日本未導入BMW「1Mクーペ」V10エンジン搭載カスタム!圧巻のドリフトを披露

 
日本の導入されなかったため馴染みがない方も多いBMW「1Mクーペ」。通常でもハイパフォーマンスを発揮する「1Mクーペ」ですが、エンジンを換装し驚きのモンスターマシンに変貌を遂げています。圧巻のドリフト走行は必見です!

日本未導入「1Mクーペ」のカスタムマシン

BMW 1MクーペにE60型M10用V10を搭載したモンスターマシーンの走行風景が公開されています。
オリジナルは340馬力を発揮する直列6気筒3リッター・ターボを搭載していたエンジンルームにチューニングしたE60型M5用のV10を搭載したことで、出力は550馬力と約1.6倍に増加しています。
更に車重についてはおよそ1.9tだったM5と比較して1.5tクラスへと約20%軽量に仕上がっていることから、これらによってパワーウェイトレシオは4.41 kg/psから2.73 kg/psへと変化しています。
トランスミッションはE92型M3用の6速マニュアルを流用、ファイナルも変更しています。

ドリフト走行は圧巻!

結果、そのパフォーマンスは容易にドリフトに持ち込むことが可能で、コーナーはもとよりそのパワーを活かして直ドリやフェイントを駆使しながらサーキットを駆け巡っています。

記事参照元:AUTOWEEK
Amzonギフト券3000円プレゼント

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする
売買成立30000円プレゼント