トヨタ「セリカ」遂に復活へ!?その前に歴代モデルを振り返っておこう

 
トヨタのスペシャリティカーの代名詞ともいえるモデル「セリカ」。今でも多くのファンを抱える「セリカ」が数年以内に復活を遂げるという噂があることを知っていますか?今回はこの伝説的なモデル「セリカ」をおさらいの意味も含めて初代から順に振り返っていきましょう。

トヨタ「セリカ」とはどんな車?

初代の1970年から7代目2006年まで製造販売されたトヨタ「セリカ」。残念ながら今現在は製造されていませんが、かつては北米や欧州にも輸出され、長きに渡って世界中で人気を博しました。国内ではカローラ店で販売されたトヨタの看板車として君臨。ちなみに、車名の由来はスペイン語で「神秘的な、神々しい」という意味の「Celica」からきているのだそうです。

トヨタ セリカ

画像出典:toyota

初代A20/A30(1970年~1977年)

1

1969年の東京モーターショーに出品されたコンセプトカーである「EX-1」をベースに作られたという初代「セリカ」。通称「ダルマセリカ」と呼ばれており、発表当初の兄弟車はファミリーセダンの「カリーナ」でした。
「フルチョイスシステム」と言われるそれぞれ3種類のエンジン、ミッション、エクステリアと8種類のインテリアの組み合わせを選べるシステムを採用したことで有名ですが、これは当時北米で流行であったフォード「マスタング」の販売手法を真似たものであるとのこと。最上級モデルには1.6L・DOHCのヤマハ製2T-Gエンジンを積んだ「1600GT」を用意しますが、このグレードだけはフルチョイスシステムの範囲外だったのだそうです。
なお、1972年、73年にはこのモデルをベースに「WRC」に参戦しています。

スタイリッシュな「LB」を追加

2

1973年には3ドアの「LB」を追加。ただのドア数の違いだけではなく、全長50㎜、全幅20mmそれぞれ大きくなりつつも全高を20mm下げられたスポーティなボディに積まれた2.0L・DOHCエンジンが特徴のLB2000GTが人気となりました。

参考動画

画像出典:youtube

2代目「A40/A50」(1977年~1981年)

3

1977年8月に2代目「A40/A50」へとバトンを渡した「セリカ」ですが、トヨタアメリカのデザイン部門がスタイリングを担当したボディは初代と比べ全体的にサイズアップし、エアロダイナミクスを意識したものになりました。ボディは初代と同じく2ドアクーペと3ドアLBの二本立てとなっています。1978年からはこの2代目のボディで「WRC」に参戦し、81年には「アイボリーコーストラリー」で準優勝を果たします。

「セリカXX」の誕生

4

同じく78年には北米市場の「フェアレディZ」に対抗するため、フロントノーズを延長し6気筒エンジンを積んだ「セリカXX(後のスープラ)」が登場しました。ちなみに主戦場である北米では「XX」は成人指定の度合い示す記号となるため、最初から「スープラ」という名前で発売されたそうです。

参考動画

画像出典:youtube

【番外編】「スープラ」の誕生をアニメーションで振り返る

「スープラ」が誕生したきっかけとなる「セリカ XX」ですが、以下の動画ではアニメーションを用いてその歴史を振り返っています。

画像出典:youtube

3代目A60(1981年~1985年)

5

1981年7月に2代目「A60」が登場しましたが、同時期にラグジュアリークーペの「ソアラ」が発売されていたこともあって、今までよりもスポーティに生まれ変わった「セリカ」。

いくつかの日本初

先代に続き北米デザインを採用し、日本車初となる「ライズアップ式(ポップアップ式)ヘッドライト」により、先代よりも更に直線的なデザインとなりました。
ボディタイプは2ドアクーペ、3ドアLBに加え、初めて北米市場向けにコンバーチブルが販売されました。このコンバーチブルモデルはこの後のモデルでも主に北米市場向けとして販売され続けることになります。
1982年には日本初のツインカムターボエンジンである1.8Lの3T-GTEUを載せたGT-Tグレードを追加しました。1983年のマイナーチェンジ時にはそれまでのフェンダーミラーからドアミラーに変更され、見た目の印象がよりシャープになりました。
エンジン関係では、初代から続いた1.6L・DOHCの2T-Gから同じヤマハ製新世代の4A-GEUに変更されました。
なお、前述のライズアップ式ヘッドライトは、この時のマイナーチェンジで普通のリトラクタブル式に変更されました。

当時グループBはモンスター揃いでした

6

WRC参戦車両も1983年からは推定370psのターボ係数をかけると3.0Lクラスに出られるギリギリの2.09Lまでボアアップしたツインカムターボ仕様TA64にスイッチし、84年から86年までのサファリラリーで3連覇を飾りました。

画像出典:youtube

4代目T160(1985年~1989年)

7

1985年8月に「セリカXX」と決別し、FFの「セリカ」として生まれ変わった「T160」。
キャッチコピーにも使われた「流面形エアロフォルム」は話題となり、あらゆる新技術を盛り込んだこの四代目は、「セリカXX」の陰に埋もれかけていた先代よりも大きな人気を呼びました。

ついにGT-FOURの投入

1986年10月に追加された新グレード、「GT-FOUR」はWRC参戦の為のベースモデルとして初のフルタイム4WDを採用したモデルです。水冷式インタークーラー付きの2.0L・DOHCターボエンジンである3S-GTEは当時国産4気筒エンジンとしては市販車最強の185psを誇りました。1988年からはこのGT-FOURをベースにWRCを戦い、1990年にはカルロス・サインツのドライブにより、ついに日本車初のドライバーズタイトルをつかみました。なお、1987年には初代から引き継がれていた1.6Lのグレードが廃止されるも、翌1988年には1.8LがDOHCとなり、「セリカ」の全グレードがDOHC化されました。

参考動画

画像出典:youtube

5代目T180(1989年~1993年)

Celica

1989年9月に五代目となる「T180」へとモデルチェンジ。全グレードで2.0L化され、全体的なイメージは先代を踏襲するも、どちらかと言えば直線的だったラインが全て曲線で描き直されたかのような個性的なスタイリングとなり、ニューエアロフォルムと呼ばれました。
プラットフォームは先代をベースにしながらも、サスペンションを中心とする各部の剛性アップが図られ、フルタイム4WDのGT-FOURのリアディファレンシャルには市販車では日本初となるトルセンタイプのLSDが装着されました。スペシャリティカーとしてのニーズに応える為の装備としては10スピーカーのスーパーライブサウンドシステムがオプション設定されました。

GT-FOURのいろいろ

9

GT-FOURには競技参加ベース車としてクロスミッションを装備した「GT-FOURラリー」、前後フェンダーをブリスター化した「GT-FOUR A」などが販売されましたが、1991年のマイナーチェンジでGT-FOURグレードが全てワイドボディ化したことによりGT-FOUR Aはカタログから消滅しました。その後WRCホモロゲモデルの「GT-FOUR RC」が発売され、より実戦での戦闘力アップの為に水冷式のインタークーラーや通常モデルのセラミック製とは違い、信頼性の高い金属製のタービンブレードなどが採用されました。

参考動画

画像出典:youtube

6代目T200(1993年~1999年)

10

バブル景気の影響が濃い1993年10月発売の六代目T200セリカは新設計のシャーシを採用し全車3ナンバーサイズとなり、全体的に豪華なセリカとなりました。
3S-GE搭載モデルのSS-IIにオプション設定されたスーパーストラットサスペンションは、それまでのマクファーソンストラットサスペンションをマルチリンク化したトヨタの意欲作で、「セリカ」では初採用となるものでした。
翌年2月に発売されたGT-FOURにもこのスーパーストラットサスペンションは標準で採用され、他にも標準搭載となった水冷式インタークーラーや、燃料供給方式の見直し等により255psのパワーを発生させていました。更に国内2,100台限定の「WRC仕様車」にはインタークーラーを強制的に冷やすためのウォータースプレーやミスファイヤリングシステムなどが装備されていました。

セリカによるラリー参戦の終焉

11

しかし、WRC実戦での成果は芳しくなくセッティングがなかなか決まらずに苦戦した「セリカGT-FOUR」。
そして1995年のラリーカタルーニャでリストリクター違反が見つかり、年間獲得ポイントのはく奪、一年間の出場停止処分が下され、実質「セリカ」としてのラリーの歴史はこの時幕を閉じました。

参考動画

画像出典:youtube

7代目T230(1999年~2006年)

12

1999年10月に七代目となった「T230セリカ」ですが、それまでのラリーでのイメージを払拭するかのように大きくイメージチェンジを果たします。FF専用設計となったボディは先代と比べ大幅にダウンサイジングされ、エンジンも二種類の新開発1.8L・DOHCだけとなり、フルタイム4WDもターボも設定されることはありませんでした。
結果的に先代の同一グレードと比較してそれぞれ60kg~90kgもの軽量化を果たし、ライトウェイトスポーツとして新たな道を歩み始めた「セリカ」でしたが、景気の悪化や若者のスポーツカー離れなども重なり、他の多くのスポーツカーらと共に販売には苦戦を強いられました。

そして、ついに2006年4月にセリカは36年の歴史に一度幕を閉じることになったのです。

参考動画

画像出典:youtube

【最新情報】「セリカ」復活のうわさは本当?「86」の次期モデルになる?

2017年12月4日

2006年に一度は消滅したかのように思えたトヨタのスペシャリティカー「セリカ」ですが、復活の噂があるのをご存知でしょうか?プラットフォームは86と共有し、エンジンも水平対向4気筒を採用するとか。ボディデザインの予想は「86よりもいくぶんグラマラスになるのでは?」なんてリアルな話も聞こえてきます。販売時期は不明なところですが、アメリカでは既に「セリカ」の商標登録が済んでおり、一部では”86″の次期モデルになるとの情報も流れています。

ここ数年スポーツカーが息を吹き返してきているような流れもありますし、「スープラ」や「シルビア」が復活するとの話もありますので期待を膨らませて待たずにはいられませんね。

Amazonギフト券3000円プレゼント

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする
売買成立30000円プレゼント