく3種類の取り付け方式があります。最初に自分の車の車種、年式から適合するベースキャリアを調べましょう。

ルーフオンタイプ(つるっとしたルーフの車)は、フット、バー、取付金具が必要です。純正取付ポイントがある場合と、ない場合とで取り付け方式が異なります。純正のルーフレールがある場合は、フットとバーのセットとなります。レインガーター(雨どい)が付いている場合も、フットとバーで取り付けます。ルーフレールとレインガーターに取り付けるのはとても簡単です。ベースキャリアとルーフキャリアは同じメーカーでも適応しない場合がありますので、購入前に確認しておくことが重要です。

3.2017年度版人気のルーフキャリア5選

それでは最新のルーフキャリアランキングをご紹介します。

5位/THULE プロライド TH591 サイクル/自転車 カールーフ用マウント

自転車用固定パーツ。フレームホルダーによりサイクルが倒れず、ルーフの位置で安全に固定作業ができます。積み下ろしがとても楽と評価されている商品となります。

重量 4.9kg
サイクル積載量 1(17kgまで)
適応フレームサイズ 直径22~80mm

参考動画

画像出典:youtube

4位/TERZO ES139SLスキー・スノーボードアタッチメント 【フラットロング スリット】

片側開きのベーシックモデル。機能とデザインに優れています。スノーボード4セット、スキー6セットが積載できます。

積載可能幅 62.5cm
取付必要寸法 74cm

3位/INNO シェイパー80 XA568

ルーフラックのフロアパネルが縦方向で、横方向のパネルより風切音を抑えており、ラックとネットをセットにしたお買い得商品です。

外寸 1185×830×75mm
内寸 1050×760×55mm
最大積載量 50kg
カーゴネットM サイズ:900×900mm

参考動画

画像出典:youtube

2位/INNO エアロラック シェイパー100シルバー

気になる風切り音を50%軽減。シルバーでスタイリッシュなデザイン、かつたっぷりスッキリ積めると人気の商品です。

外寸 1185×1065×75mm
内寸 1050×1000×55mm
最大積載量 50kg

1位/THULE CANYON XT

エクステンションを付加すれば積載エリアを51cm延長できます。スタイリッシュで丈夫、荷物の形やサイズを問いませんので汎用性が高く売れ筋商品となっています。

外寸 1270x1040mm
重量 13.2kg

参考動画

画像出典:youtube

4.クチコミ情報

5.まとめ

今回は人気のあるルーフキャリアをランキング方式でご紹介しましたが、是非参考にして最適なものを選んでください。ベースキャリアを取り付け完了したら、あとは工夫次第で様々な荷物をたくさん積めます。何を運ぼうか、どこに行こうかと考えているだけで楽しくなりそうですね。

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする