違反レベルによって異なる”白・青・赤”切符の違いを徹底解説

 
交通違反をしてしまった際に渡される"違反切符"。この違反切符が「白・青・赤」と3種の色で分かれていることはご存知でしょうか?犯した違反の重さによって色が分けられています。今回はそんな違反切符の色の違いについて説明していきたいと思います。

交通違反の時の違反切符

Traffic Violation

画像出典:flickr.com

交通違反をした際に警察に捕まると違反切符が切られます。この違反切符には三種類あり、渡される紙の色で通称「白切符」「青切符」「赤切符」と呼ばれています。色によって違反内容や悪質度が異なります。違反内容が異なると処罰の内容も異なっていきます。

白切符

白切符は「告知票」と書かれている白い書類です。
あまり聞いたり見たりしたことのある方は少ないのではないでしょうか?白青赤の切符の中で最も刑罰が軽いものなので、あまり検挙されないのかもしれません。
違反点数1点が減点される切符です。別名「点数切符」とも呼ばれています。
違反点数のみの罰則なので、罰金や反則金を払う必要がありません。後日違反金の納付書が手渡されることはないので、お金のことは心配しなくても大丈夫です。

白切符の違反

・白切符を切られる時の違反には以下のようなものが挙げられます。
・チャイルドシート使用義務違反
・シートベルト装着義務違反
・ヘルメット装着義務違反
・路上駐車
・警察官現場指示違反
・警察官通行禁止制限違反

クチコミ情報

青切符

青切符は「交通反則告知書・免許証保管証」と書かれている青い書類です。反則金を支払いが必要なのが前述の白切符との大きな違いとなります。もちろん、違反点数は加算されます。また、一般的な交通違反で渡されるものとなるので、一番目にしたり聞いたりすることが多いものではないでしょうか?

点数・反則金が科せられる

この青切符を警察にきられてしまうと反則金の納付・違反点数が科せられます。警察から交付された納付書を持って金融機関などへ持って行き、反則金をきちんと期日までに納付すれば交通違反の処理は終了となります。しかし、期日までに反則金を納付しないと刑事手続に移行してしまいます。理由があって期日までに支払えない!と言う場合には警察に一回相談をしてみましょう。
また、違反点数の累積点がたまっていっている時に青切符を切られてしまい、免許停止や免許取り消しになってしまうこともあるので注意しましょう。

青切符の違反

青切符を切られる時の違反には以下のようなものがあります。
・30km未満のスピード違反
・信号無視
・通行禁止違反
・追い越し違反
・指定場所一時不停止違反
・放置駐車違反
・整備不良
・運転中携帯電話使用
・割り込み
・無灯火
・定員外乗車

この中でもよく「無灯火」などで青切符を切られてしまう方が多いのできちんとつけるようにしましょう。

クチコミ情報

赤切符

最後に赤切符です。正式名称は「道路交通違反事件迅速処理のための共用書式」と言われており、別名「交通切符」と呼ばれています。白青赤切符の中で一番刑罰が重いものとなっています。赤い紙に「告知票・免許証保管証」と描かれており、違反内容・違反日時・ドライバーの情報まで記載されています。
こちらは行政処分が科されるような重大な違反を犯した場合に交付されるもので、点数が6点以上の違反。すなわち免許停止や免許取り消しなどの処分になってしまいます。また、前科がつくことになってしまい、罰金刑で五年、禁固刑で十年は前科持ちということになります。

罰金刑になってしまう

こちらの違反切符を渡されてしまうと、罰金刑が科せられます。刑事裁判を受けることとなり、検察で取り調べが行われた後に、ほとんどの場合が簡易裁判所(交通裁判所)で略式裁判が開かれて刑罰が決定します。この場合には、法定審理ではなく、書類・証拠などの確認ののちに罰金の金額が決定されます。しかし、罰金なので当たり前のように高額なものになってしまい、10万円を超える場合が多いようです。また、どんなに無罪を主張してもほとんど無罪になることはないそうです。

裁判に応じなかったらどうなる?

gavel

画像出典:flickr.com

ではこの裁判に応じなかったらどうなるのでしょうか?
略式裁判が多いのですが、応じなかった場合には公判請求されてしまします。公判請求されると正式裁判が開かれてしまうので、懲役刑・禁固刑になる可能性があります。くれぐれも素直に応じるようにしましょう。

赤切符の違反

赤切符が切られてしまう可能性がある違反は以下の通りです。
・一般道に於ける30km以上のスピード違反
・高速道路における40km以上のスピード違反
・無免許運転
・飲酒運転

これらは重大だと判断されるため、くれぐれも犯さないように注意しましょう。ちなみに、車やバイクだけが赤切符の対象と思われがちですが、自転車の2人乗り運転や酒酔い運転も例外ではありません。近年では、交通量の多い車道にてスケートボードで走行することも同じように赤切符が切られますので覚えておくと良いでしょう。

クチコミ情報

まとめ

Getting ticketed

画像出典:flickr.com

今回は、白青赤の交通違反切符についてご紹介しました。近年では自転車にも赤切符を切られることもあります。特に赤切符を切られてしまうと今後の人生を左右するような状況に立たされるかもしれません。くれぐれも違反切符の切られるようなことがないよう、安全運転を心がけましょう。

交通違反に関連するまとめ記事

画像出典:flickr.com

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする