日産「ノート e-POWER」 VSトヨタ「アクア」どちらを買うべき?人気コンパクトカーを徹底比較!

 
日産「ノート e-power」とトヨタ「アクア」は、燃費の良さが魅力的なコンパクトカーの代表的モデルです。実際のところ、どちらを購入しようか悩んでいる方も多いことでしょう。そんな、日産「ノート e-power」とトヨタ「アクア」をスペックや価格などから徹底比較します!

日産「ノート e-power」とトヨタ「アクア」の特徴と人気は?

どちらもハイブリッドカーとして最先端の技術が盛り込まれており、それぞれメーカーを代表するモデルです。2017年の1月~12月の新車販売台数を比較すると、日産「ノート」は138,905台(ガソリン車も含む)で年間販売台数第2位、トヨタ「アクア」は131,615台で第3位という結果でした。ちなみに第1位はトヨタ「プリウス」で、やはりハイブリットに定評のあるトヨタが圧倒的な人気を誇っています。そして、2018年1月から3月までの販売台数は、日産「ノート」が45,569台に対してトヨタ「アクア」が34,686台と既に1万台以上の差が出てしまっています。若干「ノート」の方が人気面では上回っています。

日産「ノート e-power」の特徴

日産「ノート」の現行2代目がデビューしたのは2012年、その後2016年11月のマイナーチェンジ時に追加されたのが、国産市販車初の「シリーズ・ハイブリッド方式」を採用する「ノート e-power」です。

今まで発売されていた「THS(トヨタ式ハイブリッド)」に代表される「スプリット方式」や、ホンダの「IMA」と呼ばれている「パラレル方式」とは異なる第三のハイブリッド方式として話題を呼びました。最も大きな違いとしては「駆動力が100%モーターによる」部分であり、ガソリンエンジンは「発電専用」になるシステムを構築しています。

日産 ノート e-POWER 01

画像出典:NISSAN

トヨタ「アクア」の特徴

世界最先端となるトヨタ独自のハイブリッド技術をコンパクトカーに取り入れ、鳴り物入りで「アクア」がデビューしたのは2011年のことでした。それまでの「ハイブリッドは高い」というイメージを覆すために手頃な価格に設定し、期待を裏切らない燃費性能を構築したことで顧客から高い評価を得ました。

コンパクトカーとしては必要充分な車内空間を保ちつつも、空力を意識した車体はプリウスと同じ流れを汲み、スポーティな走りを可能としました。

トヨタ アクア 01

画像出典:TOYOTA

参考グレード等

日産「ノート e-power」

参考グレード e-POWER S
車両型式 DAA-HE12

トヨタ「アクア」

参考グレード G
車両型式 DAA-NHP10

ボリューム感は「ノート e-power」

わずかではあるものの「ノート e-power」が居住性の面で優れています。「アクア」は、燃費を追求した空力的に優れたデザインですが、そのぶん車内がかなり窮屈に感じることがあります。

日産「ノート e-power」のボディサイズ

全長×全幅×全高 4,100mm×1,695mm×1,520mm
室内長×室内幅×室内高 2,065mm×1,390mm×1,255mm

ノート 車内スペース 比較

画像出典:nissan

トヨタ「アクア」のボディサイズ

全長×全幅×全高 4,050mm×1,695mm×1,455mm
室内長×室内幅×室内高 2,015mm×1,395mm×1,175mm

アクア 車内スペース 比較

画像出典:toyota

燃費性能はどちらもハイクラス

ともに優秀な燃費性能です。数字のみで見ると「ノート e-power」の方が一歩リードしていますが、実燃費としては「アクア」の方が上回っているという声もあり、厳密に比較するのは難しいところです。カタログ表記と実燃費には数値から乖離がある場合も少なくないようです。

日産「ノート e-power」の燃費性能

燃費(JC08モード) 37.2km/L

トヨタ「アクア」の燃費性能

燃費(JC08モード) 34.4km/L

走行性能面では「アクア」が若干優位

トヨタ・アクア

画像出典:toyota

「ノート e-power」については、エンジンは「ノート」と、モーターは「リーフ」と同じモデルが使われており、トルクが高いので加速においては、かなり力強くなっています。一方の「アクア」は、ボディ重量が「ノートe-POWER」より100kgほど軽量であるため、走り出しがスムーズになっており加速性能に優れています。モーターとエンジンによって駆動されるため制御関係が複雑なところですが、走行性能面だけを見ると「アクア」が優位と考えても良いでしょう。

日産「ノート e-power」の走行性能

種類 直列3気筒DOHC
総排気量 1198cc
最高出力 79ps
109PS※モーター
最大トルク/回転数 103Nm(10.5kgm)/5200rpm
254N・m(25.9kgf・m)/0-3008rpm※モーター
車両重量 1,190kg

トヨタ「アクア」の走行性能

種類 直列4気筒DOHC
総排気量 1496cc
最高出力 74ps
61ps※モーター
最大トルク/回転数 111Nm(11.3kgm)/4400rpm
169Nm(17.2kgfm)※モーター
車両重量 1,090kg

安全性能では「ノート e-power」がおすすめ

走行性や内外装のデザインの他に、気になるのは安全性能。「ノート e-power」は、ほぼ全グレードに単眼カメラによる緊急自動ブレーキを装備しています(ブレーキ作動速度:対車両が時速80km、対歩行者時速60km)。一方、「アクア」は上位グレードのみに自動ブレーキを装備していますが、歩行者を検知することが出来ません(ブレーキ作動速度:対車両は時速80km)。そのため、安全面を考慮するならば、車両だけでなく歩行者にも対応可能な「ノート e-power」がおすすめと言えるでしょう。

日産「ノート e-power」

出典:youtube

トヨタ「アクア」

出典:youtube

価格差はほとんど無し

「ノート e-power」の方が若干安値ではありますが、実際購入する際にはオプション搭載の有無なども関係してくるため、価格差はほとんど無いと考えて良いでしょう。ただし、残価設定プランにしてしまうと「ノート」の場合4.9%、「アクア」の場合5.8%のそれぞれ金利がかかってくるので価格に差が出てしまうので注意が必要です。

日産「ノート e-power」の販売価格

車両販売価格(税込み) 1,901,880円
出典:carsensor

トヨタ「アクア」の販売価格

車両販売価格(税込み) 2,062,800円〜
出典:carsensor

クチコミ情報

日産「ノート e-power」のクチコミ

トヨタ「アクア」のクチコミ

まとめ

日産とトヨタのコンパクトカー比較をしてきましたが、いかがでしたでしょうか。姿形は近くても、それぞれの思想の違いがこの2台を作り出したと言っても過言ではないと思います。違うスタート地点から違うアプローチで目的を果たそうという姿勢が見える両社ですが、今後もハイブリッドカー市場に大きな影響を与え続けるモデルになることは間違いないでしょう。そして、ハイブリッドも大事だけど、見た目もカッコよくしたいという方には、日産「ノート e-POWER NISMO」、トヨタ「アクア G “GR SPORT”」というグレードもあります。ぜひチェックしてみてください。

日産「ノートe-power」他モデルとの比較はコチラ!

トヨタ「アクア」他モデルとの比較はコチラ!

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする