ヒールやサンダルで車を運転してはいけないって知ってた!?最悪の場合罰金になることも

 
車を運転するときはどのような靴を履いていますか?女性の中にはヒールを履いて運転している人もいるかもしれませんが、車を運転する際は履いてはいけないことをご存知ですか? 今回は車を運転する際に履いてはいけない靴で運転したらどうなるのかをご紹介します。

サンダルやヒールでの運転はNG

ヒール

画像出典:www.metronews.ca

車を運転するときの靴はほとんどの方が革靴やスニーカーなどの安定して歩ける靴だと思います。しかし、少し買い物に行くときにサンダルで運転してしまうことがあるかもしれません。また、仕事やお出かけの際に高いヒールの靴や厚底のブーツなどを履く女性も多いのではないでしょうか?実は、それらの靴を履いて運転してしまうと違反になってしまうことはご存知でしょうか?
道路交通法では以下の様に定義がなさています。

(安全運転の義務)
第七〇条 車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない。

(罰則 第百十九条第一項第九号、同条第二項)

出典:www.houko.com

明確にサンダルやヒールは禁止と書かれていないじゃないか、と思う方もいるかもしれません。
しかし各都道府県で細かく取り決められている規則では禁止となっている場合が多数となっています。

(運転者の遵守事項)
第8条 法第71条第6号の規定により、車両又は路面電車(以下「車両等」という。)の運転者が遵守しなければならない事項は、次に掲げるとおりとする。
(2) 木製サンダル、げた等運転操作に支障を及ぼすおそれのあるはき物をはいて車両等(軽車両を除く。)を運転しないこと。

東京都道路交通規則でもこのように決められており、サンダルなど運転操作に支障を及ぼすおそれのあるものは違法となっております。

運転に適している靴

それでは運転するときにどのような靴を履けば大丈夫なのでしょうか?

都道府県によって道路交通規則は細かく異なってきますが、どの都道府県でも安全に運転できる靴であれば大丈夫ということになっています。
安全に運転できる靴というのは、だいたい足の動きを邪魔しないもので、ペダルの感覚をうまく伝えてくれる底の薄いもの、雨の日でも滑ることがなく、運転中に足から離れることのない靴です。

スニーカー

スニーカー

画像出典:www.911cpr4all.com

運転する上で一番オススメできる靴はスニーカーです。スリッポンのように簡単に履けるものもあることから、運転用に車に一足置いておくのも1つの手ですね。また、最近では折りたたみのできるシューズや、デザインも多様になっておりおしゃれなものも多数出ています。自分のお気に入りのスニーカーを探してみるのもいいかもしれませんよ。

草履

クロックス

画像出典:www.crocs.co.jp

サンダルはダメな都道府県が多いですが、草履はどうなのでしょうか?鼻緒やかかとがあって運転中に足から離れることにない靴ならOKとなる場合もあります。
クロックスなどが当てはまりますが、きちんとかかとで固定されていなければなりません。海水浴に行ったりどうしてもサンダルのようなものや草履のようなもので運転したいというときにはこのようなカカトで固定される靴を選びましょう。

避けるべき靴

厚底やブーツ、下駄

厚底

画像出典:www.dena-ec.com

また、ペダルを踏む感覚がわかることも重要となります。それゆえに底が薄い靴ではないといけないので厚底靴やブーツ、下駄などは該当しません。そもそも下駄で運転しようとは思わないかもしれませんが…。

ヒール

ヒール

画像出典:www.autoevolution.com

ほぼ高さのない低いヒールならば注意を受けないこともあるそうですが、足の裏が安定してペダルを踏んでいる感覚にならないことから禁止のされる靴の1つです。
また、低くてもピンヒールのような細い靴や長いヒールの靴は危険です。運転の際にはオシャレは我慢して安定した靴にしましょう。

裸足

unten_kutu06

画像出典:lucyfeet.com

いっそのこと裸足で運転すればいいのではないか?と思う方もいるかもしれませんが、場合によっては安全運転義務違反になる場合があります。
裸足だったら確かにペダルを踏む感覚も直に、ペダルを踏み込むことも簡単にできます。しかし、運転中に足を怪我する可能性があったり、事故で大怪我する可能性もあります。車の運転をするときには必ず適した靴を履くようにしましょう。

サンダルで運転する危険性


▲絶対にマネしてはいけない事例です。


▲大きな事故に繋がるため、サンダルでの運転はやめましょう。

まとめ

車を運転する際に向いていない靴があり、下手したら違法となることもあるとお話ししました。
違法になったらもちろん罰則を命じられ、反則金として大型車には7000円、普通車には6000円の支払いに罰則5万円以下の罰金が与えられます。結構な出費になってしまうことは間違いなく、また事故を起こしてしまう可能性もあります。ちょっとした買い物やお出かけ、海などに行くときにも安全運転を心がけ、運転に適した靴を履いて運転するように心がけましょう。

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする