人気SUV!トヨタ「ハリアー」vs 日産「エクストレイル」買うならどっち?

 
SUVは世界的に人気のある車種で、パワフルな走りが魅力です。特にオフロードイメージが強いSUVですが、最近では都会向けモデルも登場しています。今回は国産SUVの中でも特に人気の高いトヨタ「ハリアー」と日産「エクストレイル」をピックアップ!走行性能や安全性能、デザインや販売価格などを徹底比較します。

トヨタ「ハリアー」とは?

トヨタ・ハリアー

画像出典:toyota

「ハリアー」は、1997年に「高級クロスオーバーSUV」というジャンルの先駆けとして販売されました。ミドルサイズのクロスオーバーSUVにあたります。アウトドアよりもオンロードが似合う都会的なイメージの一台です。またハイブリッドモデルは優秀な燃費性能を誇ります。2017年6月にマイナーチェンジを行うなど、高級感と利便性が向上されています。ちなみに、女性にモテるSUVとしてランキング上位に君臨しています。

「ハリアー」参考動画

画像出典:youtube

日産「エクストレイル」とは?

日産・エクストレイル

画像出典:nissan

「エクストレイル」は、2000年に「手ごろな価格で乗れる快適なSUV」というコンセプトのもとで販売されました。ミドルサイズのクロスオーバーSUVにあたります。本格的なオフロード走行を楽しむことができ、室内装備やドライブサポートシステムが充実している点が特徴的です。

「エクストレイル」参考動画

画像出典:youtube

参考グレード等

トヨタ「ハリアー」

参考グレード 2.0 エレガンス
車両型式 DBA-ZSU60W

日産「エクストレイル」

参考グレード 2.0 20S
車両型式 DBA-T32

室内装備は「エクストレイル」が充実

トヨタ「ハリアー」のボディサイズ

トヨタ ハリアー 

画像出典:toyota

「ハリアー」は室内スペースが十分確保されており、快適なドライブを楽しむことができます。特にシートアレンジが可能な点も嬉しいところ。リアシートを倒してフルフラットにすることができます。またケーブルレスで端末が充電できる「置くだけ充電」なども装備されており、実用性の高いモデルです。

全長×全幅×全高 4725mm×1835mm×1690mm

日産「エクストレイル」のボディサイズ

日産 エクストレイル

画像出典:nissan

「エクストレイル」は3列シートモデルが設定されており、大人数でのドライブを楽しむことができます。そしてアウトドアを快適に楽しむための様々な工夫が施されている点も特徴的。汚れ・傷の付きにくい防水仕様ラゲッジボードや防水シート、保温・保冷機能付きカップホルダー等を装備しており、機能性の高さは抜群です。アウトドアにはピッタリの一台と言えるでしょう。

全長×全幅×全高 4690mm×1820mm×1740mm

室内展開については「ハリアー」は都市向け、「エクストレイル」はアウトドア向けという特徴の違いがみられます。そのため比較は難しいところですが、装備の充実度については「エクストレイル」に軍配があがります。

走行性能は「エクストレイル」がやや優勢

日産 エクストレイル

画像出典:nissan

トヨタ「ハリアー」のスペック

種類 2.0L直列4気筒DOHC
総排気量 1986cc
燃費(JC08モード) 16.0km/L
最高出力 151ps
最大トルク/回転数 193Nm(19.7kgm)/3800rpm

日産「エクストレイル」のスペック

種類 直列4気筒DOHC
総排気量 1997cc
燃費(JC08ード) 16.4km/L
最高出力 147ps
最大トルク/回転数 207nm(21.1kgm)/4400rpm

燃費性能や走行性能については「エクストレイル」がやや優勢ですが、大きな違いはほとんどありません。ともにクロスオーバーSUVとしては優秀な性能値です。またハイブリッドモデルも展開されており、加速性や静粛性は最高クラスの作りです。

安全性能は互角

トヨタ「ハリアー」の安全性能

トヨタ・ハリアー

画像出典:toyota

「ハリアー」には、衝突回避支援パッケージ「トヨタ セーフティ センスP」が装備されています。自動ブレーキ機能やペダル踏み間違い防止機能、障害物検知機能や車間距離維持機能など、一通りの機能が揃っています。またエアバッグにはSRS製が採用。複数箇所に配置され、万が一の際の乗員保護についても考えられています。

日産「エクストレイル」の安全性能

日産・エクストレイル

画像出典:nissan

「エクストレイル」には、自動運転技術「プロパイロット」が搭載されています。「ハリアー」同様に自動ブレーキ機能やペダル踏み間違い防止機能などが装備されており、機能面は充実しています。また駐車アシスト機能や進入禁止標識検知機能なども搭載。特に運転に慣れていない方には嬉しい作りとなっています。

高級感を求めるなら「ハリアー」

トヨタ「ハリアー」のデザイン

「ハリアー」は高級感あふれるシックなデザインです。エクステリアは水平基調スタイルを受け継ぎつつも、フロントバンパーコーナーを後方に引くことで立体的な力強さとシャープさも感じさせます。またインテリアについても、落ち着いたカラーリングや質感の良さが際立つ作りとなっています。

トヨタ・ハリアー

画像出典:toyota

日産「エクストレイル」のデザイン

「エクストレイル」はゴツゴツとした男性的な力強さをイメージさせるデザインです。エクステリアは無骨な表情のフロントマスクが印象的。またインテリアについてはインストルメントパネルやシート素材などに拘った、先進的かつ高級感も感じさせる作りとなっています。

日産・エクストレイル

画像出典:nissan

ともに魅力的なデザインですが、日常使いとしては上品かつオシャレな「ハリアー」がおすすめです。「エクストレイル」も高級感を感じさせる作りではありますが、日常使いというよりはレジャー使い向きのデザインと言えるのではないでしょうか。

販売価格は「エクストレイル」が安め

トヨタ「ハリアー」の販売価格

車両販売価格(税込み) 2,949,480円〜
出典:carsensor

日産「エクストレイル」の販売価格

車両販売価格(税込み) 2,197,800円〜
出典:carsensor

販売価格は「エクストレイル」に軍配があがります。「ハリアー」は高級感を求めたデザインということもあり、販売価格については80万円ほど高く設定されています。しかし両モデルともにリセールバリューは高いため、売却時に大きく損をするようなことはないでしょう。

口コミ情報

トヨタ「ハリアー」の口コミ情報

日産「エクストレイル」の口コミ情報

本日納車。 音響がすごくいい。 これで冬はボード行き放題だ。 #エクストレイル

Yuma Yagawaさん(@yumaygw)がシェアした投稿 –

【まとめ】都会的な「ハリアー」とアウトドアな「エクストレイル」

両モデルを比較すると、ターゲット層やブランディング等に大きな違いがあることが分かります。「ハリアー」は洗練された都会的な走りに向いた車、「エクストレイル」はアウトドアでのスポーツ的な走りに向いた車と言えるでしょう。ぜひ一度実際に乗り比べて、両モデルの違いを体感してみてはいかがでしょうか?

関連記事

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする