“徐行”の定義と”徐行運転”しなければならない場所・罰則を徹底解説

 
"徐行運転"をしなければいけない場所と罰則を徹底解説!徐行の定義や徐行運転をする場所など、細かな定義は教習所で習ったものの、きちんと覚えていない方もいるはずです。 今回はそんな徐行の定義や徐行運転をしなければならない場所、罰則をご紹介します。

徐行運転とは?

海外の徐行表示

画像出典:blog.unhaggle.com

教習所で習う事が大半ですが、教習所で習ったことは忘れてしまう方は少なくありません。それゆえに明確に徐行の定義をおさらいしましょう。
道路交通法第2条には下記の通りに定義されています。

二十  徐行 車両等が直ちに停止することができるような速度で進行することをいう。

法律では具体的な速度が書かれていません。これでは曖昧でどの程度の速度で進行すればいいのかわからないですよね。直ちに停止する事ができる速度、となるのでその条件にあう速度を厳守する必要があります。危険を察知してからブレーキペダルに足を動かしペダルを踏むという行為がある以上にすぐに止まらなければならない状況でもすぐにとまる事ができる車はあまりないと思います。

具体的な速度は?

ブレーキ装置を操作してから停止するまでの距離が1m以内ということで、おおむね速度は時速10km以下であるとされるパターンが多いようです。
しかし、濡れた路面での停止と乾いた路面での停止ではかかる時間が変わります。基本的に進行速度はおむね時速10km以下だが、状況により臨機応変に変えるべき、ということになります。

何はともあれ、歩行者や他の自動車との事故を避けるために徐行をすることを考えると、徐行運転しなくてはならない場所にさしかかったらスピードは下げるように心がけましょう。

徐行運転が義務付けられてる場所

徐行標識

画像出典:freesozai.jp

それでは徐行運転しなければいけない場所は決められているのでしょうか?
道路交通法には以下のようにあります。

第42条(徐行すべき場所)
1 車両等は、道路標識等により徐行すべきことが指定されている道路の部分を通行する場合及び次に掲げるその他の場合においては、徐行しなければならない。
  (1) 左右の見とおしがきかない交差点に入ろうとし、又は交差点内で左右の見とおしがきかない部分を通行しようとするとき。(当該交差点において交通整理が行なわれている場合及び優先道路を通行している場合を除く)
  
(2) 道路のまがりかど附近、上り坂の頂上附近又は勾配の急な下り坂を通行するとき。



『徐行』の道路標識がある場所や左右の見通しがきかない交差点、道路の曲がり角付近などでは徐行運転しなくてはならないということですね。
また、他にも坂の頂上付近や急な下り坂などは徐行しないといけないようです。普通に運転していて危険を感じるような場所では徐行運転をするべきだ、ということですね。

徐行運転したほうがいい場所

スクール標識

画像出典:commons.wikimedia.org

また、これらの徐行が義務付けられていない場所でも、住宅街や自宅以外の駐車場など慣れない場所、幼稚園や学校の周辺で人がいきなり飛び出してくる可能性がある場所では徐行運転を行ったほうがベターです。
他にも歩行者との間に安全な間隔を保てない場所、高齢者の方や体が不自由な方が歩行している時にも安全を配慮して徐行運転を行うようにしましょう。

徐行運転義務違反

取り締まり

この徐行運転をしなくてはならない場所で徐行運転を怠るとどうなるのでしょうか?徐行義務が義務付けられている場所で徐行しなかった場合には違反となってしまい、罰則を受けることになってしまいます。
徐行義務違反には四つの罰則があります。

徐行場所違反

徐行しなければならない場所で徐行しなかった場合に徐行場所違反として取り締まりを受けてしまいます。
反則金は普通自動車で7000円となり、違反点数は2点つけられてしまいます。

安全地帯徐行違反

安全地帯に人がいるのにもかかわらず、徐行運転をしなかった場合には安全地帯徐行違反として取り締まりを受けてしまいます。
反則金は普通車で7000円、違反点数は2点つけられてしまいます。

歩行者用道路徐行違反

歩行者専用道路を通行する時に徐行しなかった場合には歩行者用道路徐行違反で取り締まりを受けてしまいます。
反則金は普通自動車で7000円、大型車で9000円となり、違反点数は通常は2点、酒気帯びが認められた場合には0.25mg/l以上で25点、それ以下だと14点つけられてしまいます。
しかし、警察署長の許可を受けた車両は違反とならない場合もあるので、例外があります。

泥はね運転違反

泥はね

ぬかるみ、水たまりなどがある場所で故意に徐行せずに通過してしまい、泥などが巻き上げられた際に歩行者に迷惑をかけてしまうと、泥はね運転違反で取り締まりを受けてしまいます。
反則金は普通車で6000円、大型車で7000円となります。

クチコミ情報

ネット上では、徐行すべき場所で徐行をしない車を見かけることが多くあるようです。

まとめ

徐行運転と言っても曖昧な部分が多いと思われますが、実際に徐行運転を怠ると罰則が発生してしまいます。
車と歩道との感覚が狭い場所や安全地帯に歩行者がいたり、幼稚園や小学校など非常に飛び出しが多い場所では徐行運転を心がけて運転するようにしましょう。

関連記事

Amazonギフト券3000円プレゼント

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする
売買成立30000円プレゼント