スバル「レガシィ B4」がマイナーチェンジ!安全支援システム”アイサイト”も進化

 
スバルのフラッグシップモデル「レガシィ」。同社でも最も人気の高い一台が、内外装のデザインや安全支援システム「アイサイト」を強化してマイナーチェンジ!スバルのこだわりが凝縮された「レガシィ B4」の気になる最新情報をお届けします。

ニュース

「レガシィ B4」がマイナーチェンジ!「アイサイト」も進化

2017年9月5日

スバルの人気セダン「レガシィ B4」にマイナーチェンジを施し、10月5日から販売開始することをスバルが発表しました。

マイナーチェンジが敢行される「レガシィ B4」は、内外装のデザインを変更するだけでなく、運転支援システム「アイサイト」や走行性での強化が図られるとのこと。エクステリアでは、フロントグリルやバンパー、LEDハイ&ロービームランプ、フォグランプ等に新デザインを施し、よりシャープに見えるスタイリングを確立しています。インテリアでは、センターパネルに新デザインを施す他、インパネ部分にダブルステッチを加えたことで従来よりも落ち着いた空間が広がっています。また、後座席にはUSB電源及びオートドアロック機能が追加され、利便性も向上されています。

運転支援システム「アイサイト」で安全面が向上!

運転支援システム「アイサイト」では、ドライバーの死角となる後方の障害物をすぐに察知する後退時自動ブレーキシステムを新たに追加。、また、全車速域追従機能付きクルーズコントロールにおいては、車速域を0km/h~約120km/hに拡大。これにより、ドライバーの運転ストレスがより軽減されることが期待されます。その他、メーカーオプションとなる「アイサイトセイフティプラス」では、フロント&サイドビューモニター、アダプティブドライビングビーム、ステアリング連動ヘッドランプを装備することが可能。販売価格は、302万4000円〜324万円と設定されていますが、きになる方は一度試乗してみると良いかもしれません。なお、ボディーカラーは「ワイルドネスグリーンメタリック」と「クリムゾンレッドパール」が新たにラインナップに追加されています。

レガシィ B4

画像/記事出典:subaru

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする