【トヨタ・東京モーターショー2017】「Concept-愛i」シリーズ公開!

 
10月25日現在開催されている「東京モーターショー2017」にて、トヨタは「TOYOTA Concept-愛i RIDE」と「TOYOTA Concept-愛i WALK」を公開中です。AIエージェントが搭載され、まさに次世代のモデルとなっています。

トヨタ「未来の愛車」を具現化したコンセプトモデル「Concept-愛i」シリーズ公開

2017年10月17日

トヨタ自動車は、東京ビッグサイトで開催される「第45回東京モーターショー2017」で公開を予定しているコンセプトモデル「Concept-愛i」シリーズについての情報を公表しました。
Concept-愛i

画像引用:TOYOTA

米国で1月に開催された「CES 2017」に出展した「Concept-愛i」に加えて、「人にやさしい都市モビリティ」をコンセプトとしている「Concept-愛i RIDE」、歩行領域モビリティの「Concept-愛i WALK」を公開します。これらの「Concept-愛i」シリーズは、“more than a machine, a partner”をコンセプトとして、未来の愛車を具現化することを目指しています。

Concept-愛i

画像引用:TOYOTA

今回「Concept-愛i」シリーズは、車いすユーザーや高齢者など誰もが自由に移動できるためのモビリティを新たにコンセプトモデルとして追加しました。このシリーズで共通となるコア技術は、人工知能を搭載しドライバーの感情認識・嗜好推定を行う「人を理解する」技術であり、自動運転技術を組み合わせることで安全・安心な移動の実現を目指しています。

「Concept-愛i」

Concept-愛i

画像引用:TOYOTA

「Concept-愛i」シリーズの代表的なEV四輪モデル(定員4人)であり、EV航続距離は300km程度にもなり、2020年頃からは一部機能搭載の車両で日本の公道実証実験を計画しています。注目すべきなのは、人工知能を搭載した「人を理解する」技術で、ディープラーニングなどが盛り込まれ感情認識や嗜好推定を可能としています。それに自動運転技術が掛け合わされ、安全・安心を提供します。また、エージェント技術を掛け合わせることで双方向の自由会話を実現し、その際の感情と位置データの集積により「Emotion Map」を作成。未知なる体験のルート提案を行い、「新しいFun to Drive」の実現を目指しています。

「Concept-愛i RIDE」

Concept-愛i RIDE

画像引用:TOYOTA

車いすユーザーにとっての使い勝手を追求したモビリティであり、ユニバーサル性を重要視しています。乗車定員は2名と少ないですが、乗降口にスライドする電動シートとなっており、自由自在なシートレイアウトが可能です。自動運転機能も搭載し、安全・安心を提供するのはもちろんのこと、シェアリングサービスなどでの活用も想定した1台となっています。

「Concept-愛i WALK」

Concept-愛i WALK

画像引用:TOYOTA

歩行領域のモビリティであり、歩行空間に馴染んで歩道を安全に走行することができます。走行中に危険を感知した場合は、ドライバーに警告をして安全に自動で回避します。高齢者や女性など、年齢や性別また服装の制約なく、安心して乗降・走行できるモビリティとなっています。

斬新なコンセプトモデル「コンセプト-愛i」

2017年1月6日

トヨタは、ラスベガスで開幕されているコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)2017にて、人工知能(AI)技術を搭載したコンセプトモデル「コンセプト-愛i」を披露しました。
タマゴ型の独特なスタイルのコンセプトモデル「コンセプト-愛i」は、AIエージェント「Yui」と呼ばれる人工知能を採用しており、人との理解を深めることが出来る機能が備わっているとのこと。
具体的にはドライバーの会話や感情、体調を事前に読み取り、視覚や触覚を照明や振動で刺激させ居眠り運転などの危険な状況から回避させることが可能であるそうです。また、ドライバーが運転不可能な場合に起動する自動運転「スタンド能力的機能」が搭載されており、持ち主にとっては至り尽くせリの一台に仕上がっています。

トヨタ コンセプト 愛

画像出典:newatlas

有機ELディスプレイであらゆる表現が可能

人工知能での運転サポートが優れている「コンセプト-愛i」ですが、コンセプトモデルらしいデザインが何と言っても特徴的です。スーパーカーのような跳ね上げ式のドアを採用し、丸みを帯びたヘッドライトに関しては目を閉じたり開いたりする仕草を見せており、人間的な一面を垣間見せるのも魅力の1つではないでしょうか。
また、ボンネットやドア、ブレーキランプに内蔵している有機ELディスプレイが状況に応じて反応し、「Hello!」、「WATCH OUT!!!」、「AUTOMATED」といった文字を表示することができるようです。今までの最新テクノロジーをふんだんに取り入れた形となった今回の「コンセプト-愛i」ですが、人工知能機能を取りいれた市販モデルが登場することはそう遠くなさそうです。

参考動画

ホンダもAI搭載コンセプトカーを発表!

画像出典:youtube
記事出典:newatlas

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする