徐行運転をしなければいけない場所って?徐行運転の定義と罰則まとめ

 
徐行運転の定義について皆さん覚えていますか?徐行運転は教習所で誰もが学ぶ必須項目ですが、忘れてしまっている方も多いことでしょう。徐行運転を忘れると事故やトラブルの原因になります。今回は徐行運転の定義や罰則、徐行運転しなければならない場所などをご紹介していきます。無意識にしてる泥はね運転...罰則がかなり厳しいです。

徐行運転は誰もが習う必須項目

徐行標識

画像出典:freesozai.jp

徐行運転の定義について皆さん覚えていますか?徐行運転は教習所で誰もが学ぶ必須項目ですが、忘れてしまっている方も多いことでしょう。徐行運転を忘れると事故やトラブルの原因になります。今回は徐行運転の定義や罰則、徐行運転しなければならない場所などを解説!

徐行運転の定義

二十  徐行 車両等が直ちに停止することができるような速度で進行することをいう。

出典:e-gov

徐行運転の定義は道路交通法にて上の通りに定められています。しかし具体的な徐行速度までは定められていないため、「直ちに停止することができるような速度」という条件に合ったスピードで運転する必要があります。

徐行運転の速度は何km?

基本的に徐行運転の速度は10km以下とされるパターンが多いようです。しかし10km以下であれば良いというわけではなく、「ブレーキ操作から停止までおよそ1m以内の速度」という条件も満たしている必要があります。特に路面が濡れている場合は停止まで時間がかかるため、路面状況によって臨機応変に対応する必要があります。

徐行運転しなければならない場所

海外の徐行表示

画像出典:freesozai

第42条(徐行すべき場所)
1 車両等は、道路標識等により徐行すべきことが指定されている道路の部分を通行する場合及び次に掲げるその他の場合においては、徐行しなければならない。
  (1) 左右の見とおしがきかない交差点に入ろうとし、又は交差点内で左右の見とおしがきかない部分を通行しようとするとき。(当該交差点において交通整理が行なわれている場合及び優先道路を通行している場合を除く)
  (2) 道路のまがりかど附近、上り坂の頂上附近又は勾配の急な下り坂を通行するとき。

出典:e-gov

徐行運転しなければならない場所については、道路交通法にて上のように定められています。徐行の道路標識がある場所や左右の見通しがきかない交差点、道路の曲がり角付近などでは徐行運転しなければいけません。また、坂の頂上付近や急な下り坂などでも徐行運転する必要があります。つまり、運転時に危険を感じるような場所では徐行運転するべきということですね。

徐行運転した方が良い場所

法律によって義務付けられてはいませんが、徐行運転した方が良い場所もあります。特に住宅街や駐車場、学校周辺などは人がいきなり飛び出してくる可能性があるため、徐行運転した方が良いでしょう。また歩行者との間隔を安全に保つことが困難な場所や、体が不自由な方が歩行している場合なども徐行運転した方が安全です。

安全地帯は状況によって変化する

路面電車の乗降用に設置されている安全地帯ですが、これについては歩行者の有無によって徐行運転の必要性が変わります。歩行者がいる場合には徐行運転する必要がありますが、歩行者がいない場合には徐行運転する必要はありません。

徐行運転を怠った際の罰則

取り締まり

徐行運転しなければならない場所で徐行運転を怠ると「徐行義務違反」となり、罰則が課せられます。徐行義務違反には四つの罰則が設けられています。

徐行場所違反

徐行運転しなければならない場所で徐行運転を怠った場合には、徐行場所違反として取り締まりを受けます。反則金は普通自動車で7000円、違反点数は2点です。

安全地帯徐行違反

安全地帯に人がいるにもかかわらず徐行運転しなかった場合には、安全地帯徐行違反として取り締まりを受けます。反則金は普通自動車で7000円、違反点数は2点です。

歩行者用道路徐行違反

歩行者専用道路を通行する際に徐行運転しなかった場合には、歩行者用道路徐行違反として取り締まりを受けます。反則金は普通自動車で7000円、大型車で9000円。違反点数は2点です。しかし警察署長の許可を受けた車両は違反にならない場合もある等、例外もあるようです。

泥はね運転違反

ぬかるみや水たまりがある場所で徐行運転せずに歩行者に迷惑をかけてしまうと、泥はね運転違反として取り締まりを受けます。反則金は普通車で6000円、大型車で7000円です。

徐行運転についての口コミ

ネット上では”泥はね運転”に関する意見が多数寄せられています。ドライバーの方は、常に歩行者の気持ちになって運転するようにしましょう。

まとめ

徐行運転については定義自体が曖昧な箇所もありますが、実際に徐行運転を怠ると罰則が発生します。特に車と歩行者との間隔が狭い場所や学校周辺などを走行する際には、徐行運転するよう心がけましょう。

関連記事

買取より高く売りたいなら個人売買

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする