ヒールやサンダルで運転すると罰金?車の運転が禁止されている靴を徹底解説

 
車を運転する時には、革靴やスニーカーなどを履いている方がほとんどでしょう。中にはサンダルやブーツを履いて運転している方もいるかもしれませんが、それは違反行為に当たります。今回は、意外と知られていない車の運転が禁止されている靴について解説していきます。もちろん、高いヒールもアウトです...。

ヒールやサンダルで車を運転するのは禁止

ヒール

画像出典:metronews

車を運転する時には、革靴やスニーカーなどを履いている方がほとんどでしょう。中にはサンダルやブーツを履いて運転している方もいるかもしれませんが、それは違反行為に当たります。今回は、車の運転が禁止されている靴について解説していきます。まず道路交通法では、運転時の靴について以下のように定義されています。

(安全運転の義務)
第七〇条 車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない。

(罰則 第百十九条第一項第九号、同条第二項)

出典:houko

明確にヒールやサンダルが禁止とは書かれてはいません。それならば良いのでは、と思う方もいるかもしれません。しかし都道府県毎で細かく定められている規則では、明確に禁止されている場合がほとんどです。一例として、東京都について見てみましょう。

(運転者の遵守事項)※東京都の場合
第8条 法第71条第6号の規定により、車両又は路面電車(以下「車両等」という。)の運転者が遵守しなければならない事項は、次に掲げるとおりとする。
(2) 木製サンダル、げた等運転操作に支障を及ぼすおそれのあるはき物をはいて車両等(軽車両を除く。)を運転しないこと。

サンダルや下駄等、禁止履物についてより具体的に定められています。もし東京都でサンダルやげたを履いて車を運転してしまうと、違反行為に当たります。皆さんも一度、お住まいの地域の規則について確認をしておきましょう。

車の運転に適した靴

それでは、運転する時にはどのような靴を履けば良いのでしょうか?都道府県によって道路交通規則は細かく異なります。しかし基本的にどの都道府県でも、安全に運転できる靴であれば問題ありません。

安全に運転できる靴については、以下の条件を満たしている必要があります。

・雨の日でも滑らない靴
・足の動きを邪魔しない靴
・運転中に足から離れることがない靴
・ペダルの感覚をしっかり伝えてくれる底の薄い靴

ドライビングシューズ

運転 適した靴  ドライビングシューズ

画像出典:flickr

運転しやすくするために開発されたドライビングシューズは、まさに長距離を運転する方にオススメのシューズです。軽くて靴底が薄いドライビングシューズには、滑りにくいゴム製のソールを使用しているので、しっかりとペダル操作が可能。また、革靴よりも柔軟性があり、履き心地も良いため、街を歩く際でも疲れを軽減してくれることでしょう。スニーカーとローファータイプが販売されています。

スニーカー

運転 適した靴 スニーカー

画像出典:flickr

ドライビングシューズを持っていないという方には、身近なスニーカーがベストです。スリッポンのように簡単に着脱できる靴を、運転用として一足用意しておくと良いでしょう。また最近では、オシャレなデザインの靴や折りたたみ可能な靴まで幅広くモデル展開されています。自分のお気に入りモデルを探してみるのも良いかもしれません。バンズやコンバースといったメーカーがオススメです。

草履

クロックス

画像出典:flickr

ほとんどの都道府県では、サンダルでの車の運転を禁止しています。しかし草履はどうでしょうか?実は、運転中に足から離れずにしっかり固定されているものであれば問題ありません。またクロックスについても、きちんとかかとで固定されているものであれば基本的に問題ありません。どうしてもサンダルのような楽な履物で運転したい時には、かかとで固定されるタイプを選びましょう。

車の運転に適さない靴

ブーツや下駄

ブーツ

画像出典:flickr

車を運転する際の靴選びとして、ペダルを踏む感覚が足に伝わるかどうかも重要です。底が薄い靴でなければいけないため、厚底靴やブーツ、下駄などは運転には適していません。

【補足】冬に大活躍のスノーシューズやスノーブーツは?

では、雪道や凍結した道で便利なスノーシューズ(スノーブーツ)は運転時の靴として向いてるのでしょうか?
結論としては、靴底にスパイクのような滑り止めが装着されており、その滑り止めがペダルに引っかかる可能性もあるのでこちらも”運転には不向き”とされています。ですが、豪雪地帯やどうしてもスノーシューズが必要な場合は、鋼つきスパイクや厚底ソールがないものを選ぶといいでしょう。

ヒール

ヒール

画像出典:autoevolution

ほとんど高さのないヒールであれば注意を受けないケースもあるようですが、なるべく避けた方が良いでしょう。足の裏で安定してペダルを踏むことが困難であるため、非常に危険です。車を運転する際にはオシャレを我慢し、しっかり運転できる靴を履きましょう。

裸足

裸足

画像出典:pinoycyberkada

いっそのこと裸足で運転すれば良いのでは?と思う方もいるかもしれません。確かに裸足であればペダルを踏む感覚も直に伝わり、しっかりペダルを踏み込むことができます。しかし裸足で運転してしまうと、事故の際に大怪我を負ってしまうこともあります。また都道府県によっては安全運転義務違反に当たることもあります。車を運転する際には、運転に適した靴を履くようにしましょう。

【番外編】靴下も重要なポイント

運転 適した靴 

画像出典:flickr

運転に適した靴をご紹介しましたが、番外編として靴下にもこだわってみると良いでしょう。普段履いてるスタンダードな靴下も良いですが、中でも五本指ソックスは指が独立してるので、運転中の履き心地が良いです。また、足の蒸れを拡散させてくれるので、長距離運転に適しています。

車の運転が禁止されている靴についての口コミ

裸足で運転する方が多くいるようですが、脱いだ靴がフットブレーキに引っかかりパニックになることがあります。大変危険なので、必ず靴を履くようにしましょう。

まとめ

もし、規則を破ってしまうと、5万円以下の罰金を支払わなければいけません。大前提として、規則というのは安全に車を運転するために定められています。事故を起こす可能性を少しでも減らすために、運転に適した靴を履くよう心掛けましょう。

関連記事

買取より高く売りたいなら個人売買

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする