トヨタ「ランドクルーザー プラド」VS ジープ「ラングラー」人気SUV買うならどっち?

 
現在は世界的なSUVブームが到来しており、日本でも多くのメーカーから新型SUVが続々登場しています。今回はSUVの定番モデルであるトヨタ「ランドクルーザー プラド」とジープ「ラングラー」をピックアップ!走行性能や安全性能、デザインや販売価格など徹底比較していきます。

両モデル紹介

トヨタ「ランドクルーザー プラド」とは?

ランドクルーザープラド

画像出典:toyota.jp

トヨタが誇るSUV「ランドクルーザー200」の弟分的ポジションが、この「ランドクルーザー プラド」です。ボディサイズは「ランドクルーザー200」より一回り小さいものの、十分大型サイズのモデルです。また走行状況に応じて最適な走りをサポートする「AVS」や「リヤ電子制御エアサスペンション」など、数々の最新技術が盛り込まれている点も魅力的です。ちなみに、マイカー燃費管理サービス「e燃費(イーネンピ)」による『e燃費アワード2017-2018』では、見事カタログ燃費達成率部門1位を獲得しています。

トヨタ「ランドクルーザー プラド」を動画で確認

画像出典:youtube

ジープ「ラングラー」とは?

ジープ ラングラー

画像出典:jeep-japan.com

1941年に軍用4輪駆動車として誕生した「ウィリスMB」をルーツとし、70年以上にわたって進化し続けている「ラングラー」。第二次世界大戦で活躍した車両をルーツとしているだけあり、ボディ剛性や耐久性は最上級です。そして、このシンプルで質実剛健な造りに魅了された熱狂的なファンがいることでも有名です。また2018年1月には、専用パーツでカスタマイズが施された「アンリミテッド アルティテュード」が登場しています。

ジープ「ラングラー」を動画で確認

画像出典:youtube

参考グレード等

トヨタ「ランドクルーザー プラド」

参考グレード 2.7 TX 4WD
車両型式 CBA-TRJ150W

ジープ「ラングラー」

参考グレード サハラ 4WD
車両型式 ABA-JK36S

使い勝手は「ランドクルーザー プラド」に軍配

ランドクルーザープラド

画像出典:toyota

トヨタ「ランドクルーザー プラド」のボディサイズ

全長×全幅×全高 4.83m×1.89m×1.85m

ジープ「ラングラー」のボディサイズ

全長×全幅×全高 4.19m×1.88m×1.85m

ボディサイズに大きな差はありません。しかしどちらも3ナンバーサイズを超える大型車両であるため、気になる点は取り回しやすさです。「ラングラー」の最小回転半径は6.0~7.1mですが「ランドクルーザー プラド」は5.8mと、「ランドクルーザー プラド」が大きくリードしています。「ランドクルーザー プラド」の方が日本の道路事情にマッチした一台と言えるでしょう。

走行性能は「ランドクルーザー プラド」がリード

トヨタ「ランドクルーザー プラド」の走行性能

種類 直列4気筒DOHC
総排気量 2693cc
燃費(JC08モード) 9km/L
最高出力 163ps
最大トルク/回転数 246nm(25.1kgm)/3900rpm

ジープ「ラングラー」の走行性能

種類 V型6気筒DOHC
総排気量 3604cc
燃費(JC08モード) 7.9km/L
最高出力 284ps
最大トルク/回転数 347nm(35.4kgm)/4300rpm

最高出力は「ラングラー」が圧倒的に高いものの、街中走行で重要となる点は燃費性能です。「ラングラー」の搭載エンジンは排気量・気筒数が多く高出力・高トルクであるため、日本の道路では使い切れないとも言えるかもしれません。実用性の高さという点では、「ランドクルーザー プラド」が1歩リードしています。

安全性能は「ランドクルーザー プラド」が充実

トヨタ「ランドクルーザー プラド」の安全性能

画像出典:youtube

「ランドクルーザー プラド」には衝突回避パッケージ「Toyota Safety Sense P」が搭載。自動ブレーキ機能や自動ハイビーム機能、さらに車線逸脱警報機能や車間距離維持機能などが揃っており、非常に充実した機能面といえるでしょう。

ジープ「ラングラー」の安全性能

画像出典:youtube

「ラングラー」にはブレーキアシスト機能が搭載。車体が横揺れした際には自動でブレーキ制御され、事故を防ぎます。そしてサイドビューカメラも搭載されており、死角がカバーされている点も特徴的です。

両モデルを比較すると、「ランドクルーザー プラド」の方が機能面が充実していると言って良いでしょう。安全性能に優れた一台が欲しいという方には「ランドクルーザー プラド」がおすすめです。

デザインは「ラングラー」が人気

トヨタ「ランドクルーザー プラド」のデザイン

トヨタ・ランドクルーザープラド

画像出典:toyota

ジープ「ラングラー」のデザイン

ジープ・ラングラー

画像出典:jeep-japan

「ランドクルーザー プラド」は、エクステリア・インテリアともに高級感の漂う作りとなっています。特にインテリアについては本革シートや木目調パネルが採用される等、高級セダン顔負けの室内空間が展開されています。

一方の「ラングラー」は、操作性を最優先に置いたインテリアが特徴的です。使いやすく配置されたスイッチ類や取り外し可能なカーペット、排水栓の設置など、実用性の高さはハイクラスモデルにも劣りません。エクステリアは男らしい個性的なデザインで、一部の熱狂的信者もいるほど高い人気を誇ります。

ユーザーそれぞれで用途は違うものの、実用性の高さや支持層の厚さという点で「ラングラー」に軍配が上がります。

販売価格は「ランドクルーザー プラド」がリード

トヨタ「ランドクルーザー プラド」の販売価格

車両販売価格(税込み) 3,538,000円
出典:carsensor

ジープ「ラングラー」の販売価格

車両販売価格(税込み) 3,964,000円
出典:carsensor

販売価格は「ランドクルーザー プラド」が大きくリードしています。しかし「ラングラー」は価格帯ごとに幅広くモデル展開されており、予算に余裕があれば使用目的にピッタリ合った一台を選ぶことができます。費用を極力抑えたい方は「ランドクルーザー プラド」、用途に合った一台を求めている方は「ラングラー」がおすすめです。

口コミ情報

トヨタ「ランドクルーザー プラド」の口コミ

ジープ「ラングラー」の口コミ

丸目好き! #jeep #ジープのある生活 #クラウンバン #バン好き #ラングラー

Kn0425さん(@k_n0425)がシェアした投稿 –

ついにッ❗️ついにッッ❗️ 函館店に次いで‼️ SPIRE AUTOラングラー専門店オープンしました(ウソ) カラバリ豊富だぜ〜 奇抜でマッチョなレッド ワイルドなマッドブラック☠️ セレブなパールホワイト⛄️ どれもカッコイイーー✨ どーれーに しーよーおー かーなー 乗るならあなたはどのスタイル⁉️‍♂️ ちなみに、僕はマッドブラック #スパイアオート #ラングラー専門店 #札幌 #中古車 #手稲 #カッコいい #オシャレ #ワイルド #ラングラー #ジープ #リフトアップ #マッドテレーン #カラバリ #定番スタイル #カスタム #無骨 #最強のモテ車 #インスタ割

スパイアオートさん(@spire_auto)がシェアした投稿 –

まとめ

両モデルを比較すると、総合的には「ランドクルーザー プラド」が優れているようにみえます。しかし実際のところ評価は大きく分かれそうです。また、車に求められる要素として忘れてはいけない点が「楽しさやワクワク感」です。「ラングラー」は新要素を取り入れつつも、根本のスタイリングは変えずに多くの根強いファンを獲得しています。性能値だけで判断せずに実際に乗り比べて、両モデルの良さを体感してはいかがでしょうか。

関連記事

買取より高く売りたいなら個人売買

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする