トヨタ 運転手の状態を感知できるAIを搭載したコンセプトモデル「コンセプト-愛i」を公開

 
トヨタがCES2017にて人工知能を利用した次世代型のコンセプトモデル「コンセプト-愛i」を発表。斬新なスタイルを持つ一台に仕上がったコンセプトモデルですが、近い将来一人ぼっちのドライブでも心を癒やしてくれる存在になるかもしれません。

斬新なコンセプトモデル「コンセプト-愛i」

トヨタは、ラスベガスで開幕されているコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)2017にて、人工知能(AI)技術を搭載したコンセプトモデル「コンセプト-愛i」を披露しました。
タマゴ型の独特なスタイルのコンセプトモデル「コンセプト-愛i」は、AIエージェント「Yui」と呼ばれる人工知能を採用しており、人との理解を深めることが出来る機能が備わっているとのこと。
具体的にはドライバーの会話や感情、体調を事前に読み取り、視覚や触覚を照明や振動で刺激させ居眠り運転などの危険な状況から回避させることが可能であるそうです。また、ドライバーが運転不可能な場合に起動する自動運転「スタンド能力的機能」が搭載されており、持ち主にとっては至り尽くせリの一台に仕上がっています。

トヨタ コンセプト 愛

画像出典:newatlas

有機ELディスプレイであらゆる表現が可能

人工知能での運転サポートが優れている「コンセプト-愛i」ですが、コンセプトモデルらしいデザインが何と言っても特徴的です。スーパーカーのような跳ね上げ式のドアを採用し、丸みを帯びたヘッドライトに関しては目を閉じたり開いたりする仕草を見せており、人間的な一面を垣間見せるのも魅力の1つではないでしょうか。
また、ボンネットやドア、ブレーキランプに内蔵している有機ELディスプレイが状況に応じて反応し、「Hello!」、「WATCH OUT!!!」、「AUTOMATED」といった文字を表示することができるようです。今までの最新テクノロジーをふんだんに取り入れた形となった今回の「コンセプト-愛i」ですが、人工知能機能を取りいれた市販モデルが登場することはそう遠くなさそうです。

参考動画

ホンダもAI搭載コンセプトカーを発表!

画像出典:youtube
記事出典:newatlas
Amzonギフト券3000円プレゼント

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする
売買成立30000円プレゼント