自動車ローンの審査基準とは?なぜ落ちる?

 
車を購入する際には、自動車ローンを組む方がほとんどでしょう。しかし、自動車ローンを申請しても審査に落ちる場合があります。今回は自動車ローンを申請した際に落ちる人がなぜ出てしまうのか、審査内容について解説していきます。

自動車ローン

自動車ローン

画像出典:wesayyesprogram

車を購入する際、現金で一括購入できれば手続きの手間も無く良いのですが、数十万円から数百万円とかなりの出費になるため、多くの方が自動車ローンを申し込んでいることでしょう。しかし、中には自動車ローンを申請したのに審査に通らない、と嘆いている方もいるのではないでしょうか。

誰でも自動車ローンは組めるの?組める条件とは?

自動車ローン

画像出典:personal.natwest

そもそも自動車ローンというのは誰でも組めるものなのでしょうか?実は、誰でも組めるわけではありません。借り入れる分のお金を問題なく返済できるかどうか、というのが重要なポイントになります。では、それはどのような基準で判断されるのでしょうか?

年齢制限

まず自動車ローンを組む際には、年齢制限があります。具体的には、年齢が20歳以上で返済完了時の年齢が70歳以下であることが条件の場合がほとんどです。毎月安定した収入があるか、という点が条件としてあるため、安定して仕事に就ける年齢という設定での制限がされています。

収入制限

「毎月安定した収入がある」とはいえ、組む自動車ローンが年収の40%を超えていると、審査に通らない可能性があります。例えば60万円の安い車を購入する際にフルローンで購入すると、年収は150万円以上なければいけない、ということになります。

他での借り入れなど

また、収入以外にキャッシングなどの借り入れがある場合には、借り入れ総額が年収の50%以下であることも挙げられます。他にも返済額が年間で年収の40%以下である点も挙げられます。借り入れを行っている方は、この点で自動車ローンが組めないということもあるようです。

雇用形態の制限

またパートやフリーターなどの雇用形態の場合には、自動車ローンが組めないこともあります。ただし、場合によってはパートやフリーターでも勤務先の規模によって審査基準をクリアすることもあります。勤務先については上から順番に、公務員・大企業、中小企業、自営業・派遣という形になっています。職種によって自動車ローンが通らないということは少ないため、職種についての心配はありません。

勤続年数も重要

また、自動車ローン審査には勤続年数も関わってきます。勤続年数が1年未満の方は、ローンを組むのが難しい傾向にあります。ローンによっては3年以上勤続年数がないと組めない場合もあります。

居住年数も関係することも

場合によっては、居住地や居住年数も関係してきます。自分名義の持ち家の方が貸し家よりも有利だったり、居住年数が何年以上と設定されている自動車ローンもあります。また、勤務先の所在地や住所が一定範囲内に制限されることもあります。

それでも審査に通らない場合は?

上記の条件をクリアすれば絶対に自動車ローンの審査を通過できるかというと、必ずしもそうとは言い切れません。条件をクリアしていても審査に通らない、ということもあります。ではそのような場合は、なぜ審査に通らないのでしょうか?

携帯電話などの滞納に注意!

過去に借り入れで滞納履歴がある場合には、審査に響いてしまいます。主に見落とされがちなものとして、携帯電話や公共料金の滞納です。また、自分は滞納したことがなくても、旦那や妻に携帯電話料金の滞納があったために審査に通らなかった、という例もあるようです。

連帯保証人になってるとダメかも!

また、すでに別の家族や親族の連帯保証人になっているために、借り入れ限度額を超えてしまってローン契約ができないという場合もあります。
特に自動車以外の、住宅ローンや高額医療ローンの保証人も該当してしまうため、気をつけましょう。

ローン以外の方法

自動車ローン

画像出典:today

もし審査に通らなければ、車の購入を諦めなければいけないのでしょうか?実は、まだ方法はあります!まずは、収入の多い保証人を立てて自動車ローンを契約しましょう。また、他にもクレジットカードで購入する方法や、マイカーローン以外で借り入れできそうなローンを銀行に問い合わせると、探してきてくれる場合があります。また、金融機関から借り入れるという方法もあります。
どうしても車が必要な場合には、考えてみても良いかもしれません。

自動車ローンに関するクチコミ情報

まとめ

自動車ローン

画像出典:suzuki-yao

自動車ローンは、誰でも審査に通って契約ができるというものではなく、きちんと審査基準が設けられています。自動車ローンに通らなかったからといって、金融機関から借り入れる場合には、一度将来のマネープランを考えて、無理のない範囲で借り入れるのが鉄則です。自動車購入時には注意をしましょう。

お金に関連するまとめ記事

Amazonギフト券3000円プレゼント

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする
売買成立30000円プレゼント