4点式シートベルトは公道走行NG!車検に通らない理由など徹底解説

 
一見安全そうな4点式シートベルト。しかし実は公道走行NGということをご存知でしたか?一部では「公認さえ取ればOK」というウワサもあるようですが、なるべく避けた方が無難でしょう。今回は4点式シートベルトで公道走行できない理由や、車検に通らない理由など徹底解説します。

4点式シートベルトとは?

4点式シートベルト

画像出典:flickr

まずは4点式シートベルトについて確認しましょう。4点式シートベルトは別名「フルハーネスシートベルト」とも呼ばれ、レースなどに採用されているシートベルトです。

レースでは前後左右に大きく荷重がかかるため、3点式シートベルトでは運転制御が大きく乱れてしまいます。また安全性の面でも4点式シートベルトの方に軍配が上がります。しっかりと固定されるため、ハイスピードでコーナーを曲がった際も乱れることなく適切な運転操作が可能です。

以上の点を考えると、むしろ「3点式シートベルトよりも4点式シートベルトの方が安全で良いのでは?」と思う方もいるかもしれません。しかし4点式シートベルトは現在法律上認められておらず、車検には通りません。

4点式シートが公道で認められていない理由とは?

4点式シートベルト

画像出典:flickr

動作が制限される

まず4点式シートベルトはレース走行での使用が前提であるため、ドライバーをガッチリ押さえつける設計となっています。そのため、対向車や視界の悪い場所での走行や、狭い駐車場にバックで入れるなどの日常動作については対応していません。つまり私達が日常的に行う左右の目視確認や、バック駐車時の後方確認などの動作をとることは非常に困難。「固定されすぎているため、日常動作を行うことができない」ということが理由の一つとして挙げられます。

事故の際には逆に危険

4点式シートベルトは、事故の際に危険という点も理由の一つです。現在の3点式シートベルトは、ロードリミッター/プリテンショナーという構造が組み込まれているものが主流です。衝突時には車内で体が飛ばされないよう固定され、さらに反動で胸部と頚椎が損傷しないよう適度にシートベルトが緩み、エアバックで身体全体の衝撃を緩和するという仕組みです。

画像出典:youtube

しかし4点式シートベルトの場合は、しっかりと身体が固定されて緩むことができないためエアバックの機能が果たされません。そのため4点式シートベルトを使用する際には、ヘルメットを着用して頭や首などにサポーターを巻く必要があります。一見安全そうに見える4点式シートベルトですが、全体の構造や機能を組み合わせて考えると3点式シートベルトよりも大きな危険をはらんでいます。

4点式シートベルトは車検には通らない?

4点式シートベルト

画像出典:flickr

シートベルトは、道路運送車両法の保安基準に定められている需要部品です。4点式シートベルトは身体が固定され過ぎてしまうため、ほとんどの場合車検には通りません。そのため車検を行う際は、4点式シートベルトを外した状態にしておく必要があります。

4点式シートベルトで違反切符は切られる?

基本的に4点式シートベルトのみを装着している場合は、「法的に認められていないシートベルトをする=シートベルト未装着」とみなされて取り締まりの対象となります。確実に車検に通して違反切符も切られたくないという方は、面倒ではありますが「公道走行の際は3点式シートベルトを装着し、サーキット場など限られた場所でのみ4点式シートベルトを装着する」という方法がベターでしょう。

違反罰則

違反点数 1点
罰金 ゼロ

【気になるウワサ】4点式シートベルトは公認を取ればOK?

これまで説明したように、無断で4点式シートベルトに付け替えて使用することは避けるべきでしょう。ただし一部では「公認さえ取ることができれば、4点式シートベルトを装着した公道走行も合法」という気になるウワサもあるようです。そのような実例は現在確認できないため信憑性には欠ける説ですが、否定しきれないところもあります。

【豆知識】マレーシアでは2点式シートベルトが装着禁止

ちなみに、マレーシアでは2点式シートベルトの装備が全面的に禁止されています。「急ブレーキ・事故などで腹部に大きな圧力が掛かり、場合によっては内臓が損傷する危険性がある」ということが主な理由とのこと。2018年1月1日より、日本同様に3点式シートベルトの着用が義務付けられました。

4点式シートベルトに関するクチコミ情報

まとめ

4点式シートベルトは公道走行に支障をきたすだけでなく、事故時には3点式シートベルトよりも大きな危険をはらんでいるということが分かりました。またくれぐれもシートベルトをしないということがないよう、安全のために適切なシートベルトを装着しましょう。

関連記事

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする