スズキ新型「カプチーノ」18年ぶりに復活なるか?4WD軽スポーツ開発の真相に迫る

 
バブル期を象徴する1台であるスズキ「カプチーノ」。スポーティな見た目と本格的な走行性能が当時人気でしたが、なんと新型モデルとして2018年に復活の可能性が出てきました!予想レンダリング画像が出回るなど、盛り上がりを見せている「カプチーノ」の最新情報をどこよりも早くお届けします。

ニュース

スズキ4WD軽スポーツを開発中!次期「カプチーノ」となるか?

2017年6月2日

スズキが「カプチーノ」の後継と思われる軽オープンカーを開発中との情報が入ってきました。

こちらは公式の発表ではありませんが、今年の頭から噂されてきた「カプチーノ」の復活は現実を帯びてきたと各メディアで報じられています。 なお、この軽オープンカーに「カプチーノ」の名が引き続き使用されるかは現在のところ不明です。

予想レンダリング画像

パワートレーンは「アルトワークス」と共有

次期型「カプチーノ(仮)」はエンジンとプラットフォームを「アルトワークス」と共有し、4WD車として登場するとみられています。エンジンは0.66リッター直列3気筒ターボで最高出力64ps、最大トルクは10.2kgf。トランスミッションは5MTと5AGSの設定が有力です。軽量化され4WDとなったことで挙動がどのように変わるのか注目が集まっています。
エクステリアにおいては先代の可愛らしい印象からスポーティな顔つきに変わるとされており、ネット上では予想レンダリング画像も上がっています。価格は共有プラットフォームであることから少し抑え目の160万円〜210万円程度になるとみられています。

スズキ カプチーノ 復活 新型

画像出典:suzuki

▲プラットフォームを共有する「アルトワークス」軽量ながらパワフルな走りが魅力

新スポーツ御三家形成なるか?

かつて軽スポーツ御三家と呼ばれたスズキ「カプチーノ」ホンダ「ビート」マツダ「AZ-1」のうち、ホンダはすでに後継車として「S660」を発表しています。これがカーオブザイヤーで2位を獲得するほど好評でしたから、次期型「カプチーノ」も大きな話題となることは間違いないでしょう。是非復活してダイハツの「コペン」と合わせて新軽スポーツ御三家を形成してほしいものです。

スズキ カプチーノ 復活 新型

画像出典:honda

▲ホンダ「S660」

新型「スイフト」ロードスター版のレンダリング画像が公開!

海外では、新型「スイフト」をロードスター版に仕立てたレンダリング画像が公開されており、これが「カプチーノ」になるのではないかと言われています。現実的ではありませんが、この発想は面白いですね。

スズキ カプチーノ 新型

画像出典:actualidadmotor
買取より高く売りたいなら個人売買

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする