レクサス「NX」 VSランドローバー「レンジローバー・イヴォーク」人気SUV徹底比較

 
プレミアムSUVとして人気が高いランドローバーのコンパクトSUV「レンジローバー・イヴォーク」とレクサスの大ヒットSUV「NX」。購入する際はどちらを選ぶか迷っている方も多いのではないでしょうか?そこで今回はレクサス「NX」と「レンジローバー・イヴォーク」をデザイン・性能・価格などの面から徹底比較していきます。

人気

どちらも世界的に人気なモデル

レクサスは2016年の全世界販売台数が約67.7万台(レクサスブランド全体)を突破。対して、ジャガー・ランドローバー社は生産台数が約58.3万台(ジャガー・レンジローバー合算)と自動車メーカーとして互いに世界トップクラスの両社。その両社の看板商品になりつつある2台である「レクサスNX」と「レンジローバー・イヴォーク」。この2台については具体的な販売台数は不明なところですが、国内SUV市場ではトヨタ系列ということもあるレクサス「NX」がイギリス車「レンジローバー・イヴォーク」を若干上回る結果となっているといっていいでしょう。

レクサス「NX」を動画で確認

画像出典:youtube

「レンジローバー・イヴォーク」を動画で確認

画像出典:youtube

ボディサイズ

使いやすさはレクサス「NX」、安定性は「レンジローバー・イヴォーク」

レンジローバーイヴォーク

画像出典:flickr

「レンジローバー・イヴォーク5ドア」は全長がレクサス「NX」よりも285mmも短く、全幅は120mmも大きく、せり出したタイヤも特徴のひとつなので取り回しには大きな違いが生じます。また、全長が短い「レンジローバー・イヴォーク」は後席が狭くなりますので実用性ではレクサス「NX」が勝るでしょう。
全高はレクサス「NX」が低いのですが、「レンジローバー・イヴォーク」は最低地上高が40mmも高く本格的オフローダーだといえます。安定性では「レンジローバー・イヴォーク」がリードしている印象です。運転しやすさ、使いやすさを実際に確認してみることをオススメします。

レクサス「NX」 全長4,630mm×全幅1,845mm×全高1,645mm
「レンジローバー・イヴォーク5ドア」 全長4,345mm×全幅1,965mm×全高1,635mm

デザイン

先進的なレクサス「NX」、オリジナリティー溢れる「レンジローバー・イヴォーク」

レクサス「NX」

レクサス「NX」はハリアーベースですがエクステリアデザインはフロントのスピンドルグリルをメインに鋭角的で大胆に仕上がっています。インテリアは、エクステリア同様にアグレッシブなデザインです。手前に出たインパネの使い勝手は好みもありますが、操作しやすいと評価されています。

レクサス NX

画像出典:flickr

一方「レンジローバー・イヴォーク」のエクステリアは多くの支持を集めています。切れ長のヘッドランプと左右のヘッドランプをつなぐ水平なグリル、水平方向に伸びるボディデザインが特徴的です。内装は機能的でシック、上品な仕立てです。インパネは、レンジローバーモデル共通の特徴で上からエアコン、ナビ、操作ボタンと配置しています。驚くのは、エンジンスタートと連動してATのダイヤルスイッチが上昇、格納することです。ボタン類の操作には慣れが必要かもしれません。

レンジローバーイヴォーク

画像出典:flickr

走行性能

走破性で「レンジローバー・イヴォーク」

レンジローバーイヴォーク

画像出典:flickr

レクサス「NX」のターボモデル『NX200t』、「レンジローバー・イヴォーク2.0」とも新型の2.0L直憤ターボエンジンを搭載。両車とも最高出力、最大トルクともほとんど互角で力強い性能を誇ります。パワーでは同等ですがクロカンSUVを製造しているランドローバー社の設計なので、「どこへでも行ける」というPR通り、悪路走行の性能の高さが確保されています。

「レクサス NX 200t」

パワートレイン 直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボエンジン
排気量 1998cc
最高出力 175kW(238ps)/4800-5600rpm
最大トルク 35.7kgf(350Nm)/1650-4000rpm

