ホンダ AI知能を搭載した新たなコンセプトモデル「NeuV(ニューヴィー)」を公開

 
ホンダが新たなコンセプトモデル「NeuV(ニューヴィー)」を公開!人工知能を搭載した次世代型の自動運転車はどんな姿となったのでしょうか?

ホンダは、アメリカはラスベガスで開幕したコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)2017にて、自動運転技術を搭載したコンセプトモデル「NeuV(ニューヴィー)」を披露しました。

人工知能技術も搭載した「NeuV(ニューヴィー)」

2人乗りのコンパクトEVとなる「NeuV(ニューヴィー)」は、ソフトバンクグループ「cocoro SB」と共同開発した人工知能技術「感情エンジンHANA」が搭載されており、ドライバーの動作や表情、声を認識しコミュニケーションを取ることでその場の状況に合わせたサービスを展開することが可能であるとのこと。また、自動運転により自ら車を移動し相乗り(ライドシェア)をすることも出来るほか、電気を必要とする外部にバッテリーを売電することも実現しています。まさに安全運転を補助する次世代型の安全装置及び人工知能を利用した自動運転技術が一台に凝縮された形です。

ニューヴィー

参考動画

トヨタもAI搭載コンセプトカーを発表!

「ホンダ ライディング アシスト」も発表

コンセプトモデル「NeuV(ニューヴィー)」の他にも、「ホンダ ライディング アシスト」と呼ばれる最新技術を発表しています。これは、長年ホンダが研究してきた二足歩行ロボット「ASIMO」などで得たバランス制御技術を二輪バイクでも実現させたもの。バイク自体が自立可能であるため、運転中にバランスを崩した場合やふらついた場合でもバランスを維持することが出来るとのことです。こちらも「NeuV(ニューヴィー)」同様に次世代型のバイクとして今後注目を浴びること間違いなさそうですが、果たして市販モデルとして登場できるのか楽しみなところです。

ホンダ ライディング アシスト

画像出典:dailymail
記事出典:techcrunch
Amzonギフト券3000円プレゼント

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする
売買成立30000円プレゼント