「レンジローバー・ イヴォーク 2.0」

パワートレイン 直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボエンジン
排気量 1998cc
最高出力 177kW(240ps)/5500rpm
最大トルク 34.7kgf(340Nm)/1750rpm

燃費性能

燃費ではレクサス「NX」に軍配

燃費では、「レンジローバー・イヴォーク」が10.6km/L。対して、レクサス「NX」の中でも最もグレードの低い「NX200t」が12.4km/Lとなっています。また、「NX300h」グレードでは19.8km/Lまで引き出すことが可能であるため、燃費ではレクサス「NX」がリードしていることになります。

「レンジローバー・イヴォーク」 10.6km/L
レクサス「NX」 12.4km/L〜19.8km/L

安全性能比較

オンロードではレクサス「NX」、オフロードでは「レンジローバー・イヴォーク」

レクサス「NX」

レクサス「NX」ではプリクラッシュセーフティシステム (ミリ波レーダー方式)、レーンディパーチャーアラート、見えにくい並走車の存在を知らせるブラインドスポットモニター、レーダークルーズコントロール (全車速追従機能付)などがオプションで装備できます。

画像出典:youtube

対して「レンジローバー・イヴォーク」においてはパークアシスト、ブラインド・スポットモニター(後方死角車両検出)、アダプティブクルーズコントロール(ACC)、エマージェンシー・ブレーキ・アシスト(EBA)がオプション装備できます。オフロードに特化した装備であるオールテレイン・プログレス・コントロール(オフロードで一定の速度を維持するシステム)などが標準搭載されます。ウェイド・センシング(水深を通知するシステム)などはオプション装備となります。

画像出典:youtube

残念なのはレクサス「NX」でACCが全車搭載可能なのに対して「レンジローバー・イヴォーク」は上級モデルしか提供がなく、「SE/SE PLUS/HSE」では装着できない点です。このような点でオンロードではレクサス「NX」に歩があるといえるでしょう。しかしオフロードでの技術革新は「レンジローバー・イヴォーク」が充実しています。

販売価格比較

単純な新車価格比較ではレクサス「NX」

単純な新車販売価格比較ではレクサス「NX」がお得です。しかし「レンジローバー・イヴォーク」は比較的手の届く価格であるため、輸入車の中ではレクサス「NX」の最強のライバルとなっています。

【新車販売価格】

レクサス「NX」 4,280,000円〜5,820,000円
「レンジローバー・イヴォーク」 5,020,000円~9,050,000円

クチコミ情報

レクサス「NX」

そーいやちょっと前に車買いました(。・_・。)ゞ #レクサス#レクサスnx

hiroyuki.さん(@hiro134free)がシェアした投稿 –

#雷門#浅草 #レクサスnx #nx200t

Yasuhiroさん(@yasuhiro712)がシェアした投稿 –

「レンジローバー・イヴォーク」

イヴォークを試乗しに行きましたっ🎶高級感があって、いい車でした‼︎ #イヴォーク#試乗#高級感

Hidechika Taniguchiさん(@hid1976)がシェアした投稿 –

下部にフォグ追加 #レンジローバー #イヴォーク #rengerover #rengeroverevoque #evoque

RANGE ROVER & dog(犬)さん(@jun.duke)がシェアした投稿 –

2月9日の誕生日に納車。 自分にプレゼント🎁 これが人生最後?だと思う高級車(笑) #レンジローバー #イヴォーク #hamann

82ショベルFXS乗りです。さん(@takechanmandesu)がシェアした投稿 –

まとめ

総合評価:レクサス「NX」がオススメ

どちらを選ぶか迷ったときには、価格、日常での実用性など総合力でレクサス「NX」がオススメとなるでしょう。
ガソリン車の基本性能では「レンジローバー・イヴォーク」が一歩リードしている感があります。「レンジローバー・イヴォーク」は内外装デザインもとてもカッコいいので悩みどころです。この対決の勝敗は非常に難しいですね。なお、SUVとコンバーチブルの融合「レンジローバー・イヴォーク・コンバーチブル」がついに日本発売。ベース車のフルモデルチェンジも2018年に予定されているということで今後の動向にも注目です。

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする